« 【日本画の教科書 京都編展】 | トップページ | オリオン/アサヒ いちばん桜 »

2017/02/05

【並河靖之七宝展】

art-10 【並河靖之七宝展】 東京都庭園美術館

1702051
はじめての回顧展という、並河靖之の展覧会に行って参りました。
七宝焼きは1回だけやってみたことがあるものの、スルーしていまいそうな展覧会だったのだが、以前美の巨人たちでやっていて興味を持ったので行ってみた。

並河靖之は、貧しい武家に生まれ、生活のために副業で七宝焼をはじめ、契約を打ち切られたり、マンネリと言われたり、赤坂離宮の壁を七宝で飾る計画では、無線七宝(並河靖之は有線七宝)の濤川惣助に負け・・・
という具合に幾多の困難を乗り越えて七宝を極めた人。

とにかく細かい細工に驚きますね。

はじめた当初の作品は光沢がなく、くすんだ感じだし、柄も確かにワンパターンなのだけど、一皮剥けてからの作品はスゴイ!
美しい紋様でしかも細かい。
これ、是非とも単眼鏡で見るべきですね。
この細かさを線で作るなんて驚きである。

蝶と唐草模様もいいのだけれど、藤がもっと素敵。
大きな花瓶だけでなくて、ちっちゃな瓶もさらに細工が細かくてため息もの。

花鳥風月をあらわした作品もいいけれど、晩年の風景模様もいいですね。きらびやかさはないけれど、いい意味で枯れていて。

庭園美術館で開催されているというのもポイントで、この雰囲気にぴったりなところもよい。

目の保養になります。
是非どうぞ。

« 【日本画の教科書 京都編展】 | トップページ | オリオン/アサヒ いちばん桜 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/64852243

この記事へのトラックバック一覧です: 【並河靖之七宝展】:

« 【日本画の教科書 京都編展】 | トップページ | オリオン/アサヒ いちばん桜 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon