« サントリー ザ・プレミアム・モルツ 芳醇ブレンド | トップページ | 「デンジャラス・バディ」 »

2016/12/21

『緑衣の女』 アーナルデュル・インドリダソン

本日の本

緑衣の女 (創元推理文庫)
book-28 『緑衣の女』 アーナルデュル・インドリダソン著 創元推理文庫

STORY:子供が住宅建設地で拾ったのは人間の肋骨の一部だったが、最近埋められたものではなかった。エーレンデュルが捜査するうち、かつて近くにサマーハウスや軍施設があったことが判明する。よく出没するという緑のコートの女性とは何者なのか・・・

☆☆☆アイスランドのエーレンデュルシリーズ第2弾。

1冊目『湿地』があまりに衝撃的だったので、続けて読んでみた。
『湿地』の方がおもしろかったし、やはり1冊目ということでインパクトがあったかな。
いや、でも2冊目もおもしろかった。

1冊目も女性に対する暴力がテーマだったが、こちらはDVがテーマ。
出てきた骨を掘り進め、何が起こったかを少しずつ突き詰めていくエーレンデュルたちの物語と並行して語られる昔の家族の物語は、またまた読んでいて辛い暴力に満ちたもの。

肉体的にも精神的にも追い詰められ、何の希望もないまま暮らす妻。子供の一人は小さい時の病気で障害があり、一人は繊細なハートの持ち主で必死に母を守ろうとし、もう一人は父親によって同じようなモンスターになっていってしまう。
夫が刑務所に入ることになり、一時訪れた平和も長続きせず、悲劇が・・・

現在と過去が交わるとき、わかった真相は辛いものだったが、同時に安らぎも。こういう結末しかなかったよなと。

エーレンデュルの過去の秘密も明らかになりつつ、娘との関係も今度どうなっていくのか・・・
次作も是非読みたいな(文庫になったらね)。

ミステリー的には、ミスディレクションがわざとらしすぎて、少々失敗してるかなあ、というところが残念でした。

« サントリー ザ・プレミアム・モルツ 芳醇ブレンド | トップページ | 「デンジャラス・バディ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/64642044

この記事へのトラックバック一覧です: 『緑衣の女』 アーナルデュル・インドリダソン:

« サントリー ザ・プレミアム・モルツ 芳醇ブレンド | トップページ | 「デンジャラス・バディ」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon