« エドワード・D・ホック『サイモン・アークの事件簿Ⅴ』 | トップページ | Awa新町川ブリュワリー ペールエール »

2016/09/29

「スポーン」

本日の映画

スポーン ディレクターズカット [Blu-ray]
movie-48 「スポーン」 Spawn  1997年米

DIR:マーク・A・Z・ディッペ
CAST:マイケル・ジェイ・ホワイト、ジョン・レグイザモ、マーティン・シーン、テレサ・ランドル、ニコル・ウィリアムソン、メリンダ・クラーク、D・B・スウィーニー
STORY:上司の裏切りで任務中に惨殺されたCIA工作員のシモンズは、最愛の妻に会いたい一心で闇の支配者と人類を滅亡する指揮者となる約束を交わしてしまう。

☆☆☆コミックの映画化。

ずいぶんと古い映画だが、なぜか見る機会にめぐまれず・・・
見たくないわけではなかったんですけどね。

勝手に、主人公のダークヒーロー役がJ・レグイザモだとばっかり思ってたのだけど、違った!
レグイザモは狂言回し役(かと思いきや終盤違う展開となるが)のチビピエロの役。全然レグイザモとわからず。
このピエロが実に下品で、やーな奴で、見ていて不快になるほど。

ついつい、ピエロに目がいっちゃうけれど、主役は苦悩するダークヒーロー、スポーン。
めめしくて、おお格好いい!というヒーローではないけれど、見せる時は見せてくれる。

けれど、やっぱり悪役の方が印象に残るかなあ。
ピエロにせよ、極悪人の上司=マーティン・シーンにせよ・・・

CGはおそらくこの時代だと結構スゴイものだったかもしれないけれど、今となってはフツー。
やっぱり当時見るべきだったんだよな、こういう映画は。

« エドワード・D・ホック『サイモン・アークの事件簿Ⅴ』 | トップページ | Awa新町川ブリュワリー ペールエール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/64251907

この記事へのトラックバック一覧です: 「スポーン」:

« エドワード・D・ホック『サイモン・アークの事件簿Ⅴ』 | トップページ | Awa新町川ブリュワリー ペールエール »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon