« モー・ヘイダー『喪失』 | トップページ | セレクション・バリカ105 ガルナッチャ・ティントレラ »

2015/05/12

「殺しのナンバー」

本日の映画

スパイ・コード 殺しのナンバー [Blu-ray]
movie-21 「殺しのナンバー」  The Numbers Station  2013年米

DIR:カスパー・バーフィールド
CAST:ジョン・キューザック、マリン・アッカーマン、リーアム・カニンガム、リチャード・ブレイク
STORY:任務中、重大なミスを犯してしまったCIA捜査官のケントは、人里離れた乱数放送局へと飛ばされてしまう。オペレーターのキャサリンの警護という簡単な任務についたケントだったが、ある日、何者かの襲撃を受け、間一髪局内へと避難する。

☆☆☆スパイ・サスペンス。
とはいっても、かなり地味~なスパイもの。
J・キューザックが華麗なスパイを演じる・・・というものではなくて、任務に失敗、左遷されてウツウツとする冴えない殺し屋のお話。
そこそこ、アクションはあるものの(ラスト近くは結構迫力あり。どうなるかハラハラする)、これまた華麗な・・・とはいかず、大半はオペレーターを守りつつ逃げ回るという展開。

90分にも満たない映画だし、コンパクトにまとまってはいるけれど、なんか寂しさが・・・
って、それが狙い?

最近、ひいきのJ・キューザックもいい作品に恵まれず、みんなこんな感じの映画ばかり。本数はたくさん出てるのに、どれもこれも・・・
この映画も、彼じゃなくても全然いい感じだったし。

甘すぎるラストも残念。
それまでの展開が非情な感じだったのにね。

« モー・ヘイダー『喪失』 | トップページ | セレクション・バリカ105 ガルナッチャ・ティントレラ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/61569202

この記事へのトラックバック一覧です: 「殺しのナンバー」:

« モー・ヘイダー『喪失』 | トップページ | セレクション・バリカ105 ガルナッチャ・ティントレラ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon