« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018/07/31

「頭上の敵機」

本日の映画

頭上の敵機 [Blu-ray]
movie-19 「頭上の敵機」  Twelve O'clock High 1949年米

DIR:ヘンリー・キング
CAST:グレゴリー・ペック、ディーン・ジャガー、ヒュー・マーロウ、ゲイリー・メリル
STORY:第二次世界大戦下、ドイツ本土爆撃を行う爆撃隊に赴任してきた鬼准将。彼の強引なやり方に部下たちは不満を抱くが、やがて強い連帯感が生まれる。

☆☆☆☆D・ジャガーがアカデミー助演男優賞を受賞。

てっきり、勇ましい戦争映画かと思いきや・・・
確かにそういう場面もあるにはあるけれど、人間ドラマと言った方がよい映画だった。ということで、戦争映画が苦手なワタクシでもおもしろく(といったら語弊があるが)見ることができたのだった。

前任者が部下に甘いために、士気が上がらず、帰還率が低いと考えたサベージ准将(ペック)が自ら指揮官になることを志願するもの、あまりに厳しすぎたため、反感を買い、全員が転属願いを出す事態となる。
しかし、自らも爆撃に参加、次第に部下たちの信頼も回復して、さらなる作戦を遂行しようとするものの・・・

准将は、部下を思う気持ちと、厳格に接しなければという思い、さらに己にも厳しい性格が災いして、精神的に追い詰められ、飛行機に乗ることができなくなってしまうのだ。

この心の葛藤が見ていて辛いものがあるのだが、G・ペックの演技がすばらしい。
元々、ペックはどちらかというと大根(失礼!)のイメージなのだけど、この役は素晴らしかった。指揮官の苦悩がヒシヒシと伝わってくる。

純粋に戦争映画といえるかどうかわからないけれど、こうした戦争映画ならばOKです。

2018/07/30

ケイト・ミルフォード『雪の夜は小さなホテルで謎解きを』

本日の本

雪の夜は小さなホテルで謎解きを (創元推理文庫)
book-11 『雪の夜は小さなホテルで謎解きを』  ケイト・ミルフォード著  創元推理文庫

STORY:冬は雪に閉ざされほとんどお客のこない小さなホテルに、5人の奇妙な客たちが訪れる。ホテルを経営する夫妻の子マイロは古い海図を拾い、宿泊客たちの目的を探ろうとするが・・・

☆☆☆ハートウォーミングなミステリ。

クリスマスが舞台なのでホントはその時期に読むと雰囲気が出るんでしょうけど・・・なぜかこの超暑い時に読むことに(笑)

閑散期のはずのホテルに5人もの宿泊客・・・それも個性的な面々(赤い髪だったり緑の髪だったり、靴下がカラフルだったりとか)が何か秘密ありげにやってくるのがオープニング。

少年マイロが、料理人の娘メディを相棒に謎を解き明かしていく・・・
というお話なのだけど、はじめはちょっと展開がゆるくて、なかなか読み進めなかった。
が、消えた宿泊客たちのもの(時計やバッグ、手帳など)をマイロたちが見つけ、そのものにまつわる秘密が明らかになる従って、どんどんおもしろくなり、後半は一気に読んだ。

すべてはこのホテルの秘密ともつながっていくわけだけど、最大の秘密は・・・
なんとね~
ネタばらしされると、ああそういうことかと合点がいくのだけど、こうくるとはね。

いやでも、クリスマスに読んだらぴったりだろうなあという心温まるお話。
誰も死なないし(笑)。
やっぱり、読む時期を誤った(笑)。

2018/07/29

キリン 濃いのどごし〈生〉

1807291
セブン&アイホールディングス限定の新ジャンル。

注いでみると、かなり濃い色。
けれど、飲んでみると、確かに濃さは感じるものの、ただ度数をあげただけという感じ。
かつ、ちょっとエグミが出てしまってるような?

やっぱりアルコール度数を高くするだけというのはやめた方がいいと思うんだけどなあ。


WIND VALLEY BREWERY 伊豆エール

1807281
伊豆みやげにいただいたビール。
前に酪農王国オラッチェに寄ったことがあるけれど、そこのビール工房が出してるビールらしいですね。

イギリス産のモルトとホップを使用したエール。
注いでみると、ほんのりホップの香り。
飲んでみると、そんなにしっかりめの味ではなくて、さわやかなエール。
でもじっくり飲むのに適してますね。ごくごく飲んじゃもったいないです。

2018/07/27

聖泉 純米無濾過生原酒

1807271
千葉バス旅行みやげにいただいた日本酒。
千葉県産のふさこがねと総の舞というお米で造った純米酒。

注いでみると、やや黄みがかった色。無濾過ですからね。
飲んで見ると、さすが!強いなあ。原酒ですからね。
ちょっとピリピリした感じもあって、ゆっくりじっくり飲むのに適したお酒。これ、クイクイ飲んじゃったら危険ですね。
しっかりとした味付けの料理にぴったり。

2018/07/26

「ワールド・オブ・ライズ」

本日の映画

ワールド・オブ・ライズ(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]
movie-18 「ワールド・オブ・ライズ」 Body Of Lies 2008年米

DIR:リドリー・スコット
CAST:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック
STORY:危険な任務を遂行するCIAエージェントのフェリスと安全な場所から指示を送る上司のホフマン。まったくそりのあわない二人だが、国際的テロリストのリーダーをとらえるべく、任務にあたるが・・・

☆☆☆中東を舞台にしたサスペンスアクション。

中東問題って難しくて・・・
自分が不勉強なわけだけど、理解しづらいことがいろいろあって、映画を見ていても?マークが何度も頭をよぎる。

とはいえ、さすがR・スコット監督。ちゃんと娯楽映画に仕立て上げている。
それに、レオ君とR・クロウという2大スターを使って、2人の魅力で魅せるので、それほど眉根をひそめずに見ることができた。

レオ君=フェリスの方は現場一筋で、有能なエージェントではあるが、感受性が強いというか、非情に徹することができず、それが危機を招くことも・・・
一方のクロウ=ホフマンは、自分で汚い仕事は一切せず、電話一本で人を動かし、平気で嘘をつき、味方を売ることもある非情な人物。嫌みったらしく演じて、うまい。
こういう瞞し瞞されの世界には、ホフマンみたいな人物がうってつけで、必要な人物なんだろうけれど、部下のフェリスがかわいそう・・・

フェリスは拉致され、拷問され、間一髪・・・
ここで、誰が一番たぬきだったかが判明するのだが、なるほどね~
意外におもしろかったねと思ったところで映画終了。

でも、フェリスのロマンスはちょっと余計じゃなかったかな~

2018/07/25

丹沢山 吟醸造り純米酒

1807251
神奈川、丹沢のお酒。
丹沢の水で仕込まれ、足柄のお米(若水というお米らしい)を使った日本酒である。

ほんのちょっと甘みのある、でもさらっとしたお酒。飲みやすい。
常温で飲んだけれど、冷やした方がよかったかもしれない。
何にでもあいそうなお酒です。

2018/07/24

「華麗なる激情」

本日の映画

華麗なる激情 [DVD]
movie-17 「華麗なる激情」  The Agony And The Ecstasy 1964年米

DIR:キャロル・リード
CAST:チャールトン・ヘストン、レックス・ハリソン、ダイアン・シレント、ハリー・アンドリュース
STORY:ユリウス2世にシスティーナ礼拝堂の天井画を描くことを命じられたミケランジェロだが、自分は彫刻家であることを自負しており断る。しかし、結局は描かかざるをえず・・・

☆☆☆☆ミケランジェロの天地創造をテーマにした映画。

前々から見たいと思っていた映画をようやく見ることができた。
ちょうど「ミケランジェロと理想の身体展」を見にいったつながりで!

彫刻家としてのプライドを持っていたミケランジェロが、画家としての仕事をさせられる苦悩。
いやでも、結果的に、天地創造は大傑作になったわけだから、ユリウス2世は見る目があったのだと思う。

はじめ、ユリウス2世は12使徒を描くことを命じるのだが、ミケランジェロは天地創造を描くことにし、しかもなんと4年もかけてほぼ一人で描き続ける。無理な姿勢で描いて、腰や首が曲がったとしても・・・
ミケランジェロの意地なのか・・・

ユリウス2世は早く完成させろと毎日のようにせっつき、しかし、ミケランジェロは頑固で、納得のいかない仕事はできないと突っぱねる。

このやりとりが傑作を完成させたとも言えそうだが、2人の対立してると思わせて、最終的には友情が感じられるというところがいいですね。
結局は、ユリウス2世はミケランジェロの一番の理解者だったのだろう。

C・ヘストンのミケランジェロも見た目は全然似てないもののよかったが、やはり、タヌキのユリウス2世を演じたR・ハリソンには負けてましたね。

人間ドラマとしておもしろい映画でした。

2018/07/23

サントリー 海の向こうのビアレシピ 柑橘の香りの爽やかビール

1807231
最近ビールの仲間入りすることになったビール。
このシリーズ、4月に2製品出たけれど、こちらはコンビニ限定発売。

注いでみると、かなり薄い色。
飲んでみると、レモンのような柑橘系の香りがふわり。
そして、苦みもそれなりだけれど、飲み口は軽くてさわやか系。
これは海辺でお昼飲む感じかな。

てっきり、缶のデザインからもレモンとかライムの果汁が入ってるのかと思いきや、そうではないらしく、ホップの香りなんでしょうかね。

このシリーズの中では一番いいです。

2018/07/22

上野:梅蘭 上野店

国立西洋美術館に行った後の昼食です。
いやはや、毎度同じことを書いてるけれど、上野で昼ご飯を食べるのは大変!
今回もやってきたのはさくらテラス。

1807221
どこも混んでいて、梅蘭ならばわりとすぐに座れそうだったので入店。

梅蘭といえば、梅蘭焼きそば!
だけれど、たまには別のものを食べてみよう。
ということで悩む。
結局頼んだのは・・・

1807222
ワタクシの牛バラ肉そば。
八角が効いてますね。ホロホロ肉がたくさん入っている。
とろみがあるので結構熱い。

1807223
同居人の酸辣湯麺。
それほど辛くはないかなと思ったけれど、あとからじわじわくる。夏はこういうすっぱ辛いもの、いいですね。

東京都台東区上野公園1-54 上野の森さくらテラス3F

2018/07/21

【ミケランジェロと理想の身体展】

art-18 【ミケランジェロと理想の身体展】 国立西洋美術館

1807211
この日(日曜日)、ホントは上野の森美術館でやっている「エッシャー展」を見に行こうと出かけたのだが・・・
なんと2時間待ち!こんな暑い中とてもそれだけの時間待つ気力はなく、あっさり予定変更。
朝、日曜美術館で見たばかりの【ミケランジェロと理想の身体展】に行くことにした。

ミケランジェロの彫刻2点を中心として、ギリシャ・ローマ彫刻からルネサンス期の彫刻、そしてミケランジェロ後まで70点。

Ⅰ 人間の時代-美の規範、古代からルネサンスへ
1 子どもと青年の美
古代の彫刻から。
「プットーとガチョウ」むぎゅっとガチョウを押さえつける子どもがかわいい。ぷくぷくな感じが・・・
対して、「蛇を絞め殺す幼児ヘラクレス」は、ヘラクレスがおじさん(笑)
。そして、なぜか髪が螺髪。インパクトありすぎな彫刻だ。
ま、よくキリストがおじさんすぎることはありますけどね。
スケッジャの「スザンナ伝」は、処刑されそうになるスザンナと、その後ダニエルの告発により長老たちが処刑される場面を描いている。だいたい、水浴の場面が描かれることが多いのだが、この場面が描かれることもなくはないですね。
「アキレウスとケイロン」はポンペイ郊外のエルコラーノの邸宅にあった壁画とのこと。ポンペイ同様、火山の噴火で埋没してるんですね。かなりいい状態で残っている。

2 顔の完成
バッカスの頭部が2点。
あまりバッカスっぽくない。フツーの青年に見える。

3 アスリートと戦士
アスリート、戦士なので筋骨隆々だったりするが。一番気に入ったのは小さな「レスラー」。動きがよくとらえられている。

4神々と英雄
アスリートと戦士のコーナーにあった「アメルングの運動選手」もコントラポストという片足に重心をかけた形だったが、「ヘラクレス」もそう。バランスがいいんですね、この形。
そのほか、ヘラクレスは何点もあって、好まれた題材だったのだなあと思う。
ここにもまたエルコラーノの壁画があって素晴らしい。もっと現存しているならば他のも見てみたい。

Ⅱ ミケランジェロと男性美の理想
今回のメイン、ミケランジェロ作品2点である。
1つは「若き洗礼者ヨハネ」。ミケランジェロ20歳の時の作品。
スペイン内戦で破壊され、残された14のかけら(40%あまり)から近年復元されたもの。焦げてしまった頭が痛々しい。
残されていた部分と新しく創った部分は明らかに違い、やはりというべきかミケランジェロの部分が素晴らしい。細かな彫りが違うんですね。
もう1つは「ダヴィデ=アポロ」。
ダヴィデなのかアポロなのか、未完のため謎の作品。
中性的なような気もするし、たくましさもあるような気もするし。角度によって見え方が違う。
顔だちからダヴィデかなとはじめは思ったのだけど、腕をのばしている様子は、アポロが矢筒から矢を取り出しているようにも見える。

この2点の関連として、ヨハネ、ダヴィデ、アポロをテーマにした作品が何点もあった。
ベネデット・ダ・ロヴェッツアーノの「若き洗礼者ヨハネ」は、かつてはミケランジェロ作と考えられていた作品。優美な彫刻だ。

1807212
ヴィンチェンツォ・デ・ロッシ「ラオコーン」はこの展覧会で唯一撮影可能な作品。
1506年、古代彫刻の傑作ラオコーンが発見された際、ミケランジェロも立ち会ったという。本物はヴァチカン美術館にあるが、こちらはコピー作品で、オリジナルとはだいぶ違う。
本物の方が、蛇に絞め殺されるラオコーンと二人の息子の表情が見事に表現されていると思う。

Ⅲ 伝説上のミケランジェロ
ミケランジェロの肖像画、メダルなど。
だいたい偏屈そうに描かれてるな(笑)。

世界に約40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻のうち2点がきていますので、是非どうぞ。

ショップで買った、公式キャラ、ミケにゃんの手ぬぐい。
1807213

2018/07/20

サントリー 贅沢LAGER 琥珀のキレ

1807201
ファミマ限定のビール。

最近度数の強い新ジャンルがたくさん発売されているので、これもそうかと思ったらビールでしたね。

注いでみると、琥珀色というよりはもうちょっと暗い感じ。
飲んでみると、ちょい柑橘系っぽい香りと味。
と思ったら、コリアンダーシードが入ってるんですね。以前ならビールの範疇に入らなかったビールなのか。
柑橘系の後に、やや焦げ味がくる。と同時にアルコール感も。

悪くはないけれど、度数を高くする必要あるのかなあ。

2018/07/19

東海道五十三次歩き(第26回) 益生~四日市宿~南日永4

(3より続き)

1_3
三滝川を渡った先に、笹井屋本店。1550年創業という。
四日市駅で歩くのを終了するならば買ってもよかったのだが、結局さらに先まで歩くことにしたので、なが餅は買えず。ホントに残念だ。冬だったら買えたのにねぇ・・・

そしてこのあたりから四日市宿に入る。
東海道で5番目に大きな宿だったそうだが、今はほとんど面影は残っていない。
標柱や解説もなし。
陣屋跡(四日市は天領だったので陣屋があった)のみ小学校のところに解説板があったようだが、うっかりとばしてしまった。残念。

2_3
新しいマンホール発見。
上には四日市港の石油コンビナートと姉妹都市ロングビーチ(アメリカ)のスプルース・グース・ドーム、下には姉妹都市シドニーのコアラと天津のパンダが描かれている。

3_3

4_3
その先に「すぐ江戸道」「すぐ京いせ道」と書かれた道標があった。
しかし・・・これは裏面も撮影すべきだったのだ!
指のマークで方向をしめしているらしい。
ということは事前に読んでいたもののうっかり忘れる。残念。これもすべて暑さのせい・・・ということにしておこう(笑)。

従来の道はここで途切れてしまっているので、少々迂回。国道1号線を渡った先でまたつながる。

5_3
そこにあるのが諏訪神社。信州の諏訪神社から勧請されたが、空襲で焼け再建されたそうだ。
鳥居は青銅製だ。

6_3
新しい御神馬。

7_3
諏訪神社を出るとアーケードに入る。
東海道がアーケードというのは、はじめてかな。そしてここだけなんだろうか。
ちょうど、七夕の飾りつけがされていた。

8_3
アーケードの中の消火栓。これも広重の絵ですね。

10_3
モザイクもあった。

9_3
そして、サルビアのマンホールも。
サルビアは四日市市の花だそうだ。昭和47年に市民アンケートによって選ばれた花だそう。

11_4
そして、大入道がおいてある。
うーん、なんか怖いな、かわいくないな(笑)
その前にあった四日市のマスコットキャラ、こにゅうどうくんの方がかわいい。

アーケードを抜けると直進はできないので、いったん国道1号線に出て渡る。

12_3
と、こにゅうどうくんの自販機が!うん、やっぱりこにゅうどうくんの方がかわいいな。

13_3
旧道に入ってすぐのところに、崇顕寺。
ここは作家丹羽文雄の生家とのことで、誕生地之碑があった。

当初の予定ではこの近くのミニストップで休憩しようと思っていたのだが、夕方近くなってかなり楽になってきたので、そのまま進む。
とはいっても、暑いことには変わりなく、ちょっと遠い寄り道はパスすることにして、鵜森神社には行かないことにした。

14_3
このあたりは古い街並みが残っていて、連子格子の家も発見。

15_3
近鉄の線路を越え、あすなろう鉄道赤堀駅を過ぎ、鹿化川を渡る。
山並みがいい。

渡った先が立場で、そもそもなが餅はこのあたりで売られていたらしい。

16_3
大宮神明社。6月30日に行われる茅の輪くぐりが有名とのことだが、今は静かだ。

17_3
水沢道標。今から約200年ほど前に大坂の古銭収集家の河村羽積という人が東海道から水沢道が分かれる角に立てたのがこの道標とのことだ。

そろそろ帰らねばということで、あすなろう鉄道の時刻表を確認。もう少し先に行けそうだということでさらに進む。

このあたりは日永地区で、団扇や足袋が有名らしい。間の宿だったようだ。

18_3
大聖院、興正寺などを通り過ぎて、両聖寺。日永つんつく踊りで有名とのこと。
滝川一益(急にこの名前を見ることが多くなった)が水害に苦しむ農民のために堤防を築いた、その地固めの歌という説があるらしい。

19_3
最後に寄ったのが日永神社。

20_3
拝殿右に建つ道標は、元々は追分の神宮遙拝鳥居のところにあったそうで、東海道最古の道標とのこと。文字は判別しにくい。

ここで時間切れ。
南日永駅に向かう。

ここは無人駅。四日市までの切符(200円)を買う。

ちょうど、この先にある日永郷土資料館におつとめという男性に出会い、いろいろとお話を伺う。次回、この資料館に寄りたいところだが、平日は水曜日しかあいていないようで無理だなあ。残念。

21_2
そうこうしているうちに電車が到着し、乗り込む。
この電車、是非乗ってみたかったんですね。日本に3つしかないナローゲージ鉄道の一つ。黒部鉄道も乗ったし、これにも乗ったし、あとはこの日通り過ぎてきた三岐鉄道も是非制覇したい。

22_3
乗ってみると、やはり狭いですね。座席が左右1つずつしかないのだ。

四日市に出て、近鉄に乗り換え名古屋へ。
約40分後くらいの新幹線の並びの切符がとれたので、今回は駅弁にすることにした。お土産も買い、新幹線に乗り込む。

23_3
駅弁はなごや満載。
名古屋コーチンの鶏飯、天むす、あんかけパスタ、みそかつ、エビフライなど名物がたくさん入っている(あんかけパスタはちょい微妙・・・)。
そして、ビールがおいしいこと!暑かったから。

東京駅には8時半頃到着、帰宅は9時半すぎだった。

暑い中よく歩きました!
約43500歩。

このあと少しお休みして、次回は9月の予定です。
(完)


マップはこちらを使っています。
 ↓ ↓ ↓
ホントに歩く東海道 第12集 桑名~庄野(井田川)(ウォークマップ)

2018/07/18

東海道五十三次歩き(第26回) 益生~四日市宿~南日永3

(2より続き)

1_2
1839年の常夜燈を過ぎ、薬師寺を通り過ぎる。
このお寺の仏は弘法大師が彫った薬師如来とのことだが、秘仏で公開されていない。

2_2
常照寺で見るべきものは鐘楼の鐘。
昭和27年、四日市大博覧会で平和の鐘として展示されたものとのことだ。

お寺を出るとおや?

3_2
また力石が見える。
120キロのものと19キロのものと。19キロのは子供用?これならまあ持ち上がりますね。
新設用水道碑もあった。

ここでちょっと寄り道。

4_2
たくさんの灯籠(時代もいろいろ)のある茂福(もぶく)神社。

5_2
さらに先に茂福城址。
こんもりとした小さな山が。城郭の一部と思われる。

最後の城主茂福掃部輔盈豊は、信長の武将滝川一益に誘い出され殺され、城も攻め落とされたという。

6_2
近鉄の線路のすぐ脇にあって、ちょうど電車が通っていった。

東海道に戻る。
まだまだ太陽がギラギラしていて暑い。凍った飲み物を買うべく、国道沿いのローソンに行ってみたのだが、なんと売っていない!仕方なくもう少し先のセブンイレブンに期待することにしてトボトボ進む。

7_2
八幡常夜燈。
三重県に入ってから、大きな常夜燈をよく見る。

8_2
少し先にかわらずの松。
昔のまま姿がかわらない・・・というのではなくて、このあたりの地域が川原須(かわらず)と呼ばれていたから、らしい。
四日市で松が残っているのは、ここと日永地区だけとのことだ(次回歩くことになりますね)。

この松のところを右折、セブンイレブンに寄る。
おお!ここには凍らせた飲み物が売っていた!
椅子もあったので、少々休憩。ただ、飲み物はなかなか溶けず、全然クールダウンできないのでアイス最中(濃い抹茶もなか)も買って食べる。
やはり、暑い日はしばしばクールダウンしないと危険だ。

再び歩き始める。

9_2
志氐神社の社標が見えてきた。

10_2
常夜燈の脇に大きな石があるが・・・

11_3
これは向かいにある石で一対となっている。妋石(夫婦石)である。
志氐神社にはイザナギ・イザナミの夫婦の神様が祀られていて、縁結び・夫婦円満のご神徳があり、東海道を行き交う旅人はこの一対の石をなでて願いを込めたそうだ。
ちなみに、志氐とは御弊(お祓いのための道具)とのこと。街道からはちょっと距離があるので今回はカットした。

12_2
このあたり古い家がところどころ残る。

13_2
光明寺。

14_2
山門前には八十宮御遺蹟の碑がある。
霊元上皇の第14皇女八十宮吉子内親王は第7代将軍家継に嫁いだが、家継死後仏門に入り、その宮付に光明寺第5世俊応の妹つねが召された、とのことだ。

ということで、この塀は五本線の筋塀なのかな?

やがて東海道は国道1号線に合流する。毎回、どこかで国道に合流しちゃうんですよね・・・途端にテンションが下がるが、今回は距離が短くてうれしい。

15_2

16_2
「右 四日市 左 桑名」と書かれた道標を通り過ぎた先に、四日市のマンホール。
広重の四日市宿のデザインだ。

なが餅で有名な笹井屋の支店をうらしめしい目で見ながら(笑)、通り過ぎる。
さすがにこの暑さ(最高気温は33度を超えていた)では持って歩けない。

17_2
三元大師の道標、多度神社を通り、三ツ谷一里塚跡に到着。99里目だ。
昭和20年代海蔵川の拡幅でなくなってしまったらしい。

公園になっていたので、一休みすることにする。

18_2
試しにもってきたヒヤロンを使おうとしたのだが・・・
なぜかなかなか冷たくならない。もしかして、不良品だったのかな~
今度また試してみねば!

しかし、ゆっくり休んでいるうちに、日が陰り、だいぶ涼しくなってきて(それでも暑いが)やっと歩くのが楽になってきた。途端に元気がでる。

旧道は川で途切れてしまっているので、いったん国道1号線に出て渡る。
渡って左折、再び旧道へ。

四日市はさすが萬古焼のふるさと、陶器工場が多い。

19_2
このかけらは、どうなるのかな?

20_2
宝来軒というお菓子やさんの店先に首の長いおばけ?の看板が。
この先の諏訪神社の例大祭に登場する日本一大きなからくり人形である大入道らしい。町に出没するタヌキの悪事に困りはてた人びとが、すごみのきく大きな大入道を作り、タヌキを退散させたとも言われている。

三滝川を三滝橋で渡る。
広重の四日市の画には「三重川」が描かれているが、これは三滝川のことらしい。

22_2
今は河口にはコンビナートが見える。

23_2
逆方向にカメラを向けると山並みが。

(4へ続く)

マップはこちらを使っています。
 ↓ ↓ ↓
ホントに歩く東海道 第12集 桑名~庄野(井田川)(ウォークマップ)

2018/07/17

東海道五十三次歩き(第26回) 益生~四日市宿~南日永2

(1より続き)

西光寺の先で東海道は左→右と曲がる。
このあたりはタオル工場が多い。

1

2
とともに、田んぼが続いている。鷺が見えた。

3
桜並木も続く。春はきれいでしょうね。

4
桜並木を抜けたところで、大きな常夜燈が見えてきた。
多賀神社常夜燈である。1864年のもの。
昭和46年に街道からちょっと入った場所に移されたという。
多賀神社とは滋賀県の多賀町にある長寿と厄除け、縁結びの神社で、昔はこの神社にお参りする人も多かったらしい。

伊勢湾岸自動車道の高架をくぐって朝明川を渡ると、いよいよ四日市市に入ってきた(朝日町の区間は短かった)。

5

6
渡った先のポケットパークにはひまわりが。
ふーん、もう満開なんですね。

7
力石もあった。この後も力石は見ることになる・・・
ここの力石は、茶店の主が残したものとのことだ。

8
四日市市に入ると、このような看板が随所にあり・・・

9
民家の塀にもたくさん道標があって、これなら絶対に迷いませんね。
四日市は親切だなあ。

立場跡はうっかり通り過ぎてしまい、蓮證寺に到着してしまった。
いつもなら戻ったかもしれないけれど、この日は暑く戻る気力がない(笑)。

10
梵鐘と山門が立派だったが、わりと最近再建されたもののようだ。

11

12
長明寺。このお寺の山門も桑名城から移築されたものとのこと。
蒔田相模守宗勝が居城した蒔田城址と言われるが、確かに築塀とお堀があるんですね。

13
そして、鯉が泳いでいる!

このあたりは、麺工場も並んでいるのだが、手延べそうめんの産地とのことである。
鈴鹿おろしが麺を乾燥させるのによいし、ミネラル豊富な朝明川の水もよいらしい。。

14

15
三岐鉄道三岐線とJR関西本線をくぐった先に、冨田の一里塚址。
98里目。

16
八幡神社。
元々あった八幡神社が明治42年鳥出神社(今回は行かなかった)に合祀されて八幡神社址の石碑が建立されたとのこと。その後現在の社殿が再建された。

17
ここにも力石が。ポケットパークにあったのと同じく100キログラムあるようだ。

18
すぐ先に行啓記念道路碑がある。
と聞くとまた明治天皇かなどと思ってしまうが(笑)、これは大正天皇のもの。
大正天皇が皇太子時代に現四日市高校に立ち寄られて授業参観されたことを記念した碑だそうだ。

そろそろお昼。
JRの富田駅の北口のイオン(イオンって元々四日市が発祥だったんですね。知らなかった)に向かったのだが、どうやって北口に行くんだ?

19
と思ったら、駅が無人駅なので、そのまま通れるということだった(人に聞いてわかった)。

はじめは曇っていてまだよかったのだが、昼に近づいた頃には太陽がギラギラと照りつけていて、アチアチ。
イオンに着いた時には顔が真っ赤っかに。
もうちょっと頻繁にシャツクールとひんやりUVガードをかければよかったかも・・・

昼食はイオンモールの中の柿安ミートエクスプレスの四日市名物とんてき丼(ご飯少なめ)。
できあがるまでに水を立て続けに3杯も飲んでしまう。とにかくクールダウンしないと!

20
とんてき丼は、薄めのお肉で食べやすいタイプ。丼にするなら分厚くないほうがいいかも?
キャベツと卵ものっている。

結局、水は5杯も飲んでしまったが、これでようやく顔が赤いのもフツーに戻ったのだった。
ゆっくり休んだところで(やはり暑い時は休養をたくさんとらないとダメですね)、出発。

東海道に戻り、道は直角に曲がる。

21
背の低い道標があり、「大矢治・・・なんとか」と書いてある。これは服部泰次郎という人が建てたものとのこと。米穀商として成功したこの人、若い頃行商をしていて道がわからず苦労したことから千基以上もこうした道標を建てたとのことだ。

22
道路元標を通り過ぎ、富田小学校の校庭にある明治天皇御駐輦跡碑を見る。4回もこのあたりで休まれたらしい。
近衛文麿の筆によるものとのこと。

十四川を渡る。

23
この堤の両岸1.2キロにわたってソメイヨシノが約800本植えられているそうで、きっと見事でしょうね。

(3へ続く)

マップはこちらを使っています。
 ↓ ↓ ↓
ホントに歩く東海道 第12集 桑名~庄野(井田川)(ウォークマップ)

2018/07/16

東海道五十三次歩き(第26回) 益生~四日市宿~南日永1

前の週も歩くことを予定していたのだが、雨のため中止。
しかし、今度は東海地方も梅雨明けし暑そう・・・
前日までかなり悩んだのだが、途中まで歩いて暑くて無理そうになったら、名古屋まで戻って名古屋城の本丸御殿を見にいこうということになり、予定通り出かけることになった。

家を出る30分くらい前までは豪雨だったが、出る頃には小降りに。
天気予報通り。

今回も前回に引き続き6時43分ののぞみに乗ることにしたのだが(今回は自由席で)、中央線が途中で止まってしまい、一瞬あせる。線路へ人が落ちたとのことだったが、幸い5分くらいで動きセーフ。

無事予定ののぞみに乗ることができ、8時23分名古屋駅到着。近鉄名古屋駅に移動、おや?乗る予定より一本前の準急が出るところだった。滑り込みセーフで乗り込み、当初の予定より10分ほど早く到着。9時過ぎに歩き始める。

前回のゴール、矢田立場跡より東海道歩き再開である。

歩き始めてすぐに和菓子屋さんのつたやが見えてきた。
生姜味の七里焼きが食べたかったところだが小売りがなく・・・
桑名藩どら焼きを購入。

1
すぐ斜め前のお寺が了順寺。
山門は、桑名城の門を移築したものとのこと。

日立金属の工場のフェンス沿いに「江場松原跡」の説明板があった。
昔、このあたりは松並木で、西には鈴鹿山脈が、東には伊勢の海が見えたとのことだが、今は一本も松は残っていない。

2
その先に城南神社。
古代に垂仁天皇の皇女倭姫命が皇祖神天照大神の鎮座地を求めて大和から近江、美濃を通り伊勢へ巡行の折り、この地に休息したとの言い伝えがある神社だが、伊勢神宮の式年遷宮の際、皇大神宮の一の鳥居が下賜され建て替えられているそうだ。

ここで早くも休憩。
セミが大合唱している。クマゼミかな?

3
どら焼きをいただく。桑名城主本多忠勝のコミカルな絵が描かれているが、おいしいどら焼きだ。
しかし、蚊に刺されてしまった・・・

クールタオルを水に濡らし、首にかける。これは一日とても役にたった。暑い日の街道歩きには是非!である。

プチ休憩を終えて歩き出す。

4
前回最後に飛び出し坊やを見たが、この日もいろいろなバージョンを見た。
ついついおもしろくて写真に撮ってしまう。

5
晴雲寺。
江戸に向かう西国大名はここに立ち寄って衣服を改めてから桑名城下に入ったという。

国道258号線を地下道で渡った先は、安永の立場で、昔は多くの茶店があってにぎわったという。安永餅(前回桑名でお店があったが暑くて買えず)ってこのあたりで元々売られてたものなんですね。

6
員弁川のすぐ手前に伊勢両宮常夜燈。東海道の灯標として伊勢神宮への祈願を込めて1818年建てられたもの。
手前には石造里程標がある。

員弁川を渡る。
昔は常夜燈を進んだ先が橋だったようだが、今はないので国道1号線にかかる橋を渡る。
渡ると、三重郡朝日町に入る。

7
この町のマンホールは、町の木のシラウメだ。

8
工場も結構多かったが(大きいところでは東芝など)、田んぼも多い町だ。

9
真光寺には松平家の家紋、梅鉢紋が彫られた手水鉢がある。
第6代桑名藩主松平定良が有馬温泉からの帰りに病死した際、町屋川(員弁川)の洪水で川止めとなり3日間遺体を安置して手厚く葬ったお礼として、7代藩主定重が寄進したものという。

10
うっかり通り過ぎそうになったのが、山口誓子の句碑。
山口誓子の筆跡で句が書いてあるのだが、読むのは大変だ。

11
その先に一里塚の標柱。
縄生一里塚で97里目。

12
さて、安達本家酒造に到着。
ここで是非お酒を買いたいと思い、わざわざ保冷袋持参できたのだ(笑)。

122
一合瓶を2本無事お買い上げ。荷物は重くなるが、お酒だもの、平気(笑)。

13
近鉄の線路を越えると左手に東海道ポケットパークがある。
なぜか?瓦に東海道についての説明が書いてあるが、読めず・・・
隣に解説板があるんですけどね。

14
すぐ先に大きな榎が。
樹齢300年とのことだ。ここも瓦に解説が書いてあるのだが読めず、やはり金属の解説板を読むこととなった。

15

16
小向(おぶけ)神社の標柱(下に飛び出し坊や!)。
この神社ははだか祭りが有名という。
とともにこの道を行くと萬古焼を発展させた森有節の墓もあるのだが、ちょっと遠いのでカット(この日はとにかく暑くて、ちょっと距離のある寄り道はカットした)。

道を反対に行くと、朝日町資料館があるのだが、残念ながら水曜と土曜しか開館しておらず・・・

17
その先にあるのが、橘守部生誕地跡である。
ほとんど独学で国学を学んだという人で、独自の説を展開した天保の国学四大家の一人だそうだ。

18
浄泉坊。

19
山門の瓦に三つ葉葵。
徳川家に由緒ある桑名藩の奥方の菩提寺であったことからのようだ。

20
旧本堂の鬼瓦にも。

21

22
現在の本堂にも。
参勤交代でここを通る大名は籠から降りて一礼していったという。

ここで、ちょっと休憩。サークルKでヨーグルトドリンクを飲んで涼む。

23
その先の西光寺の松は、松並木の面影を残している。

(2へ続く)

マップはこちらを使っています。
 ↓ ↓ ↓
ホントに歩く東海道 第12集 桑名~庄野(井田川)(ウォークマップ)

2018/07/15

アサヒ クリアアサヒ クリアセブン

1807151
クリアアサヒの派生品。
これまた度数を高くした製品なんですね。今年のブーム、なんだかな・・・

注いでみるとやや薄めの色。
飲んで見ると、確かにコクはないのでクリアと言えなくもないのだけれど・・・
度数を高くしたことによる、アルコール感が全面に出てしまっているのがマイナス。

高アルコールブームはいつ去るのかな?

2018/07/14

銀河高原ビール そよ風のケルシュ

1807141
この時期だけに売られてると思われるビール。
缶のデザインがさわやか。

注いでみると、やや薄めの色。
飲んでみると、軽い感じのビールかと思いきや、若干の甘みとその後にグーンと苦みが。

無濾過ビールとあるのがはじめぴんとこなかったのだが、よくよく見てみるとちょっと濁りがあるかな。

ケルシュというのは若干わかりにくいけれど、さわやかさは通じるものはあるかな(無理やり・・・笑)。

2018/07/13

「マンデラの名もなき看守」

本日の映画

マンデラの名もなき看守 [DVD]
movie-16 「マンデラの名もなき看守」  Goodbye Bafana  2007年仏独ベルギー南ア

DIR:ビレ・アウグスト
CAST:ジョセフ・ファインズ、デニス・ヘイバート、ダイアン・クルーガー、パトリック・リスター
STORY:1968年、アパルトヘイト政策下の南アフリカ共和国。言葉がわかることからマンデラの看守に大抜擢されたグレゴリーは、秘密の会話や手紙の内容をチェックすることとなる。しかい、マンデラと接するうちに、彼の思想に傾倒していく・・・

☆☆☆実話の映画化だそう。

看守のグレゴリーは、無意識的に差別主義者で、アパルトヘイトに何の疑問も持たず、マンデラの看守に抜擢されたことを喜ぶ。妻もこれで夫が出世街道を進むに違いない、よい暮らしができるに違いないと大喜びする。

しかし・・・
マンデラの高潔な思想にふれ、禁書だった自由憲章を読むうちにグレゴリーの意識が変化していく。
グレゴリーは、少年時代にマンデラと同じ言葉を話す親友がいたわけで、おそらく根っからの差別主義者ではなかったのだろう。
当時の教育か、生まれながらの環境もか、洗脳されて差別をするようになっていくんでしょうね。これがコワイ。

グレゴリー、知らん顔をして、そのまま任務を果たせば、出世できたのに、彼はそうは出来なかった・・・
その結果、彼自身が迫害されることとなり、孤立してしまう。

時は流れて、マンデラと再会したグレゴリー。
時代は確実に変化しており、ついにマンデラは釈放され、その後アパルトヘイトは撤廃されることになる。

グレゴリーのささやかな反乱も、この大きなうねりの元になったということで、じわじわと感動できる作品。

マンデラがあまりにいい人に描かれ過ぎているとか、盛り上がりに欠けるという欠点はあるものの、これはこれでいいんじゃないだろうか。

2018/07/12

純米大吟醸 妙高山

1807121
なぜか山の名前を冠した日本酒が続いていますが・・・
上越市の妙高酒造のお酒である。

澄んだお酒ですねぇ。
上品なお酒。
これはどんな料理でもあうと思います。

2018/07/11

「最後の初恋」

本日の映画

最後の初恋 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
movie-15 「最後の初恋」  Nights In Rodanthe 2008年米豪

DIR:ジョージ・C・ウルフ
CAST:リチャード・ギア、ダイアン・レイン、スコット・グレン、ジェームズ・フランコ、ヴィオラ・デイヴィス
STORY:夫の浮気や反抗期の娘など悩みの多いエイドリアンは、友人の経営する小さなホテルを5日間だけ手伝うことになる。オフシーズンで宿泊客は外科医のフラナーだけだったが、彼も様々な問題を抱えていることもあり、急接近する。

☆☆☆大人のラブロマンス。

この二人が出演となると、もちろん思い出すのが「運命の女」。
この映画でダイアン・レインは復活したんでしたね。

その映画とは違って、甘々なメロドラマすれすれのラブストーリー。
ちょっとむずがゆくなるくらいで(笑)。
いやでもD・レインはこういう役似合うし、キザ男のR・ギアもぴったりな役どころだったので、意外とよかったですね。実際はこんなことありえないとは思うけど。

くたびれた主婦エイドリアンが、いわくありげな男性に出会い(ある秘密をかかえ苦悩していた)、はじめは反発しあうもののあっという間に恋に落ちる。
次第にいきいきとするエイドリアン。

が、あまりにも早く別れが訪れてしまい・・・
あとは、手紙(レトロ!)でのやりとりで、静かに愛がはぐくまれる。
D・レイン、年寄り老けて見えたのだけど、ここで一気に若返り!
とてもチャーミングに見えてくる。

ところが・・・
なんとなく予感はあったのだけど、悲しい展開になり・・・
涙、涙。エイドリアンも見てるこちらも・・・

しわがさらに増えても、ずっとD・レインのファンで有り続けると思います!

2018/07/10

特別本醸造 剣岳

1807101
同居人の富山出張みやげの日本酒。
当然、デザインは剣岳なんでしょうね。

そして、今気づいたのだけど、このお酒、銀盤を出してる銀盤酒造のお酒だったんですね!

結構飲み口はすっきり。
度数も15度とそれほど高くないこともあってか、とても飲みやすいお酒。
さらさらっと飲める・・・ということは危険かも(笑)。

2018/07/09

「スパイダーウィックの謎」

本日の映画

スパイダーウィックの謎 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
movie-14 「スパイダーウィックの謎」  The Spiderwick Chronicles 2008年米

DIR:マーク・ウォーターズ
CAST:フレディ・ハイモア、サラ・ボルジャー、メアリー=ルイーズ・パーカー、ニック・ノルティ、ジョーン・プロウライト、デヴィッド・ストラザーン
声の出演:セス・ローゲン、マーティン・ショート
STORY:両親の別居で森の奥の古い屋敷に母親に連れられて越してきた双子の
兄弟と姉。決して読んではいけないとメモが貼られた書物を開けてしまい、邪悪な妖精たちが蘇ってしまう。

☆☆☆ファンタジーアドベンチャー。

この頃、フレディ・ハイモアはいろいろと出てましたね。
子役ながら演技派だなと思ってたけれど、この作品でも双子を演じ分けて、見事。
今はどうしてるんだろ?

原作は子ども向けのファンタジーということだけど、映画もまあ子ども向けとはいえ、ちょっと妖精たちが怖いかな~
全然かわいくない・・・
邪悪なという設定なのでしょうがないんだけど。

わくわくする冒険ものかと思いきや、最終的にはファミリー映画的展開になり・・・
めでたしめでたし。
見てて安心な映画とは言えますが。

J・プロウライトやD・ストラザーンといったベテラン陣がいい味を出していて、やはり脇が重要だなと思いました。

2018/07/08

サントリー セブンプレミアム ザ・ブリュー

1807081
セブン&アイホールディングス限定の新ジャンル。
サントリー製造のもの。

注いでみると、見た目はビールなんだが・・・
飲んでみると、明らかにビールではない甘い香りで、味も甘い。ややえぐみも感じられる。
度数をあげたことによって、ビールからさらに離れたかなと。
ただただ、アルコール感がましただけで、コクはないから。

最近、こぞって度数をあげてるのはなんなんでしょうか?
夏だと、もっとあっさり味に仕上げそうなものだけど・・・

2018/07/07

「スターダスト」

本日の映画

スターダスト スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
movie-13 「スターダスト」  Stardust 2007年米英

DIR:マシュー・ヴォーン
CAST:クレア・デインズ、チャーリー・コックス、シエナ・ミラー、べん・バーンズ、ジェイソン・フレミング、ルパート・エヴェレット、ピーター・オトゥール、ミシェル・ファイファー、ロバート・デ・ニーロ、ナサニエル・パーカー、ケイト・マゴーワン、ヘンリー・カヴィル、マーク・ストロング
STORY:イングランドの小さな村ウォール。村には決して越えてはならない壁があったが、青年トリスタンは流れ星を拾いに外に出てしまう。ところが、永遠の若さを手に入れるために狙う魔女の三姉妹、王の後釜を狙う王子たちと激しいそうだつせんが・・・

☆☆☆ファンタジーロマンス。

ワタクシ、ファンタジーは本はあまり読まないのだけど、映画は好き。
美しいラブロマンス系ファンタジーを期待して見始めたら、コミカルな映画だった。
いや、もしかすると、コミカル要素はほんの少しにするつもりが、こうなってしまったのかも・・・

少なくとも出だしは正統派な感じだったのだが・・・
なんだかんだあって、M・ファイファー演じる魔女が登場してから俄然コミカルに。
M・ファイファー、最近捨て身の笑い演技をよく披露してますね。これでもかという大げさな演技がおもしろいのなんの。

主人公たちを邪魔する魔女三姉妹の話にプラスして、王の座を狙って殺しある王子たちの話もおもしろく、贅沢にもR・デ・ニーロも登場。

ちょとエピソード詰め込みすぎな感じもしたけれど意外と楽しめたのだった。

が・・・
クレア・デインズがね~
ワタクシ、ファンなんだけど、これはミスキャストかなと。
というよりは、脇のベテランたちにすっかりくわれてしまったのかもしれない。
その点が残念。

2018/07/06

純米吟醸 謙信

1807061
またまた糸魚川のお酒。
池田屋酒造のお酒、謙信。
信玄に塩を送ったとされる千石街道沿いに酒蔵を構えることからつけられたネーミングだそう。

なんとなくこの名前からの想像で、きりりとしたお酒をイメージしていたけれど、やや甘さのあるやさしいお酒。甘すぎるわけではないので、お料理には結構なんでもあうかと。

2018/07/05

「ファイアー・ドッグ 消防犬デューイの大冒険」

本日の映画

ファイアー・ドッグ 消防犬デューイの大冒険 (特別編) [DVD]
movie-12 「ファイアー・ドッグ 消防犬デューイの大冒険」  Firehouse Dog 2006年米

DIR:トッド・ホランド
CAST:ジョシュ・ハッチャーソン、ブルース・グリーンウッド、ダッシュ・ミホク、スティーヴン・カルプ、ビル・ナン
STORY:ハリウッドの売れっ子スター犬レックスはひょんなことから、消防隊長の家で飼われることに。やがて救助犬として活躍することになったレックスだったが、不審火が続いて・・・

☆☆☆動物もの大好き・・・

動物が出る映画は大好きなんだけど、たいていは子ども向け映画なんですね。
これもそう。
でも安心して見られるのでよいのです!

わんこが芸達者なのは当然として、この映画では子役時代のJ・ハッチャーソンがよい。
最近ではハンガー・ゲームシリーズで有名だけど、子役時代も結構出てるんですね。
「ザスーラ」もよかったし、「テラビシアにかける橋」もよかったなあ。
ちょっとおどおどした、屈折した少年を演じるとピカイチ。
この映画でも、あることをきっかけに素直になれず父親とも衝突してばかりだったのが、レックスとの関わりあいで次第に心を開いていくという役を好演している。

でも、やっぱりわんこにはかなわないんだな~

動物映画は無敵!


2018/07/04

レイチェル・ウェルズ『通い猫アルフィーのはつ恋』

本日の本

通い猫アルフィーのはつ恋 (ハーパーBOOKS)
book-10 『通い猫アルフィーのはつ恋』 レイチェル・ウェルズ著 ハーパーBOOKS

STORY:アルフィーの住むエドガーロードに新たに越してきた一家。人目を避けるように暮らす一家には美しい白猫がいて・・・

☆☆☆シリーズ第2弾。

みんなに幸せをもらたす猫アルフィー。
前作で登場した人々はアルフィーのおかげで皆ハッピーになったわけだけど、またまたちょっとした問題を抱えることに。
もちろん!またアルフィーの活躍で物事はいい方向に・・・
というパターンは同じなのだけど、今回はなんだか怪しい行動をする一家が出現。
この家族はいったい?ということで引っ張るかと思いきや、蓋を開けてみれば、なーんだということだった。

それよりも、その一家の飼い猫にアルフィーが一目惚れしてしまうエピソードの方が中心で、友人(猫)のタイガーとの三角関係?、そしてタイガーにぞっこんのトム。
まるで人間の恋模様みたいだけど、なんかほほえましい。

アルフィーももちろん好きなキャラだけど、今回は友人(猫)としか見てくれないアルフィーのことが大好きで、なんだかんだと助けてくれるタイガーが好きになりましたね。

とりあえず、エドガーロードの住民たちよりも、猫たちがどうなるのか、次作が楽しみ!
もう4冊目まで出てるようなので、是非読みたいな。

2018/07/03

月不見の池

1807031
新潟、糸魚川にある猪又酒造の清酒。
この蔵元の近くの池・・・月不見の池に由来する名前という。
なんでもこの池は藤の名所でもあって、あたり一面の藤の花が夜空を覆って美しい月を美しい藤が隠してしまうことから、月不見(つきみず)の池と呼ぶようになったという。
ラベルにも藤の花。

酒米100%で、精米歩合も60%と吟醸酒並みということもあってか、飲みやすいお酒。サラッとした飲み口でいいですね。

2018/07/02

「シャフト」

本日の映画

シャフト [DVD]
movie-11 「シャフト」  Shaft 2000年米

DIR:ジョン・シングルトン
CAST:サミュエル・L・ジャクソン、ヴァネッサ・ウィリアムズ、ジェフリー・ライト、クリスチャン・ベイル、ダン・ヘダヤ、トニ・コレット、リチャード・ラウンドトゥリー
STORY:刑事シャフトは殺人容疑でウォルターを逮捕するが、不動産王の父親の力で保釈され海外逃亡してしまう。2年後極秘帰国したウォルターを再び逮捕したシャフトだったが、またもや保釈されてしまい、ついに組織を離れて戦うことに・・・

☆☆☆「黒いジャガー」のリメイク。

残念ながら有名作品であるオリジナルをまだ見ていないのだが・・・
出だしから雰囲気は70年代?音楽はオリジナルと同じっぽいし、なかなか雰囲気が出ていてよろしい。
逆に古めかしすぎると思う人もいるだろうけれど、多分それは狙いなんじゃないかと・

S・L・ジャクソンがちょいとかっこつけすぎな気はするけれど(笑)、悪くない。
そして、人種差別主義者の金持ちの馬鹿息子を演じ他C・ベイルがよくはまってる。ヒーローを演じることも多いけれど、むしろこういう役の方がうまいんじゃないかなあ。冷酷に笑う感じが悪役にぴったり!

警察をやめて、執念でボンボンを追い詰めるシャフトがちょいやり過ぎな気もするが・・・
ラストはなんと!そういうオチ!!
よかったような、そうでないような・・・

ジャクソン氏の叔父の役は、オリジナルの主役だったR・ラウンドトゥリーだそうで。
やっぱり、オリジナルも見てみるべきかな。

2018/07/01

サッポロ サッポロファイブスター

1807011
セブン&アイホールディングス限定ビール。
札幌のサッポロビール園で出されてるビールである。

注いでみると、やや薄い色。
飲んで見ると、結構な苦みがきますね。
とともに甘みも。
最後はまた苦み。

王道なビールでした。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon