« スーザン・イーリア・マクニール『チャーチル閣下の秘書』 | トップページ | 【マリー・ローランサン展】 »

2015/10/10

「アメイジング・スパイダーマン」

本日の映画

アメイジング・スパイダーマンTM [Blu-ray]
movie-50 「アメイジング・スパイダーマン」  The Amazing Spider-Man  2012年米

DIR:マーク・ウェブ
CAST:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、リス・エヴァンス、デニス・リアリー、キャンベル・スコット、イルファン・カーン、マーティン・シーン、サリー・フィールド
STORY:内気な高校生ピーターは、遺伝子実験中のクモに噛まれ超人的なパワーを身につけてしまう。その能力を活かし、スパイダーマンとなって悪党退治に乗り出す。

☆☆☆スパイダーマンのリブート版。

トビー・マグワイア版スパイダーマンは結構好きだった。さすがに3作目になるとちょいマンネリ化してきてはいたけれど。

スパイダーマン役が変更になるだけで、続きの話になるかと思いきや、まさかのリブート版。なんだかな~

で、見始めてはじめに思ったこと。
A・ガーフィールド、顔が長い(笑)。うーん、やっぱりT・マグワイアの方がいいなあと思いつつ、ヒロインのE・ストーン登場。K・ダンストも気が強そうな感じだったが、E・ストーンも結構気が強そう(見た目が)。
メイおばさんとベンおじさんはS・フィールドとM・シーンで、これは前作よりいいな。
あ、ヒロインは別設定なんですね。

ストーリーも微妙に違ってはいるけれど、まあ基本的な展開は同じなので、ある意味安心して(しかし、ちょっとマンネリ感あり)見られるし、なんだかんだいって感動的な場面もあったりして、フツーにおもしろい映画ではある。

けれど、ピーターがなんか軽いノリなんですね。明るいスパイダーマンが好きという方はこの映画の方が断然好みなんでしょうけど、ワタクシは前作のあのうじうじしたスパイダーマンの方が好きなので、前作の方に軍配をあげたいと思う(キャストの好みもあるかも)。
2作目見たら、変わるかもしれないけれど。

« スーザン・イーリア・マクニール『チャーチル閣下の秘書』 | トップページ | 【マリー・ローランサン展】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/62450064

この記事へのトラックバック一覧です: 「アメイジング・スパイダーマン」:

« スーザン・イーリア・マクニール『チャーチル閣下の秘書』 | トップページ | 【マリー・ローランサン展】 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon