« キリン のどごし春の喝采 | トップページ | 「悲愁」 »

2017/03/07

マージョリー・アリンガム『クリスマスの朝に』

本日の本

クリスマスの朝に (キャンピオン氏の事件簿3) (創元推理文庫)
book-6 『クリスマスの朝に』 マージョリー・アリンガム著 創元推理文庫

STORY:いじめっ子が亡くなり葬儀に参列したキャンピオン氏だったが、半年後にまたその死体に遭遇する・・・「今は亡き豚野郎の事件」+1編。
☆☆☆キャンピオン氏の事件簿3冊目。

M・アリンガム、長編はどうも趣味にあわなかったのだが、この短編集は好き。
ただ、今回は中編といってもいい長さの「今は亡き豚野郎の事件」と短編の「クリスマスの朝に」の2編である。

「今は亡き・・・」を読み始めて、いつもと様子が違う・・・
と思ったら、これは1人称なんですね。
それと、やっぱりいつも短編で慣れてるからなのか、読み進めるのに時間がかかってしまった。
同じ人物が2度死ぬというパターンは他にもあり、薄々わかってしまうのだが、犯人はちょっと意外。
というか、急に出てきたなという感じ。
最後にパズルが一気にぴたりとおさまるのはよいのだけれど、うーん、やっぱり短編の方が好きかな。

「クリスマスの朝に」の方が好みですね。
読み終わってほっこりくるんですよ。登場人物もホッとしているのだけれど、読んでいるこちらもああよかったなと。

もう一冊くらいは短編集が出るかな?

« キリン のどごし春の喝采 | トップページ | 「悲愁」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/64976672

この記事へのトラックバック一覧です: マージョリー・アリンガム『クリスマスの朝に』:

« キリン のどごし春の喝采 | トップページ | 「悲愁」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon