« サントリー ヱビスマイスター 匠の逸品 | トップページ | 「ゴーストハウス」 »

2016/05/24

スーザン・イーリア・マクニール『スパイ学校の新任教官』

本日の本

スパイ学校の新任教官 (創元推理文庫)
book-9 『スパイ学校の新任教官』 スーザン・イーリア・マクニール著 創元推理文庫

STORY:1941年イギリス。スパイ任務で深い疵を追ったマギーは記憶を消すべく、特別作戦本部の訓練キャンプの鬼教官となっていた。親友のバレリーナから公演に招待されるが、舞台で事件が発生する。

☆☆☆シリーズ第4弾。

前作では身も心もボロボロになったマギーは、マクベス夫人とあだ名されるほどの鬼教官に。
なかなか傷も癒えない中、親友が危篤状態になるという事件に遭遇。
この事件を経て、次第に傷も癒えるのだが、この後さらなる試練が待ち受ける予感・・・
元彼との仲もまた復活する予感も匂わせて、まだまだ今後が見逃せない。

日本の真珠湾攻撃の話も織り交ぜつつ、戦争の行方も気になるところだが・・・

肝心のミステリー部分はかなり弱いんですね。
事件発生から解決まであっという間で、あっさりすぎる。

まあでも、マギーのさらなる成長物語なのだから、いいのかもしれない。

前作であんなことになったマギーの母親がまた、今後どうなるのだろうか。

次作も楽しみだ。

« サントリー ヱビスマイスター 匠の逸品 | トップページ | 「ゴーストハウス」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/63668563

この記事へのトラックバック一覧です: スーザン・イーリア・マクニール『スパイ学校の新任教官』:

« サントリー ヱビスマイスター 匠の逸品 | トップページ | 「ゴーストハウス」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon