« アサヒ ドライプレミアム 香りの琥珀 | トップページ | 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 »

2017/03/28

アンネ・ホルト『凍える街』

本日の本

凍える街 (創元推理文庫)
book-7 『凍える街』 アンネ・ホルト著 創元推理文庫

STORY:マンションで4人の死体が発見された。海運会社社長と妻、長男、そして正体不明の男。オスロ市警きっての切れ者捜査官ハンネが捜査にあたるが・・・
☆☆☆ハンネ・ヴィルヘルムセンシリーズ第7作。ノルウェーのミステリー。

1990年代に3作目まで別出版社から出て、3作品すっとばして7作目というわけ。

ま、これだけ読んでも大丈夫なのだけれど、やっぱりな~順番に読むべきだった気がする。
主人公の身にいろいろとこの間変化があったらしく、心情が掴みづらいのである。
家族や同性の恋人が亡くなったり、相棒の刑事といろいろあったり・・・
幼い頃から家族とうまくいかなかったハンネ。その葛藤から他人とうまくつきあえないようなのだけど、なんか感情移入しにくいのだ。
どうやら美人らしく(やや中年太り気味だって)、非常に優秀な警官でかっこいい女性なんだけどなあ。

殺された一家も家庭的に問題があり、ハンネの悩みとシンクロするのだが、物語は終盤になって意外な方向へと転換。といっても、ハンネははじめからちゃんと目をつけていたわけで、ちょい伏線の張り方が甘いような。

そしてラストにきてえー、どうなるんだ??
次作も出ているけれど、読むのどうしようかな・・・

« アサヒ ドライプレミアム 香りの琥珀 | トップページ | 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/65069216

この記事へのトラックバック一覧です: アンネ・ホルト『凍える街』:

« アサヒ ドライプレミアム 香りの琥珀 | トップページ | 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon