« ベルハーベン ウィーヘビー | トップページ | 大洋酒蔵 吟醸 中吟生酒 »

2016/02/23

「ザ・シューター/極大射程」

本日の映画

ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
movie-4 「ザ・シューター/極大射程」  Shooter  2007年米

DIR:アントワーン・フークア
CAST:マーク・ウォールバーグ、マイケル・ペーニャ、ダニー・グローヴァー、ケイト・マーラ、イライアス・コティーズ、ローナ・ミトラ、ネッド・ビーティ
STORY:アフリカの小国で相棒を失ったのち、一線を退いた海兵隊の狙撃手スワガーの元を、大統領狙撃計画を阻止してほしいとジョンソン大佐が訪ねてくる。しかし罠にはめられたスワガーは司教殺害犯に仕立てあげられてしまう。

☆☆☆スティーヴン・ハンター原作のベストセラーの映画化。
日本でもこのミス1位になったりで話題にはなったけれど未読。
スワガーのシリーズ(番外編や父親の話も含め)、10冊以上翻訳されてるんですねぇ。知らなかった。

この本は確かに読んでいないのだけれど、なんか読んだことあるようなストーリー。
悪人に目をつけられ、犯人に仕立てられた上、重傷を負った主人公が逃亡、悪を追求していく・・・というストーリー。
この逃亡し、ある人物にかくまわれるところまで、たたみかけるような展開で息もつかせない。つかみはなかなかよろしい。
さすがプロ!のスワガーは、逃亡の途中でいろいろな物を調達し(マヌケなFBI・・・M・ペーニャが車と銃を奪われてしまう)、敵の裏をかきながら、重傷を負った身でありながらうまく切り抜けていく。
ランボー?いやジェイソン・ボーン?ボーンっぽいかな。

その後立ち直ったスワガーは悪党たちを追い詰めていくのだけど、この悪党たちがまた絵に描いたような悪党で(笑)。とってもわかりやすい。

ま、結果的にはめでたしめでたし(ってことでは決してないけれど)で、悪人成敗ってことで時代劇的に終了。

原作読んでる人にはあまり評判よくないみたいだけれど、1つの映画としてはまずまずではないでしょうかね。

« ベルハーベン ウィーヘビー | トップページ | 大洋酒蔵 吟醸 中吟生酒 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/63244208

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・シューター/極大射程」:

« ベルハーベン ウィーヘビー | トップページ | 大洋酒蔵 吟醸 中吟生酒 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon