« 東海道五十三次歩き(第6回) 江尻~府中3 | トップページ | 新宿御苑:百の輔 »

2017/07/13

東海道五十三次歩き(第6回) 江尻~府中4

(3より続き)

だいぶ疲れてきたこともあって、予定通り、MARK ISで休憩することにする。
ここはちょっとした思い出?の場所。
2014年2月にいちご狩りに行った際、最後の最後に寄ったところ。翌日雪の予報で、同居人が雪靴をこの中のABCマートで買ったのである(笑)。
その頃はまだ全部はお店が入っていなかった気もする・・・
上の方の階のフードコートで一休み。なぜか、クレープやさんにいろいろな種類のタピオカドリンクを売っていたので、ワタクシはピーチオレンジ、母親はマンゴーオレンジのを飲む。いやー冷たくておいしい!だいぶへばっていたのが、一気に蘇った感じ。
外を眺めると山がいくつか見えたので、もしや富士山も?と思ったら方角的に難しかったのだった。

再び歩き始める。
柚木駅の手前で新幹線と東海道線をくぐり、旧道を行く。
ちょっと脇にそれて寄り道。
法蔵寺の隣に軍神社。入るとなぜか豊田交通観音が。
日本武尊が戦勝祈願をしてという伝説のある神社で、砲弾型の忠魂碑があったりするが、なんといっても印象に残るのはクスノキ。神社中、立派なクスノキが植えられているのである。
1_4

曲金観音堂から右手に入り、再び線路をくぐる。

2_4
国道1号線とちょうどまじわるあたりに府中宿東見附の説明版が。
いよいよ府中宿だ。
この宿は最大規模の宿場で西見附までは3.6キロ。旅籠は43軒もあったという。
城下町でもあり、江戸八百八町に対して、駿府九十六町。町名一つどとに標柱があり、バシバシ撮っていたのだが、ありすぎて途中でどうでも良くなってしまった(笑)。

だんだんと街も賑やかになってきた。
つつじ通りを渡ったところに久能山道標。
久能道は久能海岸の塩や海産物を駿府に運ぶ道であったという。そして、家康が祀られた久能山東照宮にお参りする大名たちが歩いた道でもあったようだ。

この道標の向かいの道を入っていった先に華陽院がある。
家康の祖母源応尼、家康の娘市姫、側室のお久の方などの墓があるとのことで、ちょっと探してみたが見つからず。というか、時間もおしてきていてそう真剣には探さなかったのである。
家康お手植えの松があるというのでそれだけでもと思ったのだが、見つかったのはお手植えのみかん。そのとなりにあった松がそうだったんだろうか?
3_4

貫目改所跡(先日、品川宿でも見た。西の方には草津にあるとのこと)を通り、西郷・山岡会見之史跡碑を見る。江戸無血開城が話し合われた地(松崎源兵衛宅)である。

今回の東海道歩きはここでやめることとし、最後に駿府城跡の駿府公園に寄って帰ることにした。

4_5
時間は5時半をだいぶ過ぎており、まだ開いているか心配だったが、結構遅くまであいてるんですね。
東御門から入ってみると、いや~広い。くまなく歩くのはもう無理だったので、とりあえず家康公お手植えみかん(ここにも!笑)をめざすことにした。

5_3
本丸堀などを見学しつつ、ようやく家康公像に到着。そして、その隣にお手植えみかん!静岡のみかんは家康によって広められたのか・・・
6_4

7_4

というところで引き返し、静岡駅へと向かう。
6時20分発のこだまに乗る。三島から乗るよりは席の確保が楽だ。

はじめは、3席並びの方に座っていたのだが、2席の窓側に座っている人がしきりとスマホで撮影している・・・
と思ったら、なんと富士山が見えているではありませんか。
慌ててデッキに出て写真を撮る。午前中も見えていたらなあ。残念。
しかしあっという間に富士山はまた雲の中に隠れてしまい、三島で2席の方に移ったものの、もう見えることはなかった。
8

9時前に最寄り駅に到着。
定番化している庄やにて乾杯。途中から同居人も合流し、炙り穴子、漬け物、のり塩れんこんチップ、明太北あかりチヂミ+生ビール2杯。

ちょうど飲んでいる間に雨が激しく降っていたらしいのだが、少し収まったところで帰宅。
歩数、約43000歩。今回もよく歩きました!

いよいよ次は丸子(のとろろ飯)です。

(完)

« 東海道五十三次歩き(第6回) 江尻~府中3 | トップページ | 新宿御苑:百の輔 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/65516161

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き(第6回) 江尻~府中4:

« 東海道五十三次歩き(第6回) 江尻~府中3 | トップページ | 新宿御苑:百の輔 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon