« 宮田珠己『だいたい四国八十八ヶ所』 | トップページ | カークランド カベルネ・ソーヴィニヨン »

2015/07/01

「ワールド・トレード・センター」

本日の映画

ワールド・トレード・センター スペシャル・エディション [Blu-ray]
movie-34 「ワールド・トレード・センター」  World Trade Center  2006年米
DIR:オリヴァー・ストーン
CAST:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・ベロ、スティーンヴン・ドーフ、マイケル・シャノン
STORY:2001年9月11日。世界貿易センタービルに旅客機が激突。マクローリン巡査部長を班長とする港湾警察チームが現場へと急行する。4名の警官がビル内に入るが、直後にビル全体が崩れてしまう。

☆☆☆実話の映画化。

先日、「ユナイテッド93」を見て衝撃を受けたところだが、この題材、なかなか見る気が起きなかったのである。辛そうで・・・
まあでも、こちらの映画は、2名の警官が助け出されたという事実を知っているわけだし、まだ辛くないのではと見てみた。

ユナイテッドの方は、ほぼ無名の俳優を用いることによって、リアリティと緊迫感を出していたが、こちらはN・ケイジ等を起用しており、ドラマ感がある。
そして、映画がはじまってすぐにケイジとペーニャはがれきの山に埋まって動けなくなってしまうのだが、それとともに映画も動きがとまってしまうのである。
もちろん、救助に向かう人々の描写もあるが、大きく尺をとっているのは、ケイジらの回想と、家族の不安と葛藤であって、9.11を描いた映画であるということを忘れてしまいそうだった。

いやでも、ケイジをはじめとして、ペーニャ、ギレンホール、ベロ、そして海兵隊員のシャノンなど俳優陣はとてもいいし、結論はわかっているものの、早く助かってと思わずにいられない。感動的な場面もある。
甘めの映画ではあるけれど、ハリウッド映画なんだから、こんなもんでしょう。監督がO・ストーンというのには驚いたが・・・あまりこんな感じの映画を撮る監督とは思っていなかったので。

「ユナイテッド93」の方がやはりいいかな。

« 宮田珠己『だいたい四国八十八ヶ所』 | トップページ | カークランド カベルネ・ソーヴィニヨン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/61807664

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワールド・トレード・センター」:

« 宮田珠己『だいたい四国八十八ヶ所』 | トップページ | カークランド カベルネ・ソーヴィニヨン »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon