« サントリー 金麦 琥珀のくつろぎ | トップページ | 「ツーリスト」 »

2017/10/19

エリザベス・ウェイン『コードネーム・ヴェリティ』

本日の本

コードネーム・ヴェリティ (創元推理文庫)
book-22 『コードネーム・ヴェリティ』 エリザベス・ウェイン著 創元推理文庫

STORY:ナチスの捕虜となったイギリス特殊作戦部員の女性。彼女は親衛隊大尉に尋問をやめる代わりに、イギリスに関する情報を手記にするよう強制される。彼女が書いた手記は・・・

☆☆☆☆第二次世界大戦下が舞台のミステリー。

物語は第一部と二部にわかれる。
第一部は、スパイとして捕まった女性の手記で、なかなか読み進められなかった。
どうやら、自分がひどい目にあわないことと引き替えに情報を書くことを強要されているようなのだが、その手記はなぜか過去に大きくさかのぼり、親友との出会いから友情をはぐくみ、共に任務のために危険に飛び込んでいくという物語が綴られる。
いったい、この物語がどう転んでいくのか・・・
なんかじれったく、よくわからないまま読み進めていったのだが、どうもページがはかどらない。
雲行きが怪しいところで第一部が終わり、第二部へ。

すると・・・
第二部はもう一人の女性(第一部で登場する女性の親友)の視点からの物語gとなり、次々と第一部の謎が解けていくのである。
となると、読書もサクサクと進む。
そうか、そういうことだったのかと。
しかし、結末はちょっと想像しなかった展開で、切なくて、悲しくて・・・
そして、2人の女性の友情に感動・・・なのであった。

戦争がなかったら、境遇のまったく異なる二人はきっと出会わなかっただろうし、二人の友情が培われることもなかっただろうが、戦争のせいでつらく悲しく残酷な物語も語られることはなかった。もちろん、この本はフィクションだけれど、きっとこんな物語は現実にもたくさんあったに違いない。

ラスト、これは涙ものですね。
一筋の光が見えてジ・エンドであった。

« サントリー 金麦 琥珀のくつろぎ | トップページ | 「ツーリスト」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/65922325

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス・ウェイン『コードネーム・ヴェリティ』:

« サントリー 金麦 琥珀のくつろぎ | トップページ | 「ツーリスト」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon