« 【仙厓ワールド展 第4期】 | トップページ | アサヒ ドライプレミアム豊穣 贅沢初仕込 »

2017/01/22

【お笑い江戸名所~歌川広景の全貌展】

art-7 【お笑い江戸名所~歌川広景の全貌展】 太田記念美術館

1701221
太田記念美術館で開催されている、歌川広景展に行って参りました。

歌川広景って名前は聞いたことあるようなないような・・・
いかにも歌川広重の弟子っぽい名前ですが、確かにそうらしい。ただし、正体は謎に包まれており、わずか2年半ほどしか活動期間がなく、その後忽然と消えたらしい謎の絵師。
描くのは、徹底して笑える江戸の名所絵。
師匠の名所江戸百景のパロディかという・・・

笑いといっても、エスプリが効いてるタイプのものではなくて、もっと世俗的なベタな笑い。
登場人物たちは、転んだり、落ちたり、ぶちまけられたり・・・臭いネタもお好きなようで(笑)
スラップスティックな笑いが繰り広げられる。
上品な笑いではなく、どちらかというと下品な笑い。
クスクスと笑うのでなく、がははと笑うような作品。
とてもわかりやすい。
江戸の庶民には受けたかもしれませんね。

問題は、広景があまりに北斎や広重の絵を参考、というかパクってること!いや、リスペクト?
いいのかしら?というレベル。
いやいやおもしろければいいでしょう。

明治期に似たような作品を描いた昇斎一景という絵師がいて、広景がこの名に変えたのではないかという説もあるとのことで、1枚展示があったが、うーん、どうかなあ。

今回一番気にいったのは「江戸名所道戯尽 二十二 御蔵前の雪」。
だるまの形をした雪だるまの上に河豚を置いて、下駄の鼻緒を直している間に、野良犬が河豚を盗もうとするという・・・これはややクスクス系の笑いかも??

楽しい展覧会です。
是非どうぞ。

« 【仙厓ワールド展 第4期】 | トップページ | アサヒ ドライプレミアム豊穣 贅沢初仕込 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/64797136

この記事へのトラックバック一覧です: 【お笑い江戸名所~歌川広景の全貌展】:

« 【仙厓ワールド展 第4期】 | トップページ | アサヒ ドライプレミアム豊穣 贅沢初仕込 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon