« アサヒ クリアアサヒ 贅沢0 | トップページ | ボルドー・シュペリュー »

2017/03/01

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

本日の映画

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [Blu-ray]
movie-6 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」  The Curious Case Of Benjamin Button 2008年米

DIR:デヴィッド・フィンチャー
CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング、タラジ・P・ヘンソン、ジャレッド・ハリス
STORY:老人のような奇異な容貌で生まれた赤ん坊が老人ホームに置き去りされる。ベンジャミンと名付けられたその子は成長するに従い、髪が増え、皺が減り、若返っていく。入居者の孫娘デイジーと運命の出会いを果たすベンジャミンだったが・・・

☆☆☆ファンタジードラマ。

なんと、原作はスコット・フィッツジェラルドの短編とか。
元々もこんなお話だったんだろうか。
なんとも奇異なお話。
こんなお話を思いつくなんてね。

ストーリー自体が驚きなところに、さらに監督がデヴィッド・フィンチャーというのがまた驚き。
フィンチャーと言えば「セブン」、「ゲーム」、「パニック・ルーム」、「ゾディアック」、「ドラゴン・タトゥーの女」、「ゴーン・ガール」という、何か心がざわざわする・・・後味も決してよくなかったりする映画のイメージだったのに、この映画、とっても切ない。

80歳の老人として生まれたベンジャミンが、次第に若返っていき、いろいろな人との出会いを通じて成長する物語ではあるけれど、デイジーとの恋物語の要素が大きい。
普通に年をとっていくデイジーと若返っていくベンジャミン。どう考えても悲しい結末にならざるをえない・・・というあたりから泣けてくる。愛する人と一緒に年をとっていく、という当たり前のことができない2人が悲しすぎる・・・

主演のブラッド・ピット、すごく上手いというわけではないのだけれど、美しいんですよね。笑顔が耀いている!
デイジー役はK・ブランシェットは、この映画ではブラピとの相性がちょい微妙なのだけど、演技はピカイチ。

あまりに長い映画なのでずっと敬遠していたのだけど、やっぱり観てみてよかったな。

フィッツジェラルドの短編を読んでみたい。

« アサヒ クリアアサヒ 贅沢0 | トップページ | ボルドー・シュペリュー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/64945594

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」:

« アサヒ クリアアサヒ 贅沢0 | トップページ | ボルドー・シュペリュー »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon