« 宮田珠己『四次元温泉日記』 | トップページ | シャトー・ペイルドゥール コート・ド・ボルドー »

2015/07/13

「ティアーズ・オブ・ザ・サン」

本日の映画

ティアーズ・オブ・ザ・サン [Blu-ray]
movie-37 「ティアーズ・オブ・ザ・サン」  Tears Of The Sun  2003年米

DIR:アントワーン・フークア
CAST:ブルース・ウィルス、モニカ・ベルッチ、コール・ハウザー、イーモン・ウォーカー、ジョニ・メスナー、ニック・チンランド、トム・スケリット
STORY:ナイジェリアでクーデターが起き、アメリカ政府はアメリカ人の救出を試みる。難民の治療にあたっていた女性医師リーナの救出に向かった特殊部隊ウォーターズ大尉たちだったが、リーナは難民を見捨てて自分だけ助かることはできないとその場を離れることを拒否する。

☆☆☆戦争ドラマ。

なんだか、B・ウィルスが出ると、なんでもかんでもダイ・ハードに見えて仕方ないのだが・・・
この映画もちょいダイ・ハードに見えましたね。

命令違反をしてまで、難民たちを助けようとした勇気ある大尉のお話・・・
なのだけど、いやー無謀すぎるでしょう。
実際、部下たちは大尉と行動を共にするものの、一人減り、二人減り・・・
なにせ、味方は8人(だっけ?)に対して敵は300人。全滅の危険性もあったわけで、冷静に考えると、大尉の決断が正しかったかどうかは難しいところ。

と、頭でっかちに考えることを抜きにすれば、結構おもしろい映画だし、不覚にもラスト近くは感動してしまった。
ほぼ絶望的な状況で、難民たちを助けるために闘う兵士たち。いや、ホントここまでやりますかとね。

元はといえば、M・ベルッチ扮する女医が無理を言うから・・・と思わなくもなかったけれど、当然大尉との間にロマンスが生じるかと思いきやそうではなくさっぱり終わったのはよかった。M・ベルッチ綺麗だし。

やっぱり、B・ウィルスは不死身ですねぇ。

« 宮田珠己『四次元温泉日記』 | トップページ | シャトー・ペイルドゥール コート・ド・ボルドー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/61877831

この記事へのトラックバック一覧です: 「ティアーズ・オブ・ザ・サン」:

« 宮田珠己『四次元温泉日記』 | トップページ | シャトー・ペイルドゥール コート・ド・ボルドー »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon