« マージョリー・アリンガム『クリスマスの朝に』 | トップページ | 雁木 みずのわ »

2017/03/08

「悲愁」

本日の映画

悲愁 [DVD]
movie-8 「悲愁」  Belaved Infidel 1959年米

DIR:ヘンリー・キング
CAST:グレゴリー・ペック、デボラ・カー、エディ・アルバート
STORY:コラムニストのシーラはスコット・フィッツジェラルドに出会い、恋に落ちる。フィッツジェラルドには精神病院にいる妻と、寄宿学校に入っている娘がおり、金もなく酒に溺れる日々だが、シーラとの出会いにより、再び筆をとるが・・・

☆☆☆グレアムの暴露的な自伝の映画化。

悲愁・・・
二文字の映画というと、なんかメロドラマのような気がしますね。
哀愁、慕情、旅路、旅愁・・・
他にもなんかあったような?

この映画も予想を裏切らない?メロドラマ。
G・ペックとD・カーという美男美女コンビなので、さまにはなってはいるものの、若干演技過剰気味なこともあって、なんかおなかいっぱいになってしまった映画だった。

しかし、フィッツジェラルドの晩年がこうだったのは知らなかった。
妻ゼルダが統合失調症で入院し、それまでの贅沢な生活でお金がすっかり底をついてしまい、やむを得ずハリウッドでシナリオライターの仕事をするが、酒でしばしばトラブルを起こし・・・
ゴシップコラムニストのシーラ・グレアムに養ってもらうという情けない状況。

悲しいお話なのだけど、フィッツジェラルドがシーラに暴力をふるったり、彼女の仕事の邪魔をするなど、まったく共感できない人物に描かれているところが残念なところ。シーラも高慢な女という感じに描かれていて、どうも感情移入できない。

ま、美男美女を見ているというだけで目の保養にはなるのだけれど、最後まで乗り切れない映画なのでありました。

« マージョリー・アリンガム『クリスマスの朝に』 | トップページ | 雁木 みずのわ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/64976687

この記事へのトラックバック一覧です: 「悲愁」:

« マージョリー・アリンガム『クリスマスの朝に』 | トップページ | 雁木 みずのわ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon