« ドメーヌ・デュ・グラン・ギャラン ボジョレー・ヌーヴォー・ヴィエイユ・ヴィーニュ | トップページ | スワロフスキー フレンチブルドッグ »

2016/12/09

『湿地』 アーナルデュル・インドリダソン

本日の本

湿地 (創元推理文庫)
book-27 『湿地』 アーナルデュル・インドリダソン著 創元推理文庫

STORY:レイキャヴィクの湿地にあるアパートで老人の死体が発見される。何者かが突発的に殺害したものと思われたが、残されたメッセージから事件の謎が解かれていく。

☆☆☆☆アイスランドのミステリー。

アイスランドのはヴィクトル・アルナル・インゴウルフソン『フラテイの暗号』に続いて2冊目ですね。

この本、話題になったので前々から読みたいとは思っていたのだが、内容が重そうでなかなか取りかかれなかった。
確かに、とても重い・・・重苦しすぎる。
でも、サクサク読める。短いというのもあるけれど、読みやすくあっという間に読めてしまった。

過去のあまりにおぞましすぎる事件と、その事件が引きおこした今の殺人。
小さな島国というアイスランド特有の悲劇と言えるけれど、辛い。
辛いのに、先へ先へと読みたいという気持ちになる本で、もっと早く読まなかったのが悔やまれるなあ。

主人公のエーレンデュル警部も、20年以上前に離婚し、久々に再会した娘は麻薬中毒、息子はアル中と、描かれる私生活も暗い要素ばかりだが、わずかに希望を残すラストで、この後どうなるのかも気になるところ。

これは、次の作品『緑衣の女』も読まねば!

« ドメーヌ・デュ・グラン・ギャラン ボジョレー・ヌーヴォー・ヴィエイユ・ヴィーニュ | トップページ | スワロフスキー フレンチブルドッグ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/64581821

この記事へのトラックバック一覧です: 『湿地』 アーナルデュル・インドリダソン:

« ドメーヌ・デュ・グラン・ギャラン ボジョレー・ヌーヴォー・ヴィエイユ・ヴィーニュ | トップページ | スワロフスキー フレンチブルドッグ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon