« ロスカロス 赤 | トップページ | 早稲田:うだつ食堂 »

2016/11/03

【仙厓ワールド展】

art-57 【仙厓ワールド展】 永青文庫

今日は元々別の美術館に行く予定だったのだが、火曜日の朝日の夕刊で、永青文庫で仙厓をやっていると知り(出光は来週行く予定)、急遽予定変更。ここは前々から行きたいと思っていたところ。

江戸川橋からも早稲田からも徒歩15分とあったが、勝手知ったる早稲田から行くことにした。
実際は15分はかからなかったかな。

1611031
胸突坂を一気に上がって到着。
昭和初期に細川家の事務所として建設された建物とのこと。
1611032
1611033

仙厓は4階の展示室のみの展示。
4期に分けての展示(各期全点展示替え)だが、あと3回行くのは難しいなあ。
展示室が狭いので仕方ないけれど。

今回見たのは第1期で、6日で終了。

永青文庫は、禅画のコレクションで有名で、中でも白隠のコレクションはすごいらしいが、仙厓も100点以上あり、今回一挙に公開されるという。

いやー、仙厓って楽しいんですよね。
仙厓といえば、出光美術館でよく見るけれど、今回、見たことのない作品を見ることができて満足!

大好きな「指月布袋図」、猫を斬っちゃうというショッキングな「南泉斬猫図」、子どもがキュートな「朧月夜図」などは出光とのは別バージョンなんですね。
「杓子と摺子木図」も別バージョンを見たことあるな。嫁と姑の関係を冷めてみてる仙厓さん。

チラシにもなっている「龍虎図」の龍も虎もかわいすぎる!
めずらしや襖絵ということで大きいのだけど、龍はタツノオトシゴみたいだし、虎は猫!

今まであまり思わなかったけれど、花の絵を意外と描いているんですね。「竹図」はめずらしく、朱色もさっと入っていた。

今回特に気に行った2作品。
「猪頭和尚図」
イノシシの頭を食べるのが好きなお坊さんの図。シュール。
「門干図」
滝を詠んだ漢詩が賛に書かれているのだが、画は素麺を干して箸で伸ばして滝にしてるという・・・おもしろすぎる!!

3階は茶碗や香など、2階は硯などの展示。

うーん、2~4期、行けるかなあ・・・

1611034
1611035
1611036
見終わって、庭を通り、そこからつながっている新江戸川公園を散策しておしまい。
この公園、細川家の庭園の跡地を回遊式庭園としたもので、わりと最近できたらしいですね。

« ロスカロス 赤 | トップページ | 早稲田:うだつ食堂 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/64440588

この記事へのトラックバック一覧です: 【仙厓ワールド展】:

« ロスカロス 赤 | トップページ | 早稲田:うだつ食堂 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon