« かゆみ歴史編集部『カラー版徹底図解 東海道五十三次』 | トップページ | ピエロパン ソアーヴェ・クラシコ »

2017/04/20

「ラスベガスをぶっつぶせ」

本日の映画

ラスベガスをぶっつぶせ [Blu-ray]
movie-15 「ラスベガスをぶっつぶせ」  21 2008年米

DIR:ロバート・ルケティック
CAST:ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・スペイシー、アーロン・スペイシー、アーロン・ヨー
STORY:MITの学生ベン。医者をめざすベンは学費の工面に苦労していた。そんなベンの頭脳に目をつけたローザ教授はカード・カウンティングという手法を用いてブラックジャックで勝つノウハウをたたき込む。ラスベガスで見事大金を手に入れるベンだったが・・・

☆☆☆ベストセラーノンフィクションの映画化。

へえ、これが実話だとはねぇ。
カード・カウンティングという手法が、わかったようなわからないような(頭悪いので・・・笑)というところがまずもやもやした点ですね。
そして、J・スタージェスがワタクシ苦手でして・・・これももやもや。

学費を稼ぐためという目的が、だんだん違法ではないがギリギリの手で大金を掴むというスリルが楽しくなってしまい、のめり込んでしまうという主人公に感情移入できないというのも痛い。

主人公を追い詰める教授役K・スペイシーは、いやーな演技炸裂でよかったし、不正を見つける警備員役のR・フィッシュバーンも怖くて(主人公がぼこぼこにされる場面、怖い・・・)よかったと思う。
そして、ラスト近くはほおーっとうなる展開もあり、最後の最後には、ああなるほどねというオチも用意されていて、いい場面もなくはないのだけど、途中が盛り上がらないんですね。

ギャンブル、怖いな。
人格を変えてしまう・・・
という感想で終わりました。

« かゆみ歴史編集部『カラー版徹底図解 東海道五十三次』 | トップページ | ピエロパン ソアーヴェ・クラシコ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/65158358

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラスベガスをぶっつぶせ」:

« かゆみ歴史編集部『カラー版徹底図解 東海道五十三次』 | トップページ | ピエロパン ソアーヴェ・クラシコ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon