« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018/01/31

キリン 一番搾り 徳島に乾杯

18013111801312
47都道府県の一番搾り、第30弾は徳島に乾杯。
いよいよ四国に入って参りました!

裏のイラストは阿波踊り。カラーは徳島名産藍染(そうなんだ)の藍色。海の色かと思いました・・・

注いでみると、フツーの黄金色。
飲んでみると、甘みは若干あるものの、まずまず苦みもあるし、フツーのビールに近いですかね。

2018/01/30

キリン 一番搾り 山口に乾杯

18013011801302
47都道府県の一番搾り、第29弾は山口に乾杯。
裏のイラストは松下村塾。カラーは夏みかんをイメージしたというオレンジ色。
確かに、萩とか夏みかんがたくさんあったような?

注いでみると、きわめて薄い色。
飲んでみると、色から想像するとおりすっきり味。
なんでも・・・
柑橘がほのかに香るということなのだけど、それは全然わからず・・・
悩んだままおわったのでありました。

2018/01/29

キリン 一番搾り 神戸づくり

18012911801292
47都道府県の一番搾り、第28弾は神戸づくり。
裏のイラストは神戸の港で、カラーも海をイメージした青。

注いでみると、結構薄い色。
飲んでみると、すっきりさっぱり系ですね。
米(山田錦)がどう作用しているのかわからないのだけれど、水のイメージとでもいいましょうか・・・
もうちょっとコクがあってもいいかなあ。

2018/01/28

第90回アカデミー賞ノミネート

アカデミー賞の季節がやって参りました~
先日ノミネーションの発表があったので、例によって勝手な予想をしてみます。

〈作品賞〉
今年も作品のノミネート。
本命は迷ったけれど、「シェイプ・オブ・ウォーター」。ちょっとファンタジックな作品はどうかなとは思ったが・・・
対抗馬は、「スリー・ビルボード」。こういうドラマの方がオスカー向け?
穴は「ダンケルク」。これまたアメリカ人好みっぽい。

〈監督賞〉
本命は「シェイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トロ。独特の美学が好みが分かれるところかと思うが、作品賞がいくならば・・・
対抗馬は「ダンケルク」のクリストファー・ノーラン。ワタクシはこの人の映画は大好き。
穴は「レディ・バード」のグレタ・ガーウィグ。女性監督がもっと増えるといいなという希望をこめて。

〈主演男優賞〉
本命は「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」のゲイリー・オールドマン。こういうなりきり演技ってオスカーに強い。
対抗馬は「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメ。フレッシュさに期待して!
穴は「ファントム・スレッド」のダニエル・デイ=ルイス。これで引退とは寂しい限り・・・

〈主演女優賞〉
本命は「シェイプ・オブ・ウォーター」のサリー・ホーキンス。地味な演技派だけど、この役はぴったりな模様。
対抗馬は「スリー・ビルボード」のフランシス・マクドーマンド。この人も演技派。2度目の受賞も大いにありうる。
穴は「レディ・バード」のシアーシャ・ローナン。いつかは受賞するんだろうなあ。

〈助演男優賞〉
本命は「The Florida Project」のウィレム・デフォー。そろそろこの人にもあげたい!
対抗馬は「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェル。昔から気になっていた俳優さん。
穴は「シェイプ・オブ・ウォーター」のリチャード・ジェンキンス。名バイプレーヤー。

〈助演女優賞〉
本命は「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のアリソン・ジャニー。目力がすごいです!
対抗馬は「レディ・バード」のローリー・メトカーフ。この人も出ると印象を残す女優さんだ。
穴は希望をこめて「マッドバウンド 哀しき友情」のメアリー・J・ブライジ。歌手として大好きなので。

授賞式が楽しみです!

2018/01/27

サントリー ザ・プレミアム・モルツ 初仕込2018

1801271
今年も出ました、プレモルの初仕込。

注いでみると、やや薄めの色。
飲んでみると、はじめはそうでもないかなと思ったけれど、苦みがじわっとくる。
けれど、フツーのプレモルよりちょっとバランスが悪いかなあ。
やっぱりフツーのプレモルの方が好きかも?

2018/01/26

キリン 一番搾り 京都に乾杯

18012611801262
47都道府県の一番搾り、第27弾は京都に乾杯。
京都の伝統色である京紫がイメージカラーとして取り入れられており、裏のイラストも紫色で京と描かれている。

滋賀づくりに続けて飲んだのだけど、注いでみるとさらに色は薄い。
飲んでみると、苦みはほとんどなく、甘さの方が前面に出ている感じ。
これが上品な味わいということになるのだろうが、ワタクシ的には滋賀の方が好きですね。

2018/01/25

キリン 一番搾り 滋賀づくり

18012511801252
47都道府県の一番搾り、第26弾は滋賀づくり。
ん?なんかおかしい?
と思ったら、表に県の形が描かれているのだけれど、これ滋賀じゃなくて琵琶湖じゃないですか(笑)。さすが琵琶湖県!わかりやすくていいといえばいい?
裏のイラストもやはり琵琶湖で、カラーは水の色ということで水色。

注いでみると、色は薄め。泡はとてもクリーミーな感じ。
飲んでみると、イメージどおりすっきりとしている。といって薄いというわけではなくて、隠れたコクがあってこれはこれでいいかも。苦みが苦手な人でOK!

2018/01/24

国分寺:一休 国分寺店

仕事を終えて、上野の西洋美術館+科学博物館へ行ったあと、国分寺に戻り買い物をしたら7時近く。
ということで当然?飲んで帰るわけですね(笑)

毎度おなじみの一休。

1801241
まずは生ビールで乾杯!その後、もう一杯追加し、さらにその後は赤ワインのデキャンタを。

1801242
季節のおすすめメニューから、白魚のかき揚げ。おいしいかき揚げだったけれど、もうちょっと白魚がほしいところ。ま、一休だし(笑)。

1801243
菜の花とあさりの塩炒め。本年初の菜の花をなぜか一休で(笑)。タケノコ入り。意外といい組み合わせかも。

1801244
1月限定おすすすめメニューから、長芋のねぎ味噌やき。皮もついていてワイルド(笑)。ホクッよりサクッとした食感。味噌にもあうな。

1801245
カリカリチヂミ。あげてあるんですね。なぜマヨネーズがついてるんだろう?謎・・・

東京都国分寺市本町2-11-5 矢野ビル 2F

2018/01/23

【南方熊楠展】

art-5 【南方熊楠展】 国立科学博物館

【北斎とジャポニスム展】でかなり時間がかかってしまい、もう暗くなってしまったのだが、これなら時間はかからなさそうということで行ったのは科学博物館で開催されていた南方熊楠展。
常設展示のチケットで入ることができる、小規模な展示である。
1801241

南方熊楠のワタクシ的イメージは・・・
変人
きのこ
菌類

で、当然研究者と思っていたのだが、むしろ資料を収集して提供しようとした情報提供者だったと書かれていた。

確かに、論文をたくさん書いたというわけでもなく、これはホントに知らなかったが、絵がかなり微妙・・・というかかなり下手(笑)。
せっかくきのこを収集しても絵が描けないという・・・

しかし、情報収集力はすごく、なんでも記録し、膨大な資料をなんとかまとめようとしていた努力はうかがえる。
現代に生きていたら、コンピュータ-であっという間にまとめ上げられただろうになあ。
副題のとおり、100年早かった智の人なんだろうな。

でもやはり変人ですよ、この人。

1801242
地下でやっていた地衣類の展示も見学。
地味におもしろい(笑)

ついでがありましたら是非どうぞ。

2018/01/22

【北斎とジャポニスム展】

art-4 【北斎とジャポニスム展】 国立西洋美術館

1801221
今度の日曜日でおわってしまう展覧会へ行って参りました。

美術館に着いてびっくり!チケット購入の列の長いけれど、入場まで20分待ち。
もうすぐ終わりだからかな~
そして、中に入っても、浮世絵の展示だとどうしても混むんですね。
いやはや、見るの大変でした。点数も多かったし。

この展覧会のコンセプト、西洋近代芸術の展開をジャポニスムという観点から編み直す・・・
ということで、おもしろい視点だなあと思ったものの・・・
ちょっと無理があるかな~という部分もあり・・・
ポスターにあるモネの踊り子とお相撲さん、カサットの「青い肘掛け椅子に座る少女」と布袋さんとかは、ポーズが同じだし、セザンヌのサント=ヴイクトワール山と富嶽三十六景の1枚は構図が似ているとか、モネのポプラと富嶽三十六景の保土ヶ谷の木のうねり方は同じとか、ふーんとは思うものの、北斎の影響を受けて描いたとまでは言えないんじゃないかなというのが素直な感想。
もちろん、構図、切り取り方とかポーズとか、影響を受けているのだろうなあと思わなくはないけれど、むしろ、そっくりさんをよくみつけてきたなと(笑)。
だんだん見ながら、これ似てる!いやこれは全然似てない!とか言うのが楽しくなってきました・・・

単純に、いい絵が来ていたので十分楽しめたのでいいんですけども。

ということで、気に入ったものをあげていこうと思う。

・アンリ・ゲラール「靴への襲撃」 これはおもしろい!
・ボナール「洗濯屋の少女」 犬がポイント。おもしろい構図。
・ゴーガン「三匹の子犬のいる静物」 うまへたな感じだけどかわいい。
・モネ「黄色いアイリス」 この美術館所蔵でよく見るけれど好き。
・モロー「ヘラクレスとレルネのヒュドラ」 妖しげなモローいいなあ。
・クローデル「波」 手のような波!
・リヴィエール「エッフェル塔三十六景」 これは確かに北斎の影響を受けているというか、富嶽三十六景をエッフェル塔におきかえて描いたもの。これも好きな作品。
今まで知らなかった北欧の画家たちの作品はどれもよかった。

これからますます混むかもしれませんね。
是非どうぞ。
1801222

2018/01/21

四ッ谷:松井製麺所

1801211
昨日は勤務日。
仕事を終えての昼食。
昨年夏頃オープンして、ずっと行きたいと思っていたうどんのお店へ。
今まで知らなかったけれど、このお店、本広克行監督の弟さんのお店で、香川から移転してきたそうですね。
あ、まだ映画「UDON」は見てなかったな・・・

奥の方に券売機があって・・・
はじめてなのでシステムが少々わかりづらかったけれど、買ってカウンターで差し出す。
ワタクシは私のきつねうどん(小)を頼んだのだが、あげはここからとって下さいと言われた方を見ると、なんて大きなあげ!
結局、お店の人にのっけてもらったけれど、別皿においた方が食べやすかったかも???
うどんが隠れてるもの。
やかんから水を汲んで、ねぎと揚げ玉をとって席へ。

1801212
あげは甘め、つゆもやや甘め。麺はすごくコシが強いタイプではないけれど、これくらいが食べやすいかな。
ただただ、あげに圧倒されました(笑)

同居人は券を3枚購入。ぶっかけうどん(大・あつ)とちき天。大盛の券とぶっかけの券とちき天の券と。

1801213
1801214
ちき天ってなんだ?と思うと、とり天ですね。チキン・・・
これまた、びっくりの大きさの天ぷら!おいしいです。
同居人によれば、ぶっかけにしては少々つゆが多い気もするとのこと。

いろいろと他にも食べてみたいメニューがあるので、今度また!

東京都新宿区四谷4-3-1ワールド四谷ビル地下1F

2018/01/20

キリン 一番搾り 島根に乾杯

18012011801202
47都道府県の一番搾り、第25弾は島根に乾杯。
鳥取とくればお次は島根!ということでチョイス。
裏のイラストは、島根城と宍道湖。
カラーは、島根の夕日をイメージしたオレンジ色だそう。

注いでみると、おおっ!これ夕日のオレンジ色じゃないですか。
飲んでみると、苦みが強い。けれど、後味はすっきり・・・説明のとおりな感じ。
あ、でもこれは好きかも~

2018/01/19

キリン 一番搾り 鳥取に乾杯

18011911801192
47都道府県の一番搾り、第24弾は鳥取に乾杯。
裏のイラストは蔵。なんだろうと思ったら倉吉白壁土蔵群だそうである。
カラーは黄緑で、二十世紀梨の色らしい。

注いでみると、ごくごくフツーの黄金色。
飲んでみると、これまたフツー。
いや、通常の一番搾りよりはずっとずっと濃い味なのだけれど、バランスのよい味じゃないだろうか。

2018/01/18

キリン 一番搾り 岡山づくり

18011811801182
47都道府県の一番搾り、第23弾は岡山づくり。
裏のイラストは瀬戸内海で、カラーはピンク。ああ、桃ねと思ったけれど、トキをイメージしたものとのこと。

注いでみると、色は薄め。
飲んでみると、うーん、あまり特徴はないかなあ。
苦み、甘みとも穏やかですっきりした味わい。米が入っているがそこもよくわからず・・・
こういうの、感想が難しいです(笑)。

2018/01/17

キリン 一番搾り 名古屋づくり

18011711801172
47都道府県の一番搾り、第22弾は名古屋づくり。
昨年前半に発売されたものでなく、これは12月に発売されたもの。毎回、ちょっとずつデザインも違うんですね。
裏のイラストはしゃちほこで、カラーはやっぱり!金色。

注いでみると、かなり濃い色。
飲んでみると、苦みもあるし、甘みもあるし、ちょっと焦げ味もする。
これは冬向きかな。
とともに、これなら、確かに名古屋の味噌味に負けないと思う。

2018/01/16

キリン 一番搾り 広島に乾杯

18011611801162
47都道府県の一番搾り、第21弾は広島に乾杯。
裏のイラストはマツダスタジアム。そりゃそうでしょうね、広島といえば!
カラーも赤で、まさにカープ・・・と思ったら、宮島をイメージした色とのこと。ふーん。

注いでみると、赤いですね。泡まで染まっている。カープのイメージでしょう。
飲んでみると、色から想像したとおり、ロースト麦芽の焦げ味。苦みもわりと強くて、これは好きだな。

2018/01/15

キリン 一番搾り 大阪に乾杯

18011511801152
冬休み、たくさんビールを飲んだので、しばらくビールシリーズが続きますよ~

47都道府県の一番搾り、第20弾は大阪に乾杯。
裏のイラストは吉本新喜劇座長のすち子とのこと。カラーは大阪商人をイメージした金色で、大阪らしいな。

注いでみると、フツーの黄金色。
飲んでみると、ふっといい香り。ブラボーホップとのこと。
そして、結構濃いビールですね。度数も6%と高めなのもあるけれど、飲み口が重い感じ。
これなら大阪のソース文化に負けないかも?です。

2018/01/14

極ビア

1801141
西友で買ったビール(新ジャンルも含む)第2弾。
韓国産のビールである。

注いでみると、色は薄め。
飲んでみると、味も薄め(笑)。はじめ、ビールと気づかなかったくらい。度数も4.5と低いですしね。
どちらかといえば、夏向きかな。

2018/01/13

Stay Gold

1801131
西友で購入した新ジャンル。
ベルギー産だそう。
ベルギーだとビールの範疇なのでしょうね。でも、日本でも酒税法が改正されたら、これもビールになるのかな?

注いでみると意外と濃い色。
飲んでみると、ちょっとカラメルっぽい味がしますね。苦みはそれほどなくて、でも度数が6パーセントあるので結構重い感じ。
100円以下という値段を考えると、いいんじゃないでしょうかね。

2018/01/12

サッポロ 銀座ライオンスペシャル

1801121
サッポロが経営するビアホール銀座ライオンの名前がついたビール。
そっか、銀座ライオンってサッポロがやってたんですね。
で、このビールは実際出してるものなのかな?

注いでみると、アンバーに近い色。
飲んでみると、ロースト麦芽を使用しているのかな?ちょっと香ばしい味で、苦みもしっかりあるどっしりとしたビール。
これはじっくり飲むのにいい感じのビールですね。


2018/01/11

アサヒ スーパードライ みがき麦芽仕込み

1801111
スーパードライの派生品。スーパードライ関連も最近はいろいろと出ますね。
注いでみるとやや薄い色。
飲んでみると、ん?フツーのドライとは違いますね。あまりドライじゃない・・・つまりそれほどぴりぴりしない。むしろ後味はちょっと甘い感じ。
ワタクシはドライ派じゃないので、こっちの方がいいなと感じたけれど、もう少し甘みより苦みが勝っていたらなおよしであります。

2018/01/10

日本橋:ほっこりや

1801101
日曜日、三井記念美術館に行ったあとの昼食。
見終わったら1時半近く。ということでなるべく近場で食事にしたいと思い、安易に(笑)地下一階へ。
いくつかお店があった中で鶏料理のお店ほっこりやに入店。
親子丼がおいしそうだったので。

1801102
頼んだのは炭焼鳥の親子丼の土日限定セット。
ミニサラダ、小鉢(本日は昆布巻)、味噌汁、おつけものついている。
親子丼、半熟卵プラス生に近い卵でとろとろ。
鶏肉は炭火で炙った鶏で香ばしく柔らかい。
やや甘めのたれなので、山椒をちょっとかけるといい感じですね。
昆布巻もこの正月に食べていなかったのでうれしい。

夜も期待できそうです。

東京都中央区日本橋室町2-1-1 日本橋三井タワー B1F

2018/01/09

今年の目標(2018年)

今年は本日が仕事始め。
今回は冬休みが長くてうれしかったけれど、だからこそ重度のいやいや園を発症(笑)。
ボチボチがんばります!

それでは今年の目標を。

1.東海道を踏破する
昨年はじめた東海道歩き。どこまでいけるか?ゴールできるか?
2.他の街道も歩いてみる
街道歩きがなかなかに楽しいので他もいってみたい。
3.健康に気をつかう
昨年はあちこち故障したので十分気をつけたい。
4.今年も飲む
健康に気をつかいつつ今年も飲みます(笑)。
5.さらに残業を減らす
昨年かなり減らしたが、さらに減らしたい。
6.ワンカップを集める
なぜか最近ワンカップブームがきており、いろいろとゲットしたい。
7.映画館に行く
といいいつつ昨年は0。今年こそ!
8.雑誌の山を減らす
たまっちゃって困るんですね・・・
9.美術展を逃さない
昨年は行きそびれた展覧会があったので今年はそういうことがないように。
10.睡眠時間を確保
睡眠不足をなんとか解消したい。

いい年にしたいですね。

2018/01/08

【国宝雪松図と花鳥展】

art-3 【国宝雪松図と花鳥展】 三井記念美術館

1801081
先日掛川花鳥園に行ってすっかり鳥づいたところで、鳥をテーマにした美術展に行って参りました。国宝雪松図と花鳥展(美術館でバードウォッチング)である。
三井家の当主は代々鳥好きが多かったらしく、鳥のコレクションが結構あるらしい。

茶碗などが並ぶ中、目を惹いたのは香合。
なんと、本物の卵・・・鵞鳥やらクジャクやらで出来ている。鶴の卵の杯もあった。
9代目当主は自宅に400羽以上も鳥を飼っていたというから、こうした卵もそうなのかも?

いよいよ花鳥画のコーナーへ。
まずは沈南蘋の花鳥動物図がすばらしい。
全部で11幅あるとのことだが、今回は鳥が描かれた6幅が展示されていた。
鳥と花の組み合わせが絶妙。
残りの5幅も是非見てみたいものだ。
向かいにあった渡辺始興「鳥類真写図巻」もすごい!17メートルにも及ぶ図巻が全部公開されているのだけれど、なんと細密な描写でしょう!観察力もすごいが、羽一枚にいたるまで細かく描写する描写力もすごい。
映像コーナーで、学芸員さんが撮った写真との対比もあったけれど(図巻にも添えられている)、見比べるのも楽しい。
正面に展示されていたのが、円山応挙の国宝「雪松図屏風」。
近づいて見ると結構ポップな印象だけれど、入り口から(遠くから)眺めると落ち着いた印象に変わるのが不思議。ダイナミックな松だ。

その他印象に残った作品は・・・
小林古径「木菟図」。かわいい!土佐光起の「鶉図」も。
円山応挙「蓬莱山・竹鶏図」、「双鶴図」、「梅花双鶴図小襖」。
ホントのことを言うと「雪松図屏風」よりこうした作品の方がすきだったりする・・・
呉春他15名で寄せ書きした「群鶏図屏風」も楽しかった。

7代目当主から続いた鳥好きだが、10代目当主などは大学で鳥の研究、共著で「家禽図鑑」(展示あり)を著すほどだったらしい。

是非是非美術館でバードウォッチングを!

2018/01/07

掛川ドライブ

今年のお正月はどこかドライブでも行くかとなり、それなら是非掛川に行きたい!と強く主張。
9月末、東海道歩きで掛川に行った際、掛川城に掛川花鳥園のチラシが置いてあり、ここに行ってみたいと思っていたのだ。昔行った富士花鳥園も楽しかったし。

当日は5時半起きで6時出発。コンビニで朝食用のパンを買う。

ところどころダラダラしている箇所はあったものの、まずまず順調に東名のインターに到着、海老名サービスエリアにて一回目の休憩。
ここに寄ると最近は必ずカルビーショップでスナック菓子を買うことにしているのだが、今回は、東京近郊限定発売の江戸じゃが焼きのりしょうゆ味を購入した。
朝食第2弾として餃子ドッグを食べ出発。ちらりと富士山が見えて、この日はきれいに見えそうな予感がした。まだまだ寒い。

1
続いて、富士川サービスエリアにて休憩。思った通りキレイに富士山が見える。雪は少なめでしたが。

2
車も順調に進むし、富士山をさらに撮影しようということで、由比のパーキングエリアにとまる。見えますね。
でも手前の山が邪魔をするので、やはり薩埵峠から見るのがベスト。この日は雲ひとつなく見えただろうなあ。展望台にたくさん人がいるのが見えた。
さらに日本平パーキングエリアにもよってみたけれど、家がたくさんあってほんのちょっとしか見えず。残念。

その先も順調で、掛川のインターで高速を降り、ほどなく掛川花鳥園に到着。10時すぎだった。
あんまり人はいないのではと思っていたのだけれど、車は結構とまっている。人気スポットなのかも?
入場しても結構な人がいてびっくり。

3
まず、世界のフクロウ展示を見る。
寝ている子が多かったけれど、首がぐるっとまわったりしてびっくりしたり。
白フクロウがかわいいですねぇ。ハリー・ポッターを思い出す。
4

見終わったところで、10時半から屋外でバードショーがあるとのアナウンスがあり、慌てて駆けつける。温室をぐるぐるまわって、なかなか外にたどり着けなかったが、ギリギリショーには間に合った。

5
まずはワシミミズクが登場。翼を広げると結構大きい。
次にハリスホーク。飛ぶの早い!お客さんの頭上をひゅんひゅん飛んでいく・・・
6
そして、ヘビクイワシ。名前がキック君というのだけど、その名の通り、へびを猛烈な勢いでキックして倒すのだ。もちろん、ショーのへびはおもちゃ。キックすると餌がもらえることを知っているのでがんばるキック君(笑)。
通常はこれでショーは終わりらしいけれど、正月限定で、シロフクロウのハリー君登場!ハリー君って(笑)。優雅なハリー君。きれいなフクロウだなあ。

そのまま外にいる鳥たちを見たかったところだけれど、すっかり体が冷えてしまい、いったん温室に入ることに。

そこはちょうどオオハシとトキの水辺という部屋。

7
オオハシ、やっぱり大きいなくちばし。
クラハシコウ、エボシドリ、いろいろなトキなど知らない鳥がたくさん。一番たくさんいたのはタカシギだろうか。
8

そして、ハシビロコウの部屋へ。
シャボテン公園でハシビロコウのビル君を見て以来、ハシビロコウの大ファンなのでこれも楽しみにしていた一つ。名前はふたばさん。
9
温室の中にいるから活動的?かと思いきや、やっぱり動かないなあ(笑)。
身繕い中だったのだけど、途中でとまっちゃったり、また突然動きだしたり。うーん、やっぱりいい味だしてます!

たくさん写真を撮ったあと、エボシドリとヘラサギの広場へ。
確かにへらだ!

10
ここにもインコ類をはじめとしていろんな鳥がいたけれど、チャミミチュウハシ(オオハシよりちょい小さめ)に一目惚れ。餌(りんご)を買ってやってみました。見せるとぴょいっと腕にのってきて、意外にもくちばしは怖くはないのでした。

オニオオバスの池はあまり成長していなかったけれど、熱帯魚もいるし、葉の上に鳥ものったりしてましたね。

隣のインコの睡蓮プールのコーナーでは、ああうるさい(笑)。インコがけたたましく・・・
インコがあまりにずうずうしいので餌やりは自粛。

その次の部屋にはまたまたフクロウ。ガラスごしじゃなくて生で見られるフクロウ。

11
ウサギフクロウがかわいかったな~
12
ワライカワセミもいて、けたたましく鳴いてくれないかなと期待したのだけれど、残念。ちっちゃくケケケと鳴いただけでした・・・

13_17
なんかもう一回くらい餌をやりたいなあと思ったところがおしどりの池。
お約束通り?餌をさしだすと、手をばくっと噛む鴨たち。
はじめて見た鴨がアカハシコガモとクビワコガモ。せっかくなのではじめましての鴨に餌をやってみた。

14
対岸にはペンギンもいたけれど、ほぼ全員寝ていて、泳いでいるのは一羽のみ。

15
そろそろ暖まったところで、また屋外エリアへ。
エミューである。富士花鳥園では餌をやったのでこちらでも思ったのだが・・・
繁殖期はあまり食べないということであきらめる。距離が近い、近い。おとなしいんですけれどね。

白鳥の池で白鳥やら鴨やら雁やらを見て終了。
お土産やを物色していたら、そこにもフクロウが。
いや~、フクロウ充実してますね。
おすすめです!

さて1時近く。
昼食は、静岡のハンバーグファミレスさわやかに是非ともいきたいと思っていたので、すぐ近くのお店に行ったものの・・・
店員さんに笑顔で2時間待ちですがお待ちになりますか?と言われて大ショック。
いくらなんでも待てないので、掛川市内のもう一店舗に行ってみたものの、そこでも1時間半待ち。絶望。かねてから超人気のお店と聞いていたけれど、これほど混んでいるとは・・・

しかしこの時間だと、もう結構お店は閉まっており(2時近く)どうするか悩んで、結局道の駅掛川に行ってみることに。ここも東海道歩きで寄ったところだ(おでんを食べた)。

16
なんとか席を確保。掛川名物のとろろを食べることにして、自然薯つけとろろをオーダー。
さすが!とろろおいしいですね。お茶も掛川茶で甘みがあったおいしい。

あれこれとおみやげを買い(藤枝~磐田まで)出発。

17
次の目的地はもちやという和菓子やさん。
ここは東海道を歩いた際、定休日でよれなかったお店。
十返舎一九も買ったという、振袖餅2種を購入した(翌日食べたが、甘さ控えめの上品なあんこを包んだ餅菓子でおいしかった)。

この時点で3時。
もう一カ所行きたかった御前崎の灯台に入れるか微妙な時間になってしまった・・・
すべてはさわやかのせい(笑)。

ひやひやしつつ到着。
いやしかし、下の駐車場から結構登るのだ。

18
ということで、必死に階段を上がり、最後はかなり息切れしたものの、なんとか閉館(4時)10分前に入場。これまた必死に上がって景色を堪能することができた。富士山も見えたけれど、雲がかかってしまっていた。
それよりも日の入り間近の海が光ってとてもきれいだった。
19

さて、これにて観光終了。
最後に道の駅・風のマルシェ御前埼に寄る。
是非とも亀まんじゅうを買いたくて。
大きいサイズの亀さんもいたけれど、食べるの大変そうだったのでミニサイズを購入。

相良牧之原インターから高速に入って、牧之原サービスエリアでおみやげを買い足す。
どうやら渋滞があるらしいことがわかったので、富士川サービスエリアで小腹を満たすためのお菓子を買い、さあ渋滞突入・・・
確かに渋滞はあったけれども、思ったほどでなく(進むうちにだいぶ解消した)、海老名で最後の休憩をし、無事高速を出る。

昼にハンバーグを食べられなかった恨み?で、ビックボーイにて夕食。
ワタクシはまるっと焼きトマトのチーズinハンバーグ、同居人はジャンボビッグボーイハンバーグをいただく。

実家におみやげを届けて帰宅は11時前。

今回もドライバーさん、お疲れ様でした!

今回の戦利品。
20


2018/01/06

【パリ・グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展】

art-2 【パリ・グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展】 三菱一号館美術館

1801061
上野から移動、続いて三菱一号館へ。
パリ・グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展という、全然覚えられないタイトル(笑)の展覧会を見て参りました。

三菱一号館はロートレックやヴァロットンといったコレクションが充実しており、プラスしてアムステルダムのファン・ゴッホ美術館が所蔵する19世紀末版画コレクションの一部を公開する展覧会。ゴッホ美術館、そういったコレクションもあったんですね。

はじめに:崇高(ハイ)から低俗(ロー)まで
19世紀末、版画の技術の向上とともに多くの芸術家たちが夢中となり、版画が芸術として認知されるようになると愛好家たちがコレクションするようになった。とともに、版画をはじめとしたグラフィックアートが街中のポスターや本の挿絵として使われ、広く大衆にも広まっていったのである。

第1章:庶民(ストリート)向けの版画
庶民(ストリート)向けの版画というと、宣伝の意味合いが大きいので、パッと目を惹く・・・目立つことが必要。ということで色鮮やかだったり、大胆な構図だったり、ともかく印象に残ることが重要となる。
そうした要素が全部つめこまれ、さらにそれがすばらしい芸術となっているのがロートレックの作品の数々。ミュシャと双璧ではないだろうか。
大胆な色使いと大胆な構図で、一度見ると忘れられないポスター。コレクションしたくなる気持ちがわかりますね。
一室のみ、撮影可だったのでバシバシ撮してしまいました。

1801062180106318010641801065
しかし、ロートレックの女性像は少し毒があるというか、若干悪意を感じるんですね。デフォルメしすぎというか・・・
描かれた女性たちはどう思ったのか・・・

18010661801067
撮影可の作品はどれも有名だけれども、ワタクシが好きなのはブリュアンを描いたもの。

1801068
ロートレックではないけれど、スタンランのシャ・ノワールのポスターも大好き。
そのほかでは、ボナールのシャンパンのポスターもよかった。
好きな画家ドニもいい。

第2章:知的階層(エリート)向けの版画
知的階層(エリート)向けの版画は、富裕層がプライベートで楽しむもの・・・
ということでサイズが小さいものが多いのだが、時には意味深な、エロティックなものもあったりした。
その代表がヴァロットンで、今回はアンティミテが数点展示されていた。これはどういう場面だろうと一瞬考えてしまったりするのだが、ヴァロットン、黒の使い方が抜群なんですね。
ちょっとヴァロットンと似た印象を持ったのが、ラブルール。ヴァロットンとともに同じ師の元で学んだということで、ユーモアのセンスも似ていると感じた。他にも見てみたいものだ。
エッフェル塔三十六景で知られるアンリ・リヴィエールの「星への歩み」のポストカードもすてきだった。淡い色彩の中にぼんやりと浮かぶ風景が美しい。
ナビ派関連では、ドニ>ボナール>ヴィヤールなのだけど、やはりポスターやリトグラフでもその順位はかわらず。ただ、ボナールも結構いいかもと今回思いましたね。構図・・・対象の切り取り方がもっとも浮世絵的かも。
ドニは作品に暖かみがあるのがよいです。
ゴッホ美術館の浮世絵コレクションもいくつか来ていたけれど、これゴッホが実際に持っていたものなんですね。とてもよい保存状態。つくづくゴッホは浮世絵が大好きで大きな影響を受けたのだなと。

ロートレックにとどまらない展覧会。あと数日ですが是非どうぞ。

2018/01/05

上野: こて吉 上野の森さくらテラス店

2日、トーハクで展覧会を見たあとの昼食。

この日は、どうしてもお好み焼きが食べたくて・・・
最近家でもずっと作っていないし、外でも食べていなかったので、急に食べたくなったんである(今調べたら、2016年5月に山芋焼き、お好み焼きだと2016年お正月にみなとみらいでホイッスラー展見た後に食べたのが最後!)。

1801051
迷わずさくらテラスに向かったのだが、人があふれている!
いや~どうしよう・・・
入れるだろうかとお店に行ってみたら・・・
あっさり入れました。ラッキー!

ワタクシは初志貫徹お好み焼きにすることにし、同居人は+麺でモダン焼きをオーダー。
このお店は全部焼いて持ってきてくれるらしい。
お店の方に焼いてもらった方が絶対うまく焼けるし、焼き方にこだわりがあるわけでもないのでもちろんOK。
15分くらいして到着。

1801052
ワタクシのお好み焼きMIX(豚、いか、海老)。
なんかおしゃれな感じ。ふっくらおいしい!
あ、写真はかつおぶしと青のりをかける前に撮ってしまいました・・・
ソースが少なめのところにはソースを追加して、あっという間にぺろり。

1801053
同居人のモダン焼きMIX。
こちらから手をのばして、麺を少しとっちゃいました(笑)

久々のお好み焼きを堪能しましたね。
今度はアボカドとかトマトとか変わり種にチャレンジ???

東京都台東区上野公園1-54 上野の森さくらテラス 2F

2018/01/04

【博物館に初もうで展】

art-1 【博物館に初もうで展】 東京国立博物館

1801031
今年も行って参りました!
博物館に初もうで展~犬と迎える新年~、毎年やっている展覧会だが、ワタクシが行くのは2回目。チラシの子犬がかわいらしくて、これは行かねばと。

階段を上がっていくと、カレンダー付きワークシートを配っていていただく(ただし、持って帰るのは大変だった・・・)。
これは昨日今日限定のプレゼントらしい。

1801032
そのカレンダーの絵が、円山応挙「朝顔狗子図杉戸」。かわいいなあ。
この後、狗子図が続くが、みんな応挙の影響を受けているのですね。
と思うと、酒井抱一の「洋犬図絵馬」(撮影禁止)は、この時代いたんだろうか?という洋犬。凜々しい。

1801033
こんな柄の犬もいたかな?というのが礒田湖龍斎「水仙に群狗」。百一匹わんちゃんみたい(笑)。

1801034
意外なのが広重の「薔薇に狗子」。こんな画も描いていたんですねぇ。

1801035
これはいいな、やっぱり。というのが竹内栖鳳の「土筆に犬」。栖鳳の動物の絵は大好き。

1801036
水滴がたくさん並んでいたけれど、ん?豚?というのもあったり(笑)。

置物もいろいろあったけれど・・・

18010371801038
緑釉犬のとぼけた雰囲気(魔物を追い払うとしてお墓に納められたものだが)、染付子犬形香炉のきょとんとした顔がいいですね。

中国の山水画部門に移ると・・・

んん?
どこに犬が?という画ばかり(笑)。
確かにちっちゃくどこかに犬がいるのだが・・・
フツーに山水画として鑑賞致しました。

そして、浮世絵部門。

1801039
思いつくのはやはりこれ!
広重の江戸東京百景の中でも、好きな作品の一つ(ネコのも好き)。

18010310
歌麿、春信、そして、最近展覧会を見てきた菊川英山もあった。

18010311
常設展示も全部ではないけれどざざっと見て・・・
その中にあった犬張子がちょっと怖かった(笑)

来年も行こう!

2018/01/03

チーズ福袋(2018年)

1801041
我が家にとって福袋といえば、チーズ福袋!
今年も吉祥寺のチーズ王国で購入。

そしてやはり大好きなモンドールが入っているものを買うのです・・・

入っていたのは、
1.モンドールA.O.C(フランス)
2.フロマジェダフィノワ(フランス)
3.フレッシュクリームチーズ ハニーアップル&カルヴァドス(日本)

ここまでは去年のと同じ。

もう一つは
4.アルビノミニ(スペイン)
ん?見た目、なんか紫?ワイン色?
と思ったら、赤ワインに2日間つけ込んでから熟成させるセミハードチーズとのこと。
ワインに絶対あいますね!

今年も楽しみです。

2018/01/02

吉祥寺:アムリタ食堂

吉祥寺でいろいろと買い物&東急百貨店で岩合光昭のいぬの写真展鑑賞。
秋田犬、甲斐犬、紀州犬、北海道犬などなど。
子犬がかわいいなあ。

1801021
買い物を半分終えたところで、お昼の時間になり、タイ料理のお店、アムリタ食堂に行ってみることにした。
なぜエスニック??
かというと、昨日、孤独のグルメseason6の再放送を見ていたら、ミャンマー料理のお店をやっていて、ちょっと違うけれどなんかエスニックなものが食べたくなったんである。

テラス席(といっても覆われてはいるし、ストーブもある)の方がゆったり座れそうだったので、寒いかもとは思ったがテラス席にした。結果的にはまったく寒いということはなく快適。

タイ料理というと、ついついパッタイかガパオライスを選んでしまうので・・・
今日は別のものをチョイス。

1801022
ワタクシはお米めんの屋台汁めん・豚(M)を。
あっさりしているので、ご自分で調味料を足して下さいとのことで、まずはナンプラー、続いて乾燥唐辛子、そして砂糖(!)、最後に唐辛子酢を加える。
ナンプラーで香りがつき、乾燥唐辛子を入れると一気に辛くなります。砂糖でちょいマイルドになり、唐辛子酢でアクセント。
1801024

1801023
同居人はお米めんの屋台汁無しめん・豚(M)を。
あ、これはパッタイの炒めない版ってとこですね。

どちらもおいしゅうございました。
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-17-12 1F

2018/01/01

明けましておめでとうございます

1801011

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

代わり映えのしない元旦でして・・・
お雑煮→井の頭弁財天へ初詣→ファーストフードのコース。

今年の井の頭公園の鳥は、キンクロハジロ、カルガモの他・・・

1801012
オオバン。

1801013
去年は姿を見ることができなかったカイツブリ。

1801014
白サギと五位鷺。

1801015
カワウ。

なんと!ボートが1艘もない!
と思ったら、かいぼりのため、陸にあげられていました。何年か前にもありました。

1801016
そして、前と同じ場所で発見!

1801017
よかった、眉毛スワンもいました~
見つかるとほっとする(笑)

1801018
今年のファーストフードはロッテリア。20年以上食べたことなかったような?
絶品チーズバーガーのセット。飲み物はジンジャーエールにしました。

1801019
今年の日めくりカレンダーは、ももクロと・・・

18010110
大江戸味ごよみ。

例年、元日の夜はウィーンフィルニューイヤーコンサートを聴きながらゆっくりするのですが、今回は吉田類の酒場放浪記スペシャルの放映があり、東海道呑み歩きなのでこちらが優先!
酒場放浪記が始まったら、チャンネルを切り替えます。


« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon