« 中山道六十九次歩き(第28回) 安中駅~板鼻宿~高碕宿~倉賀野宿1 | トップページ | 中山道六十九次歩き(第28回) 安中駅~板鼻宿~高碕宿~倉賀野宿3 »

2022/11/29

中山道六十九次歩き(第28回) 安中駅~板鼻宿~高碕宿~倉賀野宿2

(1より続き)

ちょっとより道。長傳寺に寄る。

1_20221129203601

山門は赤門。

2_20221129203601

本堂。日光東照宮の造営に関わった者の彫刻があると描いてあったが、どこにあったのだろう?

3_20221129203601

墓地の前にずらりと並んだ庚申塔(このあとも庚申塔をたくさん見ることになる)。

4_20221129203601

二十二夜塔というのはあまり見ないかな?
と思ったら、群馬、埼玉ではよくあるらしい。

5_20221129203601

板鼻二丁目交差点に道標があった。
正面は「やはたみち」(上野国一宮八幡宮)、右側面には「はるな、くさつ、河原湯、かねこ、沢たり、志ぶ川、みち」と彫られている。

6_20221129203601

踏切を渡って進むと左手に庚申塔と地蔵尊、寒念仏塔。

7_20221129203601

そのすぐ先に大きな双体道祖神があった。男性が杯を女性がひょうたんを持っている。このあたりが宿の江戸見附。

その先で国道に合流する。国道だと途端に面白みがなくなる・・・

8_20221129203601

だいぶ進むと、かねつ橋供養塔があった。
板鼻宿の念仏講中が寒念仏供養で得た報謝金によって石橋を改修したものを、 その後破損したため享和二(1802)年、木嶋七郎左衛門がさらに改修し、その近くに供養記念塔を建てた、のだそうだ。
このあたりは寒念仏供養が多かったのだろうか。寒そう・・・

9_20221129203601

高碕市に入る。達磨と観音!

10_20221129203601

八幡八幡宮の大きな赤い鳥居があるが、ちょっと距離があるのでパス。

ここで寄り道。久々に達磨寺に行ってみる。

11_20221129203801

鼻高橋を渡って向こう岸に行くのだが、橋にも達磨がいてさすが!

12_20221129203801

で、橋から振り返るとまたまた浅間山が大きく見えていた。

13_20221129203801

達磨寺到着。

14_20221129203801

自販機も達磨!

15_20221129203801

階段を上がっていく。

16_20221129203801

本堂(霊符堂)。

17_20221129203801

とにかく達磨だらけ!

18_20221129203801

ん?達磨じゃないのも混じってる?

19_20221129203801

本堂から振り返ると榛名山が見える。

20_20221129203801

達磨堂の中には全国の達磨とか、玩具とかとにかく達磨づくしでとても楽しいのだけど、残念ながら撮影は禁止なんである。

21_20221129203901

観音堂は茅葺き。

22_20221129203901

ここから階段で降りていくと、途中に百庚申があった。

23_20221129203901

百とあったけれど、実際は130ほどあるらしい。

24_20221129203901

圧巻である。

25_20221129203901

降りてから観音堂を見る。紅葉が美しい。

(3へ続く)

マップはこちらを使っています

« 中山道六十九次歩き(第28回) 安中駅~板鼻宿~高碕宿~倉賀野宿1 | トップページ | 中山道六十九次歩き(第28回) 安中駅~板鼻宿~高碕宿~倉賀野宿3 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中山道六十九次歩き(第28回) 安中駅~板鼻宿~高碕宿~倉賀野宿1 | トップページ | 中山道六十九次歩き(第28回) 安中駅~板鼻宿~高碕宿~倉賀野宿3 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon