映画・テレビ

2019/01/08

【ムンク展】

art-3 【ムンク展】 東京都美術館

1901081
トーハクを見終えて昼食をとった後、都美術館へ。
ムンク展である。
非常に混んでいると聞いていたので覚悟して!
まずはチケットを買うのに10分くらい。
入場待ちが20分ほど。会場内も混み混みでした・・・

1 ムンクとは誰か
まずはムンクの自画像から。
ムンク、こんなにもたくさん自画像を描いていたんですね(このコーナーだけでなく、後のコーナーにも何点もあり)。
若い頃から晩年まで、とても神経質そうな自画像だらけなのだが、「地獄の自画像」、ヤバイでしょ(笑)。裸だし、後ろの黒い影はいったい?アル中の頃の作品なので、何かが見えていたのか・・・
そして、ムンク、ずいぶんと自撮り写真をとってるんですね。その頃は自撮り棒はなかっただろうけど。

2 家族ー死と喪失
ムンクは5歳で母を亡くし、14歳で姉を亡くしと子供の頃に家族の死を経験したこともあって、死をテーマにした作品を多く描いている。
「死と春」まるで眠っているかのような女性。これは決して暗い作品ではないが。
「病める子」のシリーズは姉の死を描いた作品のようだが、暗い。悲しい。
「ブローチ、エヴァ・ムドッチ」は「マドンナ」に似てる気も。

3 夏の夜ー孤独と憂鬱
ムンクは漁村に小屋を借りて夏を過ごしたそうで、その風景をたくさん描いている。
「メランコリー」これはお気に入り。
「夏の夜、人魚」人魚がびっくり顔で不思議な雰囲気。月はムンクお得意のインフォメーションマークみたいな形(ムンクが月を描くとこうなる。「神秘の浜辺」などは月が目立つ)。
「浜辺にいる二人の女」は題名を見ないと女と死に神かと思う。
「星空の下で」も死に神かと思う。なんか不安になる絵だ。
「赤と白」は赤いドレスの女性、白いドレスの女性、そして、木々の緑に水の青とはっきり色がわかれる。成熟と無垢・純粋の対比的なものを描いたということらしい。

4 魂の叫びー不安と絶望
さていよいよ「叫び」!
さすが、この部屋は大混雑だった。
ワタクシはオスロ国立美術館で「叫び」を見ているのだが(これが一番有名かな?)、全部で叫びは4作品+版画があって、今回来日したのはムンク美術館のもの。オスロ国立美術館の作品も盗難にあっているが、こちらも盗難にあっている。
前見たのより色は濃いめ、うねりも多めかな。顔は骸骨のよう。
「叫び」が見られて大満足なのだけど、今回一番気に入った作品がお隣に。「絶望」である。
「叫び」の前段階なのか、その後なのか・・・「叫び」より落ち着いた表情だ。
マグネット購入。

5 接吻、吸血鬼、マドンナ
ムンクが繰り返したモチーフが並ぶ。
「マドンナ」。これは苦手な作品。有名なんだけど・・・
「接吻」。いろいろなバリエーションがあるけれど、男女がどんどん溶けていく・・・情熱を描いたと見るべきなんだろうか?
「吸血鬼」も二人が溶けているというか固まっているというか。怖い絵ではない。

6 男と女ー愛、嫉妬、別れ
「生命のダンス」は好きな作品。青春~情熱~老いへと。人の一生か。インフォメーションマークの月が印象的。
「嫉妬」。緑の部屋のシリーズ(売春宿を描く)の一つ。手前に描かれた男性の嫉妬の表情がスゴい。ムンク自身なんだろうか。
「マラーの死」。この題材の絵というとダヴィッドのものが有名だが、ムンクのは生々しい。自身が女性との別れ話から銃が暴発、指を一本失った経験を描いているのではないかとのことで・・・

7 肖像画
「フリーリヒ・ニーチェ」。気むずかしそう。
「ダニエル・ヤコブソン」(ムンクを治療した医者)。偉そう(笑)
ここにも自画像が。「赤い背景の自画像」。このムンクは落ち着いた感じに見える。

8 躍動する風景
風景画がなかなかよかった。
「黄色い丸太」。迫力がある。完成かどうかわからない感じのムラがあるけれど。
「疾駆する馬」。目の前にどーんと馬が。ちょっと太すぎる?
「太陽」。まぶしい。やはり月の表現の方が好きだなあ。

9 画家の晩年
「浜辺にいる二人の女」。若い頃の作品と同じようなモチーフで、どうしても一人が死に神に見えてしまう。
「星月夜」。ゴッホ的。
「犬の顔」。遠くからみたらサングラスをかけた人の顔に見えた・・・
最後に3枚の自画像。ホントにたくさん描いてたんですね。「皿にのった鱈の頭と自画像」が一番好きかも。

1901082
非常に充実した内容です。
是非どうぞ。

2018/12/20

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」

本日の映画

movie-41 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」  2017年米

DIR:ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ
CAST:ジョニー・デップ、ハビエル・バルデム、ブレントン・スウェイツ、カヤ・スコデラーリオ、ジェフリー・ラッシュ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ
STORY:かつてジャック・スパロウにはめられ、魔の三角地帯に幽閉された死に神サラザールが解き放たれ、復讐に動き出す。かつてジャックと冒険をともにし、呪いにかけられた父ウィル・ターナーを助かるために息子ヘンリーもジャックとともに危険な航海へと繰り出す。

☆☆☆シリーズ第5弾。
6年ぶりの新作、そして、O・ブルームとK・ナイトレイが復活したのは10年ぶり。
前作もおもしろかったけれど、やっぱりこの2人がいなかったのが寂しくて・・・
なので、5作目は映画館にいかなかったのだけど、行けばよかったかな~
結構おもしろかった。

ジャックが宿敵と対決するというストーリーと、父を助けるべく奮闘するヘンリーと天文学者のカリーナ(これがなんと・・・という秘密が最後に明らかに!)の恋模様がクロスしつつ進行していく。ジャックのストーリーより若者2人のスト-リーの方がよかったかなと思うけれど、今回は初心に戻った感じの展開で、楽しめましたね。

ジャック・スパロウも前はおもしろいと思ったのだけど、さすがに飽きてきたというか・・・ジョニデの演技がワンパターン化してしまっていてさすがに・・・
あの酔っ払い演技が地なのか、演技なんだかもわからないくらい(笑)

さすが!悪役H・バルデムがインパクトがあるし、J・ラッシュも手慣れた演技ではあるけれど、いいし・・・ラスト近くのラッシュ=バルボッサ、いやあ感動的だったな。

そしてO・ブルームとK・ナイトレイですよ!懐かしかったなあ。
最後、まだ続きがあるの?と思ったけれど、もういいような・・・

2018/12/17

「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」

本日の映画

movie-40 「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」  2008年米

DIR:ベン・スティラー
CAST:ベン・スティラー、ジャック・ブラック、ロバート・ダウニー・Jr、ブランドン・T・ジャクソン、スティーヴ・クーガン、ニック・ノルティ、マシュー・マコノヒー、トム・クルーズ、ジョン・ヴォイト、ジェニファー・ラブ・ヒューイット、ジェイソン・ベートマン、トビー・マグワイア
STORY:ベトナム戦争の英雄の回顧録が映画化されることになり、主役に抜擢されたのが落ち目のアクション俳優ダグ。共演者たちはくせ者揃いで、困った監督は東南アジアのジャングルで撮影をすることにしたが、そこは凶悪な麻薬組織が支配する場所だった・・・

☆☆☆アクション・コメディー。
思いっきりおバカな映画が見たくなって見た映画だが、ホントにおバカ映画だった(笑)。ま、こういうのはストレス解消にいいですね。

監督主演は、ワタクシが苦手なベン・スティラー。
共演のジャック・ブラックもあまり得意ではなく・・・
はちゃめちゃすぎちゃって。

でも、R・ダウニー・Jrがおもしろくて・・・
はっきりいって、かなりきわどい役なのだけど、やっぱりうまいは、この人。

そして、パロディー満載。
ランボーだったり、地獄の黙示録だったり・・・
ゲラゲラ笑ったけれど、ちょっとグロい描写が多かったので、そういうのダメな方にはおすすめできませんね。

一番笑ったのは、アカデミー賞を皮肉る場面。
トム・クルーズのゲスト出演も、ちょっとやりすぎ感はあったけれど、笑いました。

2018/12/08

「ニューイヤーズ・イブ」

本日の映画

movie-39 「ニューイヤーズ・イブ」  NEW YEAR'S EVE 2011年米

DIR:ゲイリー・マーシャル
CAST:ヒラリー・スワンク、ハル・ベリー、ジェシカ・ビール、ジョン・ボン・ジョヴィ、アビゲイル・ブレスリン、ロバート・デ・ニーロ、ジョシュ・デュアメル、ザック・エフロン、ヘクター・エリゾンド、キャサリン・ハイグル、アシュトン・カッチャー、サラ・ジェシカ・パーカー、ソフィア・ベルガラ、ケイリー・エルウィズ、アリッサ・ミラノ、コモン
STORY:ニューヨークの大晦日。カウントダウンイベントを取り仕切るクレアはナーバスに。大きなパーティのケータリングを任されたローラは元カレのロックスターと再会。病院のベッドで孤独にカウントダウンを待つスタン・・・様々な人々の人間模様を描く。

☆☆☆群像劇。

マーシャル監督の前作も群像劇だったんですね。「バレンタインデー」。まだ見ていないのだけど、特に見る順番はないよね・・・

こういうタイプの映画、はじめっからハッピーエンドだということはわかっていて・・・というか、これでハッピーエンドじゃなかったら怒るけれど(笑)
なので安心して見られますね。

そして、豪華な顔ぶれを見ているだけでうれしくなる。
各エピソードはおもしろいものあり、感動するものあり、ミステリアスなものあり・・・
まったく関係ないエピソードに思えたものが、次第に収束していく感じはとてもおもしろいのだけど、正直言ってあまり・・・というパートもあったりして。
よかったのは、H・スワンク、R・デ・ニーロとH・ベリーのエピソード(なるほどこういうつながり!)、M・ファイファーとエフロンのエピソードも楽しかった。
が、S・ジェシカ・パーカーとA・ブレスリン親子のエピソードはちょっと・・・
最後のはずし方(いや当然、彼女だと思ったら違うという・・・)はキライじゃないけれど、なんかしっくりこなかった。

ま、全体としてはハッピームードの映画だったからよしとしますか。

2018/12/06

「幸せへのキセキ」

本日の映画

movie-38 「幸せへのキセキ」  WE BOUGHT A ZOO 2011年米

DIR:キャメロン・クロウ
CAST:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング
STORY:コラムニストのベンジャミンは半年前に妻を亡くし、子供たちもいろいろな問題を抱えていることから、田舎に引っ越すことに。見つけた物件は2年間閉園状態の動物園がついていた。周囲の反対を押し切りこの家を購入したベンジャミンだったが・・・

☆☆☆イギリスのコラムニスト、ベンジャミン・ミーの実話の映画化。

舞台はアメリカになっちゃってますが・・・
そして、予定調和な映画だけれど、結構よかった!

言ってみれば、家族の再生ドラマなのだけど、全然嫌みがなくて安心して観られるんですね。
みないい人ばかり。嫌みに思えた検査官さえ最後はいい人になるし。

妻の死で鬱状態になり、子供たちも問題を抱えて親子間もぎくしゃく。
ついには仕事もやめて田舎に移住・・・
というだけなら、たくさん観てきたのだが、これが動物園付きというところがミソ。

全くのしろうとだった主人公が、飼育員たちにバカにされ疎んじられながらも、不屈の精神で難局を乗り越え、ついには開園にこぎつける。
これが実話?と思うけど、そうなんですねぇ。

いつの間にか貫禄がついちゃったM・デーモンもいいのだけど、いつもながらの仏頂面のスカヨハもならではのキャラ。
でも、T・ヘイデン・チャーチがいい味出してますね。こういう脇役がいると映画がぐんとよくなりますもん。

ちょっと優等生すぎる気もするけれど、観ていて安心できる映画はよいですね。

2018/12/04

「砂漠でサーモンフィッシング」

本日の映画

movie-37  「砂漠でサーモンフィッシング」  SALMON FISHING IN THE YEMEN 2011年英

DIR:ラッセ・ハルストレム
CAST:ユアン・マクレガー、エミリー・ブラント、クリスティン・スコット・トーマス、アムール・ワケド
STORY:イギリスの水産学者ジョーンズ博士のもとに、砂漠の国イエメンで鮭釣りができるようにしてほしいという依頼が舞い込む。あまりに荒唐無稽な依頼をいったんは断ったが、中東との関係改善のためにと政府がこの話に飛びついて・・・

☆☆☆イギリスのベストセラー小説の映画化。

ラッセ・ハルストレム監督の映画は、「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」ややかまし村シリーズ以来大好きで、ほぼはずれなし。
ということで、この映画も楽しみに観た。
後味がいいんですね、この監督の映画は。

この映画もそう。
ユーモアもたっぷり、政治的な皮肉も交えつつゆったりとドラマが進んでいくのが心地よい。

砂漠で鮭釣り!!
なんて、実現できるわけないよね・・・
誰しもが思うのだが、あらゆる困難をくぐり抜け、妨害にもめげず、ついに・・・
というところで、え?そんな?という展開になるものの、でもハッピーエンドで。今回もニコニコで見終えることができたのでした。

E・マクレガーもE・ブラントもぴったりの役どころなのだけど、さすが!C・スコット・トーマスが老獪な首相広報担当を演じてうまいですね。

「くるみ割り人形と秘密の王国」も楽しみだな。

2018/11/22

「イコライザー」

本日の映画

movie-36 「イコライザー」  THE EQUALIZER 2014年米

DIR:アントワーン・フークア
CAST:デンゼル・ワシントン、マートン・ソーカス、クロエ・グレイス・モレッツ、デヴィッド・ハーパー、ビル・プルマン、メリッサ・レオ
STORY:元CIAエージェントのマッコールは今は過去を消し、静かな生活を送っていた。行きつけのダイナーで知り合った少女娼婦テリーがロシアン・マフィアから痛めつけられたことを知り、敵のアジトに乗り込みあっという間にやっつけるが・・・

☆☆☆クライム・アクション。
80年代後半のテレビシリーズ「ザ・シークレット・ハンター」の映画化という。

主人公のなんと強いこと!
敵をバッタバッタと倒していく。隙なし!
あっけにとられているうちに、敵は全滅。
最後の方で、ホームセンター(主人公は今はホームセンターの店員)で戦う場面は、あらゆる商品を武器にかえて敵をやっつける。

個人的には、主人公がテリーと知り合い、友情(保護者的な愛情?)をはぐくんでいく冒頭の場面がいいなあと思う。
主人公は毎日静かにダイナーで『老人と海』を読んでいて、それがきっかけでテリーと知り合うのだけれど、かつて凄腕のエージェントだったとはまったくわからない佇まい。

ここから一変、アクションになるのと、一気に最後まで・・・
いやはや、こんなに強くていいのかなというくらいに強い(笑)

テレビシリーズでもこんなに強かったのかしらん。
必殺仕事人みたいなシリーズなのかな?

ちょっと見てみたくなりました。

2018/11/15

「96時間/リベンジ」

本日の映画

movie-35 「96時間/リベンジ」  TAKEN 2 2012年仏

DIR:オリヴィエ・メガトン
CAST:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン、ラデ・シェルベッジア、リーダンド・オーサー、D・B・スウィーニー
STORY:娘キムを誘拐した人身売買組織をたった一人で壊滅させた元CIAのブライアンは、元妻のレノーアとの復縁を願って2人を海外旅行に誘う。トルコで合流した3人だが、ブライアンとレノーアはバザールで拉致されてしまう。

☆☆☆「96時間」の続編。

今回も暴れまくるL・ニーソン!
すっかりアクション俳優になってしまったニーソン。本人もこれでよかったと思っているのかはともかく(笑)、元々演技派だったことは忘れそう・・・

1作目は娘が誘拐され、一人奪還を目指す父親で、まあなんて強いんだろと感心したけれど、2作目ではさらにパワーアップ。自らが元妻とともに捕まってしまい、携帯で娘を動かしつつ、脱出、敵をやっつけるという・・・
多少痛い目にあうけれど、圧倒的に強く、敵をバッタバッタをなぎ倒す!

サイドストーリーがあるとか、伏線が張られているとかは一切なく、ただただ、愛する元妻と娘を守るという目的だけで突っ走るお父さん。
このひたむきさがいいなあ。
余計なことは一切なし、のシンプルな映画なところは好感がもてる。

が、やっぱり超人的すぎないかな?おとーさん(笑)
娘も父親に似たのか、なんて強いの(笑)

3作目までできてしまうとは・・・
次も見よう。

2018/11/13

「ダイバージェントFINAL」

本日の映画

movie-34 「ダイバージェントFINAL」  ALLEGIANT THE DIVERGENT SERIES: ALLEGIANT 2017年米

DIR:ロベルト・シュヴェンケ
CAST:シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、ジェフ・ダニエルズ、マイルズ・テラー、アンセル・エルゴート、ゾーイ・クラヴィッツ、マギー・Q、ビル・スカルスガルド、オクタヴィア・スペンサー、ナオミ・ワッツ
STORY:トリスの恋人フォーの母、イブリンが新たな支配者となったシカゴでは、平和のリーダー、ジョアンナとの対立が激化していた。トリスは壁の向こうの世界へと脱出するのだが・・・

☆☆☆ダイバージェントシリーズ第3弾。

このシリーズ結構好きだったんですよ。
同じ頃公開されたハンガー・ゲームシリーズより、好きだったくらい。

第1弾大好き、第2弾もよかったねと思ったんだけれど・・・
第3弾になったら、急に失速。
なんでかな~

キャストは相変わらずいいんですね。
前作でケイト・ウィンスレットがフェイドアウトしたけれど、ナオミ・ワッツ、オクタヴィア・スペンサーと演技派を揃えているし、なんかありそうなジェフ・ダニエルズも参戦、お芝居的にはいいのだけども・・・(まあよく出たよねってのはあるけれど)

ストーリー的にどう収束させるかと期待していたものの、なんか違う方向にいっちゃったような??
今までの経緯はなんだったんだということに。

そして、主演のシェイリーンが1作目、2作目は輝いていたのに、残念ながらフツーになってしまっていて、残念ながらあまり魅力が感じられず・・・

結末もこれで終わる感じもしなくてモヤモヤ感が・・・
どうやら興行成績が悪かったので、続きを作るとしてもテレビになるとか。
それもどうなるかわかりませんね。

結局、ハンガーゲームシリーズの方がトータル的にはよかったかな。

2018/11/09

「愛を読むひと」

本日の映画

movie-33 「愛を読むひと」  The Reader 2008年米独

DIR:スティーヴン・ダルドリー
CAST:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、レナ・オリン、ブルーノ・ガンツ
STORY:1958年ドイツ。15歳のマイケルは偶然知り合った年上の女性ハンナに惹かれ、つきあうようになる。マイケルは彼女に本の朗読をすることが日課となるが、ある日彼女が姿を消してしまう。時は流れ、法学生となったマイケルは意外な場所でハンナと再会する。

☆☆☆☆世界的なベストセラー『朗読者』の映画化。

小説は読んでいないのだが、なんとなく重い映画だろうなと思って、なかなか見ようと気がおきずようやくの鑑賞。

思った通りの重い映画だった。
が、見応えのある映画で、見てよかったと思う。

前半は、少年と年上女性との濃密な恋の物語で、なにやら甘酸っぱいお話で終わるのかと思いきや、後半になって一変。重苦しい展開となる。

前半で伏線はもちろん張られていて、薄々、ハンナの秘密もわかってしまったのだけど、マイケルもその秘密を知って苦悩する。
ハンナも、なぜその一言が言えなかったのか・・・
何度もチャンスがあったはずなのに・・・
最初にマイケルに打ち明ければ、昇進のチャンスがあった時に言えば、そして、裁判の場面で告白すれば・・・
ハンナのプライドだったのか。実に哀しい。

ケイトはこの作品でオスカーを獲得したわけだけれど、熱演というよりかは、これくらいケイトならなんでもないよねという演技。
いろいろなことにくたびれた女性を演じさせるとさすがなのであるが。

もっと早く見るべきだったなあ。


より以前の記事一覧

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon