« シャトー・ヤンボール メルロー | トップページ | シャトー・ラレーヌ キュヴェ・プレスティージュ »

2015/06/11

「アビエイター」

本日の映画

アビエイター(Blu-ray Disc)
movie-31 「アビエイター」  The Aviator 2004年米

DIR:マーティン・スコセッシ
CAST:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセール、ジュード・ロウ、アレック・ボールドウィン、ジョン・C・ライリー、アラン・アルダ、イアン・ホルム、ダニー・ヒューストン、ウィレム・デフォー
STORY:18歳で父親の事業を継ぎ大富豪となったハワード・ヒューズ。財産をすべて注ぎ込み映画を製作、映画は大ヒットとなる。続いて航空会社を買収し、夢の飛行機に製作に取りかかるが・・・

☆☆☆実在のアメリカの大富豪の半生を描いた伝記物。

H・ヒューズというと、キャサリン・ヘップバーン、エヴァ・ガードナー、ジーン・アーロウら名だたるハリウッド女優と浮き名を流した金持ち・・・というイメージだったのだが(しかし、なぜK・ヘップバーンがっていつも思ってたけど)、いやはや超変人じゃないですか。

確かに、ビジネスの手腕はスゴイとは思うのだけど・・・
大胆な経営手腕を発揮、映画業界から航空業界へ。
商売敵との闘いにも勝ち、順風満帆かと思われたヒューズだけど、潔癖症だった母親の影響、墜落事故による脳の損傷や痛み止めに使用した麻薬の影響などで、次第に神経がむしばまれていく。
狂ったように手を洗う姿、部屋に閉じこもって悪臭とゴミの中でふらふらと歩く様子など、ディカプリオはまずまずよく演じたと思う。
いつもは欠点に思える童顔もさほど気にならず・・・
ま、こういう極端な役は演じやすいよね。

それよりは、やはり、K・ヘップバーンを演じ、アカデミー助演女優賞を受賞したK・ブランシェットでしょう。
顔は全然似てないのに、雰囲気はまるでヘップバーン!

とっても長い映画で飽きちゃうかもと思いながら見始めたけれど、いろんなエピソードがてんこもりで、意外におもしろく最後まで見ました。

« シャトー・ヤンボール メルロー | トップページ | シャトー・ラレーヌ キュヴェ・プレスティージュ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/61709062

この記事へのトラックバック一覧です: 「アビエイター」:

« シャトー・ヤンボール メルロー | トップページ | シャトー・ラレーヌ キュヴェ・プレスティージュ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon