« キリン グランドキリンIPA | トップページ | キリン グランドキリンJPL »

2017/04/07

エミリー・ブライトウェル『節約は災いのもと』

本日の本

節約は災いのもと (創元推理文庫)
book-8 『節約は災いのもと』 エミリー・ブライトウェル著 創元推理文庫

STORY:テムズ川で見つかった死体は詐欺師の疑いのあるアメリカ人。またもや事件を押しつけられたウィザースプーン警部補を使用人たちはまたまたサポートしようとするが。

☆☆☆家政婦は名探偵シリーズ第4弾。

このシリーズなんか好きなんですね。
ミステリー的には大甘だけれど、憎めないウィザースプーン警部補と、雇い主のために奔走する使用人たちのコンビネーションが抜群。
いやでも、今回はいままで一番ミステリー的にもよかったかも。
ミスディレクションはバレバレって気もするけれど、犯人はなるほどねと思ったし、その動機もなるほど。いや、その恨み怖いわ~

その推理部分の他、今回は、投資がうまくいっていない警部補が家計費の節約を命じ、それに反対する使用人たちが一致団結して、あの手この手で撤回させようとするくだりがおもしろい。
料理人のグッジ夫人が、これでもかと節約料理・・・いかにもまずそうなお料理を出して、警部補をげんなりさせるのである。一致団結する使用人たち!

読み終わって、改めて題名を見てみたら、なるほど!これ日本題うまいなと思いました。

« キリン グランドキリンIPA | トップページ | キリン グランドキリンJPL »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/65103675

この記事へのトラックバック一覧です: エミリー・ブライトウェル『節約は災いのもと』:

« キリン グランドキリンIPA | トップページ | キリン グランドキリンJPL »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon