« カミラ・レックバリ『悪童』 | トップページ | クアドリフォリア キンタ・ド・ヴァラッド »

2015/12/17

「最高の人生のつくり方」

本日の映画

最高の人生のつくり方 [DVD]
movie-65 「最高の人生のつくり方」  And So It Goes  2014年米

DIR:ロブ・ライナー
CAST:マイケル・ダグラス、ダイアン・キートン、スターリング・ジェリンズ、ロブ・ライナー、スコット・シェパード、フランシス・スタンハーゲン
STORY:頑固な偏屈者、嫌われ者のオーレンは、疎遠になっていた息子から孫娘を預かってほしいと言われるが、どう接していいかわからず、隣人の女性リアに助けを求めるが・・・

☆☆☆名優同士のヒューマンコメディ。

なんだか紛らわしい題名だけど、ロブ・ライナー映画で「最高の人生の見つけ方」、これはなかなかよかった。同じくモーガン・フリーマンが出演していたライナー映画が「最高の人生のはじめ方」。これは未見。
そして、第三弾が「最高の人生のつくり方」。
うーん、どれがどれだかわかんなくなりそう・・・
別にシリーズものじゃなくて、邦題をそっくりさんにしたってだけ。

ストーリーは、簡単に言うと、嫌われ者の頑固じいさんが、孫娘と接するうちに次第に心を開き、隣人の女性とも仲良くなってめでたしめでたし・・・というもの。
見始めて最後まで見通せてしまうわけだけど、なかなかにいいんですね。

主役はM・ダグラスとD・キートン。
M・ダグラス、年とったなあ~
でもこの役ぴったり。シワシワにはなったけれど、全然枯れてない。目がギラギラ。そんなダグラスが次第に優しい目になっていくんですよ。妻を亡くし、すっかり偏屈になっていた男が、はじめて会った孫娘にとまどいながらも、隣人リアの助けを借りて面倒を見るうちに、優しさを取り戻していく。
隣人役のD・キートンも年を取ったけれど、いい年の取り方をしたなあと。夫を亡くし、クラブシンガーとして再起をはかろうとしている女性の役ということで、映画の中でうたってくれるのだけど、味がありますね~
何気ない優しさも素敵で、ダグラス氏がすっかりいい人になったのは、孫娘のおかげもあるけれど、彼女の存在も大きいのだが。

見終わってとてもいい気分になれる映画。

« カミラ・レックバリ『悪童』 | トップページ | クアドリフォリア キンタ・ド・ヴァラッド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/62864724

この記事へのトラックバック一覧です: 「最高の人生のつくり方」:

« カミラ・レックバリ『悪童』 | トップページ | クアドリフォリア キンタ・ド・ヴァラッド »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon