« サントリー クラフトセレクト ゴールデンエール | トップページ | シルヴィオ カベルネソーヴィニヨン »

2015/11/17

「ダイバージェントNEO」

本日の映画

ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンP ダイバージェント NEO 光沢プリント
movie-59 「ダイバージェントNEO」  Insurgent  2015年米

DIR:ロベルト・シュヴェンケ
CAST:シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、オクタヴィア・スペンサー、ジェイ・コートニー、レイ・スティーヴンソン、ゾーイ・クラヴィッツ、マイルズ・テラー、マギー・Q、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット
STORY:人類を性格ごとに5つの共同体に分けて管理する近未来。どこにも属さないダイバージェント(異端者)とされ、恋人と逃げるトリスは無派閥組織に合流する。博学の指導者ジェニーンはトリスの亡くなった両親が命がけで守ろうとした箱の解明に取り組むが、その封印を解くことができるのはダイバージェントだけだった。

☆☆☆ダイバージェント第2弾。

夏、ドイツ行きの飛行機で見た映画一本目(今頃アップ・・・苦笑)。

ダイバージェント、あまりに「ハンガー・ゲーム」にそっくりなので(もちろん、設定は違うんだけど)、1作目はなんだかな~と思いつつ見てたのだが・・・

1作目よりおもしろかった。
主役のS・ウッドリーがなんだかもさっとして垢抜けないなあと思っていたのだけど、今回は冒頭でバッサリ髪を切り、まるで女戦士!表情のきりりとしまって、格好良かった。

前作でも、こんな映画にK・ウィンスレットとか使っちゃって贅沢!と思ったけれど、今回はさらに、N・ワッツやO・スペンサーも参加。キャストが贅沢ですねぇ。こういう人たちが出てくると画面がしまるというか。

正直、箱の解明の場面がややだらだらとしてはいるのだけど、わりとテンポよく進んでいくのであっという間の2時間だった。
「ハンガーゲーム」より好きかも。

裏切り者と思えた人物が加勢したり(でも結局どっち側の人間かはまだわからないけれど)、ラストもおやこの人が!????てな場面で終わるので、このあとどうなるんだろう、と気になる・・・

次を早く公開してほしいなあ。

« サントリー クラフトセレクト ゴールデンエール | トップページ | シルヴィオ カベルネソーヴィニヨン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/62683169

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダイバージェントNEO」:

« サントリー クラフトセレクト ゴールデンエール | トップページ | シルヴィオ カベルネソーヴィニヨン »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon