« サッポロ ヱビス 和の芳醇 | トップページ | 【日本画の教科書 京都編展】 »

2017/02/03

「ディファイアンス」

本日の映画

ディファイアンス [Blu-ray]
movie-1 「ディファイアンス」  Defiance 2008年米

DIR:エドワード・ズウィック
CAST:ダニエル・クレイグ、リーヴ・シュライバー、ジェイミー・ベル、アレクサ・ダヴァロス、マーク・フォイアスタイン、トマス・アラナ、ジョディ・メイ、ミア・ワシコウスカ
STORY:1941年ベラルーシ。ドイツ軍の侵攻によりユダヤ人狩りがはじまり、両親を殺されたトゥヴィア、ズシュ、アザエルの三兄弟は森の中に逃げ込む。やがて3人の元にユダヤ人が次々合流し、共同体を築き上げ、銃を片手にドイツ軍への抵抗を始めるが・・・

☆☆☆実在した3兄弟を描いたドラマ。

ナチスに対する抵抗物の映画、結構見たはずだったけれど、ベラルーシにもこのような事があったのは、はじめて知った。

ナチスから逃れるために、森の中に逃げ込み、方々から逃げてきたユダヤ人をかくまい、共同体を築く三兄弟。
誰でも受け入れるが、厳しすぎるほどのルールを課す長男トゥヴィアに反発した次男ズシュは、ロシア赤軍に加わるため離脱。厳しい冬がやってくると、食料も不足し病気も蔓延する・・・
リーダーのトゥヴィアの苦悩がひしひしと伝わってきて辛い。

自分たちが生きるため仕方ないとはいえ、食料を得るため農民を襲い、仲間を粛正するトゥヴィア。これまた辛い。

次第に追い詰められていく人々。
あわやというところで・・・
なかなかドラマティックな展開だった。脚色されているとはいえ、こんな実話があったとは・・・

しかし、三兄弟、似てないなあ(笑)。
D・クレイグとL・シュレイバーじゃタイプが違いすぎる。
でも、三男役のジェイミー・ベル(大人になった・・・)含めて、気質の違いをうまく演じていると思う。それぞれがぴったりの役柄なのだ。

実際のビエルスキ三兄弟は1200人以上のユダヤ人を救ったという。
こんな実話がきっと他のもあるんでしょうね。

« サッポロ ヱビス 和の芳醇 | トップページ | 【日本画の教科書 京都編展】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/64826616

この記事へのトラックバック一覧です: 「ディファイアンス」:

« サッポロ ヱビス 和の芳醇 | トップページ | 【日本画の教科書 京都編展】 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon