« ドン・ルチアーノ | トップページ | インペリオ・デ・センティドス カベルネ・ソーヴィニヨン »

2015/10/28

「クロワッサンで朝食を」

本日の映画

クロワッサンで朝食を [Blu-ray]
movie-54 「クロワッサンで朝食を」  Une Estonienne A Paris  2012年仏ベルギーエストニア
DIR:イルマル・ラーグ
CAST:ジャンヌ・モロー、ライネ・マギ、パトリック・ピノー
STORY:パリで家政婦をすることになったエストニアのアンヌ。しかし、その家のあるじは気むずかしすぎる老婦人フリーダだった。

☆☆☆☆エストニアの監督による映画。

エストニア映画ってもしかしてはじめてかも??

老婦人フリーダが、もう我が儘すぎて、頑固すぎて、偏屈すぎて、自分勝手すぎて、最初は腹が立つんですね。
アンヌがかわいそうで。

でも、アンヌの意外に芯の強い女性で、めげたりしない。
徐々になじんできて、フリーダの信頼も少しずつ得ていく。フリーダも少しずつ柔和になっていく。

しかし、決定的な出来事があって、ジ・エンドかと思われたものの、結局はめでたしめでたし。ちょっとほっとするラストである。
フリーダ、寂しさを隠したいがために、偏屈になってたんだろうなあ。その殻を破ってくれたのがアンヌ。
アンヌもまた、苦労して面倒を見てきた母親を失った喪失感から立ち直っていく。
お互いにとってなくてはならない存在になっていったということ。

J・モローがフリーダ役がぴったり。
若い頃からあの仏頂面で怖かったのだけど、この役もイライラするくらいにうまい。
そして、アンヌ役のマギ(エストニアの女優)も一切の感情をなくしたかの表情がうまいんだなあ。

なんか、この映画、好きですね。

« ドン・ルチアーノ | トップページ | インペリオ・デ・センティドス カベルネ・ソーヴィニヨン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/62547076

この記事へのトラックバック一覧です: 「クロワッサンで朝食を」:

« ドン・ルチアーノ | トップページ | インペリオ・デ・センティドス カベルネ・ソーヴィニヨン »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon