« 新宿:やまと | トップページ | 犬山・名古屋旅行 2日目 »

2015/05/06

犬山・名古屋旅行 1日目

今年のGW旅行の行き先は愛知県。
元々東北でも行ってみるかねーと話していたのだけど、ちょうど行ってみたい美術館で見たい展示がやっていなくて突如方針変更(行く先々で美術館を訪ねるのが趣味みたいなもんで)。いつかは行ってみたいと思っていた明治村に行ってみることに。ちょうど阿川佐和子さんが村長に就任したというニュースもやっていたし。

新幹線は8時すぎのだったが、何せ中央線はいつ遅れるかわからないので(昨年の夏の旅行ではとまってしまいヒヤヒヤものだった)、早く出発することにして、簡単に前日買っておいたパンで朝食を済ます。
特に電車は遅れることなく動いたので、東京駅では結構待ったけれどまあいいのだ。

乗り込むと、通路をはさんで向こう側の人たちがお弁当にビールやハイボールなどを広げており、一瞬うらやましく思ったのだけど、さすがに朝からはワタクシでも飲みません・・・多分。
うつらうつらしているうちにあっという間に名古屋に到着。
地下鉄を2回乗り継ぎ、名鉄小牧線乗り入れの電車で小牧へ。この日の泊まりのホテルが小牧駅の上にある名鉄小牧ホテルなので、荷物をとりあえず預ける。

身軽になったところで、再び小牧線に乗り込み20分弱で犬山へ。
地下鉄も名鉄もSuicaが使える。直前にたくさんチャージしておいてよかった・・・

1505061
1日目の行く先はお城とモンキーセンター。でもできれば、ちょっと早いけど先に腹ごしらえをしておきたいということで城下町へと向かった。古い街並みが続く通りに入っていくと、その名も昭和横丁という実にレトロな横丁があり、食べ物やさんが軒を連ねている。
そして、串、串、串!
そう、犬山は串グルメの街として有名なのだ。定番の団子、ソーセージから串カツ、果てはパン、菓子までなんでも串に刺さっている!
ということで、いくつか食べ歩くことにし、まずは豆腐田楽を2本購入。これは定番の味。
1505062
そして、お城にだいぶ近づいたところで、おこげ串購入。焼きおにぎりと守口漬けが交互に刺さっている串である。おにぎりはだいぶ食べ進めると落ちそうになるのが難点。あともう一品何かというところで結局はまた昭和横丁に戻り、味噌串カツを食べて、軽い昼食終了。お城へと向かう。

1505063
1時間以上待ちと出ていてひるむが、せっかくここまで来たからにはやはり上にのぼらねば。
翌日行く予定の明治村とのコンビネーションチケットの方がお得なのでそれを購入、列に並ぶ。
この日は結構気温が高く暑くて参ったが、途中から曇ったので助かった。やはり表示通り、1時間以上待ってようやく入り口に到達。靴をビニールに入れて登る。
階段は一段あたりが高く、狭く急なので結構大変。股関節の調子があまりよろしくないワタクシは、ちょっと痛めてしまったのだった。あ、でも行く価値は十分あった。高いところ登るの大好きだし、眺めはよかったし。現存する最古の天守を持つ国宝の城である。

1505064
こういう階段は上りより下りが大変で、ひーひー言いつつ降りところで待っていたのがご当地ゆるキャラのわん丸君。さすがに並んでまで一緒に写真は撮らなかったけれど、なんとなく気にいって、おみやげにストラップを買ってしまった。

すっかりアチアチになってしまったので、往きに気になっていた地ビールを飲んで(金しゃちビール)休憩。さっぱりとしたビールだが、のどが渇いていたので実においしい。

気を取り直してモンキーセンターへと向かう。
若干遠そうだったけれど、まあなんとか歩けるだろうと歩きはじめたのだが・・・
歩いて行く人はほとんどいないんだろうなあ。標識がちゃんと出ていなくて、相当遠回りすることになってしまった・・・途中東海自然歩道なども出てきて、いったいどこを歩いてるんだという(笑)。結果、相当の歩数をかせぎ、この日歩いた距離は16キロ。いやはやいい運動に(笑)。

ようやくたどり着いた時には閉園まで1時間ちょっとしか残っておらず、早くしまってしまう東側から行くことをおすすめされる。
ワオキツネザルを見て、マダガスカルの他のキツネザルを見て、南米館ではちっちゃな猿たちを。マーモセット類である。すごく小さいのにしっかりと人間に近い顔立ちでいやーおもしろい。アフリカ、アジアの猿各種を見たところで、なんかモヒカンみたいなのがいるねって話をしていたら、ワオキツネザルが間近に見られるWaoランドで、モヒカンの人がいて笑いをこらえるのが大変。
1505065
Waoランドではホントにすぐそばをワオキツネザルがびゅんびゅん走り回り、楽しい!
でっかいゴリラやマンドリルを見たところでもうあと30分ちょっと。慌てて西側エリアへと向かう。
ニホンザル、そしてリスザル。これまた近くをびゅーんと通っていくリスザルたち。早いので写真がとりづらい。
1505066
そして、最後にヒヒの群れ。ちょうどえさの時間で、これが見ていて飽きないこと!さつまいもがえさなのだけど、とにかくみんな獲れるだけ獲って、どんどん頬袋に詰め込んで・・・頬袋がはち切れそうな子も。ニホンザルの群れもおもしろいけれどヒヒもなかなか。

というところで終わりの音楽が流れてきて閉園。
今度はちゃんと正しい道を歩いて犬山駅へと戻る。

ロッカーの位置を確認し(翌日は預けるので)、小牧へ。
ちょうど6時にホテルチェックイン。夕食は6時半としたので、案外時間がない。

1505067
食事はホテル内の和食レストランにて。頼んだのは、名古屋コーチンの鍋とミニひつまぶしのコース。その他には煮しめと胡麻豆腐だけだから余裕かと思いきや・・・
ミニといってもしっかりご飯の量はあるので結構おなかいっぱい。うーん、でもひつまぶしおいしいなあ。そして、鶏の鍋も、スープがおいしい。デザートを食べて終了。
旅館の食事というのは慌ただしいからお酒もたくさん頼むという展開にはなりにくく、この日も生ビール一杯のみ。
ということではもちろん?足りず、コンビニでビールをつまみを買い足し、部屋でくつろぐ。

翌日の予定をおぼろげにたてて就寝(2日目に続く)。

« 新宿:やまと | トップページ | 犬山・名古屋旅行 2日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/61550633

この記事へのトラックバック一覧です: 犬山・名古屋旅行 1日目:

« 新宿:やまと | トップページ | 犬山・名古屋旅行 2日目 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon