映画・テレビ

2017/05/02

「100歳の少年と12通の手紙」

本日の映画

100歳の少年と12通の手紙 [DVD]
movie-17 「100歳の少年と12通の手紙」 Oscar Et La Dame Rose  2009年仏

DIR:エリック・エマニュエル・シュミット
CAST:ミシェル・ラロック、アミール、マックス・フォン・シドー、アミラ・カサール、ミレーヌ・ドモンジョ、コンスタンス・ドレ
STORY:白血病の少年オスカーは、自分の余命がわずかであることを知ってしまう。誰とも口をきかなくなったオスカーに困り果てた病院長は、彼が唯一心を開いていたピザ屋の女主人ローズに話し相手になってほしいと頼む。

☆☆☆単なる難病ものではない・・・

監督は作家でもあって自身のベストセラー小説を映画化している。

白血病とくれば、お涙ちょうだいのドラマが展開されそうなのであるが、これはちょっと違った。

自分の運命を知ってしまい、心を閉ざす少年。
というところまでは、ありきたりのドラマが展開されそうに思えるのだけれど、そこからが違う。

少年は唯一話をしてもいいというピザ屋の女主人ローズに毎日きてもらうことになる。
病院嫌いのローズははじめは難色を示すのだが、毎日ピザを買うと申し出た院長にしぶしぶ承諾。

元プレレスラーということもあってか、きっぷのいい性格で口の悪いローズは子供相手でも子供扱いせず、言いたいことは言う。
というところが、少年も気にいったんでしょうね。
周囲が、親さえも腫れ物に触るようにしか接してくれない中、ローズは自然に接してくれる。

ローズもはじめはぎくしゃくしていたものの、少年と接するうちに、人間嫌い的な部分が次第に変わっていく。

あと10日の命・・・
という運命は変わらず、次第に衰えていく少年だが、最後は幸せに短い人生を終えることができ、ローズも穏やかな気持ちになる。

フランス映画なので、優しさのみでないのだけれど、それもまたよし。
単なる難病ものでないところが気にいりました。

2017/04/28

「お茶と同情」

本日の映画

お茶と同情 [DVD]
movie-16 「お茶と同情」 Tea And Sympathy  1956年米

DIR:ヴィンセント・ミネリ
CAST:デボラ・カー、ジョン・カー、リーフ・エリクソン、エドワード・アンドリュース、ノーマ・クレーン、ディーン・ジョーンズ
STORY:学生寮に暮らすトムは音楽が好きな優しい子だったが、先生の奥さんたちと編み物をしているところ見られて以来、シスターボーイと呼ばれ、皆からつまはじきにされる。そんなトムを心配する舎監の妻ローラが手をさしのべるが・・・

☆☆☆舞台の映画化。

キャストも舞台と同じらしい。
というわけで、台詞回しが舞台的なような・・・
D・カーって元々舞台の人、というわけではないと思うのだけど、この映画では舞台を引きずってか、ややオーバーアクトという気もしましたね。上手いのは上手いのだけど。
相手役のJ・カーは非常にセンシティブな演技でなかなかよし。

音楽や読書が好きで優しい青年トム。奥さん連中と編み物なんかもしたりして、他の男の子たちとは違う。
男はこうあるべきという感覚が今より強かったこの時代、シスターボーイとバカにされ、父親からはもっと男らしくあれと散々言われる。
そう言われても、男らしさの象徴である、フットボールや野球などのスポーツには興味のないトムは、ますます周囲から浮いてしまう。
個性を活かすということが大切にはされていなかった時代なんですね。

この映画が制作された時代では、はっきり語ることができなかったのだろうけれど、舞台版ではトムはゲイという設定だったらしく・・・
まあそれはなんとなくそうなんじゃないかとはわかるのだけど、はっきりと描くよりよかったように思う。

トムの苦悩、トムに同情するローラの苦悩(トムに同情するもののトムの思慕を受け止めきれない・・・そして、夫との不和)がじっくりと描かれて、見応えがある(オーバアクトってちょっとけなしちゃいましたがそれも含めて)。
今の時代に見ると、古めかしすぎる気もするけれど、それが逆にいいのかもしれないですね。

2017/04/20

「ラスベガスをぶっつぶせ」

本日の映画

ラスベガスをぶっつぶせ [Blu-ray]
movie-15 「ラスベガスをぶっつぶせ」  21 2008年米

DIR:ロバート・ルケティック
CAST:ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・スペイシー、アーロン・スペイシー、アーロン・ヨー
STORY:MITの学生ベン。医者をめざすベンは学費の工面に苦労していた。そんなベンの頭脳に目をつけたローザ教授はカード・カウンティングという手法を用いてブラックジャックで勝つノウハウをたたき込む。ラスベガスで見事大金を手に入れるベンだったが・・・

☆☆☆ベストセラーノンフィクションの映画化。

へえ、これが実話だとはねぇ。
カード・カウンティングという手法が、わかったようなわからないような(頭悪いので・・・笑)というところがまずもやもやした点ですね。
そして、J・スタージェスがワタクシ苦手でして・・・これももやもや。

学費を稼ぐためという目的が、だんだん違法ではないがギリギリの手で大金を掴むというスリルが楽しくなってしまい、のめり込んでしまうという主人公に感情移入できないというのも痛い。

主人公を追い詰める教授役K・スペイシーは、いやーな演技炸裂でよかったし、不正を見つける警備員役のR・フィッシュバーンも怖くて(主人公がぼこぼこにされる場面、怖い・・・)よかったと思う。
そして、ラスト近くはほおーっとうなる展開もあり、最後の最後には、ああなるほどねというオチも用意されていて、いい場面もなくはないのだけど、途中が盛り上がらないんですね。

ギャンブル、怖いな。
人格を変えてしまう・・・
という感想で終わりました。

2017/04/13

「アリスのままで」

本日の映画

アリスのままで [Blu-ray]
movie-14 「アリスのままで」 Still Alice 2014年米

DIR:リチャード・グラツァー、ワッシュ・ウェストモアランド
CAST:ジュリアン・ムーア、アレック・ボールドウィン、クリステン・スチュワート、ケイト・ボスワース、ハンター・パリッシュ
STORY:充実した日々を送る50歳の大学教授アリスは、講演中に言葉が出なくなり、またジョギング中に道に迷ったりしたことから、病院に検査に行くと若年性アルツハイマーであることを告げられる。やがて病が進行し、ついには大学を辞めざるを得なくなるが・・・

☆☆☆☆J・ムーアがアカデミー賞主演女優賞を受賞。

何度も候補になりながら今まで受賞に至らなかったムーアだが、ついに受賞。よかったね。
名だたる演技派でありながら、なんでも出るというポリシーなのか、こんな映画にまで!という映画にも出演していたり・・・
ちょっとオーバーアクト気味かなと思えることもあったが(ヒステリック演技はうまいのだが)、この映画ではそれがぴたりとはまっていた。鬼気迫る演技である。

やさしい夫と、3人の子供にめぐまれ幸せに暮らしていたアリスは、突如、若年性アルツハイマーと宣告されてしまう。きっかけは講演中にある言葉が出てこなくなったこと、そして、長年通った大学内で迷ってしまったこと。
優秀な言語学者であったアリスが、どんどん言葉を失っていく皮肉。どうにもならない感覚にアリスは恐怖を感じ、パニックになる。
家族もどう接していいかわからない。
遺伝性とわかり、それでも子供を産む決意をした長女、自分のキャリアを優先し遠くへ行ってしまうことになる夫(これがちょっとわからない感覚だと最初思ったが、無理やり知らない土地につれていくことはできないとの決断は優しさなのかも)、そしてそれまで反抗的だった次女が最終的には母親を献身的に面倒をみることになる。

容赦なく進んでいく・・・それも相当な速度で・・・病状が見ていて辛く、切ない。
次第に子供に戻っていくアリス。最後は無垢な赤ん坊のような表情を見せて終わる。表情の変化で見せるお芝居、やはり、さすがの演技だった。

悲しい映画ではあるが、見てよかったと思える映画でありました。

2017/04/10

「パリの大泥棒」

本日の映画

パリの大泥棒 [VHS]
movie-13 「パリの大泥棒」  Le Voleur 1966年仏

DIR:ルイ・マル
CAST:ジャン=ポール・ベルモンド、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、マリー・デュボワ、フランソワーズ・ファビアン、マルレーヌ・ジョベール
STORY:富豪の家に生まれたランダルだが、腹黒い叔父に全財産を奪われ、思いをよせていた従姉妹も資産家と婚約させられてしまう。復讐を誓った彼は残産を取り戻そうとするが・・・

☆☆☆泥棒映画って結構好きなんだけど・・・

なんというか中途半端な映画だった。

ベルモンド主演だから、コメディかと思いきや・・・
もしかしてこれ、笑いを狙った?という場面もあったものの、そうそう笑えず・・・
なんか悲しそうな顔をして淡々と盗みをするという・・・
いや、主人公はかわいそうな身の上なんだけど、なんかちょっともうはじけてほしいとうか。すっとぼけた感じでもいいけれど、盛り上がらないんですよねぇ。
同じベルモンドの「華麗なる大泥棒」はおもしろかったんだけど。
というか、この映画をイメージしたのがよくなかったか・・・

J・ビジョルド、M・デュボワ、M・ジョベールと女優陣は豪華だし、泥棒の手口が妙に紳士的でおもしろかったりもするのに、ちょっと残念。

これ、なんと監督がルイ・マルだったんですね。
いろいろな映画をとってるから何とも言えないけれど、上位には入らないなあ。

2017/03/31

「ファンタスティック・フォー」

本日の映画

ファンタスティック・フォー(2015) [Blu-ray]
movie-12 「ファンタスティック・フォー」 Fantastic Four 2015年米

DIR:ジョシュ・トランク
CAST:マイルズ・テラー、ケイト・マーラ、マイケル・B・ジョーダン、ジェイミー・ベル
STORY:リードが友人のベンとともに開発した物質転送装置がストーム博士の目にとまり、リードは財団の研究員にスカウトされる。転送実験を終えて地球に帰還したリードたちは超人的な能力を見につけてしまう。

☆☆☆リブート作品。
2005年の映画からまだ10年というところでのリブート。
最近、こういうのが多いなあ。
ハリウッド、よっぽどアイディア不足なのかしらんって思ってしまいますね。

前の映画とは違って、ファンタスティック・フォーになるまでが描かれていて、ちょっとは違うのだけれど、ファンタスティック・フォーになった後は、細部は違うにしても基本的には同じ。
さすがに最近の映画だから、結構覚えているし、やっぱり新味がないですね。

前のを見た時は、伸びる男、岩男、火の玉男、透明女というアイディアは、まあいろんな寄せ集めって気がしないでもなかったけれど、それなりにおもしろいとは思ったものの、続編含めて見慣れちゃったし・・・

悪者との対決もさして盛り上がらず終了。
これの続編、まさか作らないよね?

2017/03/29

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

本日の映画

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド [Blu-ray]
movie-11 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」  There Will Be Blood 2007年米

DIR:ポール・トーマス・アンダーソン
CAST:ダニエル・デイ=ルイス、ポール・ダノ、ケヴィン・J・オコナー、キアラン・ハインズ
STORY:山師のダニエルは、ポールという青年から故郷に石油が出そうだという情報を得て、採掘に向かう。カリスマ牧師であるポールの双子の兄弟が警戒を強めるが・・・

☆☆☆☆D・デイ=ルイスが2度目のアカデミー賞主演男優賞を受賞。

この人、凄いなあ。
出る映画すべてがアカデミー賞級演技で、なりきりぶりがスゴイのだ。

この映画でも、金を稼ぐという超シンプルな目的のため、手段を選ばず手に入れたいものを手に入れる男を怪演。
ホント、イヤな人物なのだ。
商売上有利だからと、孤児を自分の息子として連れ歩き、その子が事故で耳が聞こえなくなると遠くへ追っ払ってしまう。そして、弟だと称する男をやはり商売に役立てようと連れ歩くものの、嘘だとわかると非情にもポイする。
何の感情もないようだが、怒りは抑えられない。
人に嫌われようが気にせず、金持ちになって人と関わらずに生きていけるようになりたいなどとうそぶく。

一方、ダニエルとの対立を深めていく、カリスマ牧師イーライ(双子をポール/ダノが演じる)がまた、イヤーな人物。
高尚な事をいいながら、結局は欲にまみれた人物で、ダニエルと同じ。
うーん、むしろこのエセ牧師の方が嫌いだなあ。
ダニエルの方がまだ、息子への愛情や仲間への心遣いといったものが見えるけれど、イーライにはまったくそういった感情が見られないから。

D・デイ=ルイスもうまいけれど。ポール・ダノ(基本、変な役やイヤな役が得意なのね)もうまい。この2人の演技合戦がみものでしたね。

ラスト、2人の対決は緊張感マックスで、映画が終わってホッとした。
2時間半以上という長い映画。
まったく退屈することなく見たけれど、後味も決していいわけでなく、見終わってどっと疲れが・・・

2017/03/16

「こわれゆく世界の中で」

本日の映画

こわれゆく世界の中で [Blu-ray]
movie-10 「こわれゆく世界の中で」 Breaking And Entering 2006年英米

DIR:アンソニー・ミンゲラ
CAST:ジュード・ロウ、ジュリエット・ビノシュ、ロビン・ライト・ペン、マーティン・フリーマン、レイ・ウィンストン、ヴェラ・ファミーガ
STORY:建築家ウィルは映像作家リヴとその娘と暮らしていたが、精神のバランスを崩した娘との関係に悩んでいた。そんな中オフィスが2度も泥棒に入られ、侵入しようとしていた少年の母親に次第に惹かれていく。

☆☆☆シドニー・ポラックも製作を担当・・・

監督はアンソニー・ミンゲラ。
とくると、重厚なドラマになりそうな・・・

確かに重いドラマだった。
ロマンス的要素もあるにはあるけれど、決して楽しいお話ではない。

主人公ウィルは、リヴとその連れ子と長く一緒に暮らしているが、どうもうまくいっていない。娘が自閉症的な症状で、そのせいでリヴとの間もぎくしゃくしてきてしまっている。
プライベートがうまくいかない上に、仕事上でもトラブルが。窃盗団に2度もやられて大損害。
すべての歯車がかみ合わなくなったところに、ふと現れた女性。
相手は、ボスニアからの移民で、窃盗団の一員である少年の母親。
彼女に安らぎを見いだしたウィルだったが、少年の母親はしたたかで・・・

こわれそうになって、でもなんとかつなぎとめて・・・
結局、すべてめでたしめでたしとなったわけだけど、なんかモヤモヤがねぇ、残るんですよ。
娘のことで悩むリヴは仕方ないとはいっても、ウィルに対して冷たいし、少年の母親は息子第一でウィルを利用しようとするし、いやだいたい、ウィルが浮気するのがいけない(笑)。何せ、演じてるのがJ・ロウだから、なんか軽く見えてしまう。深い悩みが演じ切れてないというか。
神経質そうなリヴ役R・ペンと、母は強しのJ・ビノシュはぴったりの役だったと思うのだけど。

ミンゲラ監督作品としては最高の出来とはいかなかった映画でありました。

2017/03/14

「セッション」

本日の映画

セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]
movie-9 「セッション」  Whiplash 2014年米

DIR:デイミアン・チャゼル
CAST:マイルズ・テイラー、J・K・シモンズ、ポール・ライザー、メリッサ・ブノワ
STORY:偉大なジャズドラマーを夢見て全米屈指の名門校に入学したニーマンはフレッチャー教授の目にとまり、スカウトされる。しかし、ちょっとしたミスも許さない鬼のようなレッスンだった・・・

☆☆☆本年度アカデミー監督賞を獲得したチャゼル監督の前作。

「ラ・ラ・ランド」残念でしたねぇ。
まだ見てはいないけれど、ミュージカル映画受賞してほしかったなあ。

で、この映画では、鬼教官を演じたシモンズがアカデミー助演男優賞を受賞したのでした。

いやもう、スゴイです、この映画。
最後まで極度の緊張を強いられて、見終わってへとへとになってしまった・・・

よく言えば熱血教師なのだけど、ほぼサイコパス。
ここまでくると異常だよね。
そこまで生徒を追い詰める必要があるの?見ていてつらい。
実際、どんどん脱落していく生徒たち。イヤそれが普通。
だが、ニーマンは必死に食らいついていく。血を流し、怪我をしても倒れても・・・

しかし、失ったものも大きく、結局は脱落。
その後、教授の方が歩みよったかに見えて、さらに追い詰められる。さらに見ていてつらい。

それでも最後は、目と目で通じ合う二人。
最後のセッション、凄かった。見入って(聞き入って)しまいましたね。

鬼教官シモンズも熱演だけれど、あのドラムを叩ききったM・テイラーにも拍手を送りたい。

2017/03/08

「悲愁」

本日の映画

悲愁 [DVD]
movie-8 「悲愁」  Belaved Infidel 1959年米

DIR:ヘンリー・キング
CAST:グレゴリー・ペック、デボラ・カー、エディ・アルバート
STORY:コラムニストのシーラはスコット・フィッツジェラルドに出会い、恋に落ちる。フィッツジェラルドには精神病院にいる妻と、寄宿学校に入っている娘がおり、金もなく酒に溺れる日々だが、シーラとの出会いにより、再び筆をとるが・・・

☆☆☆グレアムの暴露的な自伝の映画化。

悲愁・・・
二文字の映画というと、なんかメロドラマのような気がしますね。
哀愁、慕情、旅路、旅愁・・・
他にもなんかあったような?

この映画も予想を裏切らない?メロドラマ。
G・ペックとD・カーという美男美女コンビなので、さまにはなってはいるものの、若干演技過剰気味なこともあって、なんかおなかいっぱいになってしまった映画だった。

しかし、フィッツジェラルドの晩年がこうだったのは知らなかった。
妻ゼルダが統合失調症で入院し、それまでの贅沢な生活でお金がすっかり底をついてしまい、やむを得ずハリウッドでシナリオライターの仕事をするが、酒でしばしばトラブルを起こし・・・
ゴシップコラムニストのシーラ・グレアムに養ってもらうという情けない状況。

悲しいお話なのだけど、フィッツジェラルドがシーラに暴力をふるったり、彼女の仕事の邪魔をするなど、まったく共感できない人物に描かれているところが残念なところ。シーラも高慢な女という感じに描かれていて、どうも感情移入できない。

ま、美男美女を見ているというだけで目の保養にはなるのだけれど、最後まで乗り切れない映画なのでありました。

より以前の記事一覧

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon