« キリン 一番搾り 埼玉づくり | トップページ | 「リンカーン」 »

2016/08/23

エドワード・D・ホック『サイモン・アークの事件簿Ⅲ』

本日の本

サイモン・アークの事件簿Ⅲ (創元推理文庫)
book-20 『サイモン・アークの事件簿Ⅲ』 エドワード・D・ホック著 創元推理文庫

STORY:2000年もの間、悪魔を追い求めて旅をしているというサイモン・アークは、怪奇な事件を見事な推理で解決していく。

☆☆☆作者自薦の作品集第3弾。

2作目を読んでからだいぶ間があいてしまったが、このところ立て続けに怪盗ニックものを読んで、ホック・プチブームが。
ということで久々に読んでみた。

オカルトは映画で見るのはともかく読むのは苦手なのだけど、これは設定こそオカルトチックなものの、中身は本格推理っぽいのでOK。

8編のうち、一番の好みはナチスの戦犯が収監場所から忽然と姿を消す「ツェルファル城から消えた囚人」。なるほど!こういうトリックだったかという作品。
「黄泉の国への早道」も好き。あ、こちらも人間消失パターンですね。エレベーター内でロックスターが忽然と姿を消すという。
「過去から飛んできたナイフ」はちょっとムリがあるかなあ。
「魂の取り立て人」もちょい苦しい・・・

とまあばらつきはあるもののまずまず楽しめた短編集。
4作目も読もう。

« キリン 一番搾り 埼玉づくり | トップページ | 「リンカーン」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/64091411

この記事へのトラックバック一覧です: エドワード・D・ホック『サイモン・アークの事件簿Ⅲ』:

« キリン 一番搾り 埼玉づくり | トップページ | 「リンカーン」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon