« いつものお店で | トップページ | 仕事納め »

2015/12/27

カミラ・レックバリ『死を哭く鳥』

本日の本

死を哭く鳥―エリカ&パトリック事件簿 (集英社文庫)
book-33 『死を哭く鳥』 カミラ・レックバリ著 集英社文庫

STORY:お酒を飲まない女性が飲酒運転で激突し即死。事故かと思われたが、数年前の自殺事件との関連から事件に発展する。一方、リアリティ番組の出演者の死体が発見されて・・・
☆☆☆エリカ&パトリックシリーズ第4弾。

3作目の最後で、エリカの妹が大変なことに・・・
なので、今回はその話が中心になるかと思いきや、そちらはすぜに解決しちゃってるという・・・
いや、それでよかったのだけど、なんとなくもやもや。ま、いい方向にいけばいいんだけど。

そして、エリカも今回もうちょっと活躍するかと思いきや、捜査の方にはほとんど関わらず・・・
でも、幸せいっぱい。娘も少しずつ大きくなりはじめ、とうとうパトリックと結婚式を挙げることになるんである。
このパートが出てくると場が和むのだけど、パトリックの捜査のパートになると、重くなる。現代のストーリーの中に、過去の誰かわからない子供たちのエピソードが挟み込まれ、最後にぴたりとパズルのピースがはまる、という展開は前作と同じだけれど、これまた悲しいお話。

なんとなくこの人怪しいと、序盤から思うのだけど、なぜ?というのは最後の方までわからず・・・
犯人の心の歪みが怖い、というか歪みの原因が悲しすぎる・・・

パトリックは益々頼もしくなり、若手刑事マーティンも成長著しく、サボってばかりのユスタは今回はなぜか?活躍。
でもこの方はまた、笑いを提供してくれましたね~、メルバリ署長。次作でもさらなる笑いをめざして欲しい(笑)

きっと、次作こそエリカの回かと。

« いつものお店で | トップページ | 仕事納め »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/62951184

この記事へのトラックバック一覧です: カミラ・レックバリ『死を哭く鳥』:

« いつものお店で | トップページ | 仕事納め »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon