« シャトー・カザ・ボーシェーヌ | トップページ | 【歌川広重 東海道五十三次と冨士三十六景展(後期)】 »

2016/06/11

【ポンペイの壁画展】

art-36 【ポンペイの壁画展】 森アーツセンターギャラリー

1606111
昨日、半日休みを取って美術館巡り。
一つ目はポンペイの壁画展。

ポンペイ展は何度か行ったことがあるけれど、壁画の展覧会というのは初めて。
いやーよく持ってきたな、と感心。

Ⅰ 建築と風景
建築を描いた壁画から。
だまし絵的というか、奥行きがあるように見せる効果あり。
美しいのが「エジプト青の壁画装飾」。
エジプト青は高価だったようで、これを使った壁画がある家はお金持ちなんでしょうね。
青というか水色のような色で美しい。
グラッフィーティー(落書き)のある壁画なんてのもあった。書いたのは誰??
かけらを集めて修復したものもあり、大変な作業だったろうなあ。

Ⅱ 日常の生活
農園別荘の壁画を部屋を再現するよう飾られた部屋は迫力あり。
この農園は葡萄酒を作っていたようで、らしい壁画。豊穣と葡萄酒を司る神様、ディオニソスが描かれているのである。この農園も裕福だったんでしょう。
静物や小鳥などを描いた壁画はかわいらしいが(犬もかわいい)、「コブラとアオサギ」は怖い・・・
選挙広告なんてのもあった。そうか、壁に書くしかなかったんですね。

Ⅲ 神話
この時代からなんといっても題材として多いのは神話。
それもギリシア神話が多いそう。教養があることを示したとか。
あまり美しくない?ナルキッソス、ヘラクレス、アリアドネなどなど、お馴染みのテーマ。
チラシになっている「赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス」もいいのだが、「ケイロンによるアキレウスの教育」もいいなあ。
これらはポンペイではなくてエルコラーノの壁画だった。

Ⅳ 神々と信仰
この展覧会で一番気にいったのが「踊るマイナス」。
マイナスは、ディオニソスの信女なのだが、この壁画のマイナスはとても優美。マグネットを買ってしまった!

こんなにもキレイな状態で残っていた壁画。まさに奇跡!
是非どうぞ。
1606112

« シャトー・カザ・ボーシェーヌ | トップページ | 【歌川広重 東海道五十三次と冨士三十六景展(後期)】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/63764463

この記事へのトラックバック一覧です: 【ポンペイの壁画展】:

« シャトー・カザ・ボーシェーヌ | トップページ | 【歌川広重 東海道五十三次と冨士三十六景展(後期)】 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon