« 新宿御苑;油君 油そば専門店 新宿店 | トップページ | 【ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展】 »

2015/11/29

【ニキ・ド・サンファル展】

art-47 【ニキ・ド・サンファル展】 国立新美術館

1511291
国立新美術館で開催されているニキ・ド・サンファルの大回顧展に行って参りました。

だいぶ前に大丸でやっていたニキ展に行き、ナナシリーズに圧倒され、那須のニキ美術館にも行ったのだが(2011年に閉館したとのこと)、久々にニキの作品を見ることとなった。

1 アンファン・テリブル-反抗するアーティスト
精神治療の一環としてアートを始めたニキの最初の頃の作品は、大好きだというガウディ風だったり、ポロック風だったり。
彼女を一躍有名にしたのが、射撃絵画。絵の具を詰めた缶や袋をオブジェとともに貼り付けて石膏を塗り、射撃によって作り上げるというもの。その過程そのものがアート(パフォーマンスアート)といえるけど、できあがった作品の絵の具が垂れる様子は、特に赤の絵の具などは血→暴力を連想させる。
その他に様々なオブジェアートを発表しているが、貼り付けてあるオブジェはとかげ、ワニ、兵士、車、不気味な人形などなど。なんとなく不気味で、不安定さを感じるもの。

2 女たちという問題
射撃絵画をやめたあとにニキが取り組んだのだが、女性をテーマとした作品。
はじめは、射撃絵画の延長というか、暴力を連想させる作品だったのが、友人の妊婦姿に着想を得たというナナシリーズでは一転突き抜けたような明るい作品へと変化する。
どれもプニ子系、堂々としていて、はじけていて。はねたり踊ったり逆立ちしたり。なんか楽しそう。とてもカラフル。スイカみたいな色をした「マダム」インパクトあり。

3 あるカップル
このテーマの作品たちもユーモラス。
ナナを思わせる女性が鳥にしがみついてる「恋する鳥」、表裏に男性、女性が描かれた「頭にテレビをのせたカップル」など、なんかクスっと笑ってしまうのだけど、よくわかったようなわからないような・・・

4 ニキとヨーコ-日本との出会い
日本の実業家、増田静江は、ある時ふと目にしたニキの作品にほれこみ、収集するようになった(美術館を作ったのもこの人)。増田はニキと意気投合、20年以上にわたり文通したり、プレゼントを贈ったりと親しくしたという。
ニキが増田に送った絵手紙がとても楽しいのだけど、プレゼントした小物たち(ブローチや置物など)がまたポップでキュート。素晴らしい贈り物だ。

5 精神世界へ
1511292
京都を訪れたニキが、仏像を見てインスパイアされ作成したブッダ。頭はミラーボールみたいにキラキラ、体はカラフル。なんともいえないブッダ。
エジプトのカバ、ヒンドゥーのガネーシャなども、こんな風に見えるの?なんか、おもしろくて笑ってしまう。

6 タロット・ガーデン
ニキは自身で資金を調達、トスカーナにタロット・ガーデンという庭園を作っている。影響を受けたというガウディのグエル公園にそっくり・・・みたいなのだが、実際に見たら楽しいだろうなあ。
4月から10月、一日のうち数時間しか公開されていないそうで、なかなか行くのは難しそうだけど。ニキワールド全開の庭園のようだ。

ニキの独特のアートを是非どうぞ。
1511293


« 新宿御苑;油君 油そば専門店 新宿店 | トップページ | 【ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/62775184

この記事へのトラックバック一覧です: 【ニキ・ド・サンファル展】:

« 新宿御苑;油君 油そば専門店 新宿店 | トップページ | 【ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展】 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon