« 四ッ谷:ディップパレス 四谷四丁目店 | トップページ | 【ジョルジョ・モランディ展】 »

2016/04/10

【芹沢銈介のいろは展】

art-20 【芹沢銈介のいろは展】 東京国立近代美術館工芸館

1604102
昨日、仕事のあと国立近代美術館の工芸館へ。
工芸館って行ったのははじめて。
建物は旧近衛師団司令部庁舎ということで、どっしりとした煉瓦造り。

1604101
展覧会は昨年金子量重氏が寄贈したという芹沢作品が中心。
染色家芹沢銈介のことは、昨年まで知らなかったのだけれど、昨年、静岡市立芹沢銈介美術館に行き、作品が素晴らしかったので、工芸館でもやると聞いて駆けつけた次第。

なんといってもこの人の作品は、鮮やかな色と、デザイン性がすばらしく・・・
作品は、着物、のれん、屏風、壁掛け、本の装丁、カレンダーなど多岐にわたる。
マッチやのりの缶のデザインてのもありましたね。マッチ箱はとっても小さいものだけど、芹沢作品そのもので楽しい。蔵書票もいいなあ。

着物は沖縄風の柄などもあるけれど、文字だけがデザインされたもの、斬新!シンプルだけれど、とっても目立つ。
かなと、植物や動物などの模様を組み合わせた屏風は見ていて飽きない。これは結構細かなデザインだけれど、のれんは大胆!パッと目に入ってくる。

カレンダーは実際家にあったらいいだろうなあと思うし、本の装丁・・・こんな本だったら飾っておきたい。

染色作品だけでなく、肉筆画もたくさん展示があって(静岡の美術館ではあまり見なかったような・・・)、これらも思った以上によかった。また違った味わいで。特に、いろいろなところを旅して収集してきたものを描いた作品が好き。
しかし、この人、椅子好きなのかしらん。椅子を描いた絵がたくさんあったけれど(笑)。

絶妙な色使いと、ポップで斬新なデザインの楽しい作品の数々を是非どうぞ。

« 四ッ谷:ディップパレス 四谷四丁目店 | トップページ | 【ジョルジョ・モランディ展】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/63467817

この記事へのトラックバック一覧です: 【芹沢銈介のいろは展】:

« 四ッ谷:ディップパレス 四谷四丁目店 | トップページ | 【ジョルジョ・モランディ展】 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon