旅行・地域

2018/12/27

外濠を歩く4

(3より続き)

1_4
四ッ谷駅の向こうに見える石垣は、四谷門の一部。
ここからまた土塁の上の遊歩道を行く。

市ヶ谷駅の交番前の交差点に江戸城市ヶ谷門がかつてあった。

2_4
駅前の小さな公園のところに市ヶ谷御門橋台の石垣石が残っている。

さらに土塁の上を進む。

3_4
このあたりから見える外濠は、水を湛える濠らしい濠だ。

4_4
やがて飯田橋近く早稲田通りと交差するとことに牛込橋。

5_4
ここに残っている石垣は江戸城牛込門の櫓台石垣である。

6_4
向かいに「阿波守」と書かれた大きな石が置かれているが、門の工事は徳島藩の蜂須賀家が担当したから。

飯田橋ラムラに到着。

7_4
コージーコーナーにて休憩。
普段、ケーキはあまり食べないのだけれど、結構カロリーを消費したので、いちごシフォンを食べる。

8_4
ラムラの前は外濠をイメージした?感じになっていた。

9_4
飯田橋東口からはJRの線路と外濠の間を歩いて行く。
ちょうどここで外濠と神田川が合流する。

10_4
JRはこのあたりから高いところを走るが、度台は江戸時代に築かれた外濠土塁なのだそうだ。

ガードをくぐってJR線の向こうに出てしばらくいくと、水道橋駅。

11_4
駅を通り過ぎて、水道橋を渡る。

12_4
浮世絵のレリーフが飾られている。

13_4
橋を渡り、外堀通りを上がっていく途中に、神田上水懸樋跡碑がある。
水道橋という地名は、懸樋(掛樋)=水道管が神田川をまたぐ様子が眺められたことからついたものとのことだ。

14_4
坂を登りきり、お茶の水橋を渡った交番の裏にお茶の水碑が。
将軍のお茶に用いるための井戸があったところからつけられた地名だそうだ。

ここですっかり日が暮れてしまったので、歩きは終了。
両国橋まで若干残してしまったが、また後日残りを歩くこととしよう。

15_2
地元に戻って、庄やで乾杯!

約34000歩。
まずまず歩きました。

(完)

2018/12/26

外濠を歩く3

(2より続き)

1_3
溜池交差点には、溜池発祥の碑が。
溜池は江戸時代のはじめ、防備を兼ねた外堀兼用の上水源として造られ、秀忠時代には鯉や鮒が泳ぎ、不忍池に匹敵する名所だったというが、明治に入り埋め立てられたとのことだ。

2_3
日枝神社を通り過ぎ、赤坂見附手前で少々休憩。

4_3

3_3
弁慶堀を弁慶橋で渡る。

渡った右側の建物が東京ガーデンテラス紀尾井町。

5_3
昔、紀州徳川家中屋敷があったところだ。

6_3
ウッドデッキの散策路を奥に行くと、石垣を間近で見られる。

7_3
この刻印は福岡藩黒田家のもの。

8_3
ガーデンテラスのツリー。

9_3
清水谷公園の紅葉がきれいだった。

10_3
中には、大久保利通の哀悼碑が。
このあたりで、暗殺されたという。

11_3
江戸水道(玉川上水幹線)の石枡の一部もあった。

12_3
紀尾井坂を上がっていく。結構な傾斜だ。

13_3
ホテルニューオータニの敷地に入っていくと、近江彦根藩井伊家屋敷跡がある。
上智大学のあたりは昔、尾張家の屋敷があったところで、紀伊家、井伊家、尾張家の屋敷が並んでいたので、紀尾井町となったわけですね。

14_3
上智大のグラウンドは真田濠。
土塁の上は遊歩道になっていて、春は桜がきれい。以前職場が四ッ谷にあったのでよく来たものだった。

(4に続く)

2018/12/25

外濠を歩く2

(1より続き)

ただいま閉鎖中の常盤橋公園は江戸城城門の一つ常盤橋門があったところ。

1_2
渋沢栄一の像だけは見ることができた。

旧橋の常磐橋(人道専用)は、東日本大震災によって大きく変形したため、復旧工事中。そろそろ工事も終了だろうか。

2_2
今回通ったのは、大正時代に造られた橋。常盤橋で旧橋の字とは異なる(磐と盤)。

3_2
右折したところにあるのが一石橋。

4_2
そのたもとにあるのが一石橋迷子しらせ石標。
迷子探しのための告知石碑。左に迷子の特徴を書いた紙を貼り、右に心当たりのある人がその旨書いた紙を貼るというもの。
これと同じようなしるべ石を、東海道歩き、桑名の春日神社で見たなあ。

5_2
一石橋の親柱もあった。

呉服橋交差点を渡り、鉄鋼ビルの横のほそい道を入っていくと・・・

6_2
北町奉行所跡がある。遠山の金さん!!

というところで、東京駅に出た。
そろそろお昼。ということで八重洲地下街へ。

7_2
おそばやさんで、豚肉そば・柚子こしょう風味を。柚子胡椒が効いていてなかなかよろしい。

8_2
江戸城鍛冶橋門があった鍛冶橋交差点を通りすぎ、次の橋は数寄屋橋。江戸城数寄屋橋門があったところだ。

銀座インズ、ファイブと専門店街はみな外濠の上に建てられた建物とのこと。

9_2
コリドー街を通り、新幸橋で山手線の内側へ。

10_2
今、日比谷公会堂は、改修工事終了まで休館中だ。
いつ終わるんだろう?

11_2
大同生命のビルの脇には、元禄初年~現在までのこのあたりの外濠の変遷を示したパネル(広重の絵も)があった。

突き当たったところが文部科学省。

12_2
正面玄関前に埋め込まれた大きな石は、外濠の石垣を再利用したものとのことだったのだが、これかな???違うかな?

東京メトロの文科省出入り口の半地下に江戸城外堀跡地下展示室がある。

13_2
これは石垣の石の現物だろうか?

14
発掘された外濠の石垣。

15
建設した大名の刻印があり、この矢のマークは毛利家らしい。
さすが!矢だ!

(3に続く)

2018/12/24

外濠を歩く1

先週、東海道歩きを予定していたのだが中止となった。
かわりに歩いたのが東京、外濠。

1
先日購入した東京人の特集が「外濠を歩く」で、これはちょっとおもしろそうだなと思って計画。

地下鉄の九段下駅からスタートである。10時少し前。

2
歩きはじめてすぐに日本橋川があり、俎橋を渡って少し進み、首都高西神田出入口のところにある橋が掘留橋。ここが外濠めぐりのスタート地点。
江戸時代の日本橋はこの橋あたりで行き止まりとなっており(今は神田川までつながっているが)、堀が留まることから掘留という地名になったという。

再び九段下の方に戻り、俎橋を渡って次の橋を右折すると千代田区役所の入ったビル(ずいぶん立派に!)。

3
この前にあるのが、大隈重信の雉子橋邸跡である。

4
そして少し進むと雉子橋があり、その先には江戸城外濠の石垣が見える。

5
結構ちゃんと残っているんですね。
遊覧船に乗ってみたいなあ。

6
次なる橋が一ツ橋。一橋徳川家の名の由来となった橋である。

7
江戸城一ツ橋門の石垣も残っている。

大手町川端緑道に入る。2014年、再開発に伴いできた遊歩道だ。

気象庁の前あたりには、旧静物季節観測の木々がある。
かつて、桜の開花などを知らせていた木々だ。

8
これはソメイヨシノ。

9

10

11
そのほか、たくさんの植物が植えられている。

食べ物やさんの車が集合している場所もあり、昼食時は結構人がくるのかもしれない。

12
神田橋門石垣跡。

13
外堀の石垣。

(2に続く)

2018/11/24

名古屋日帰り観光

木曜日、元々東海道の続きを歩く予定だったのだが、相方の母親の調子がイマイチ・・・
ということで、名古屋観光をすることにした。

6時すぎに家を出る。ちょうど夜が明けるところでかなり寒い。

7時半くらいののぞみに乗ろうと思っていたのだが、1本前の23分に間に合った。
早速朝ご飯のパンを食べ、うつらうつら。

1
久々に新幹線の中から富士山が見えた。
9時4分着。

今回は、名古屋城、徳川園、文化のみちをまわろうと思っていたので、便利で安いなごや観光ルートバス、メーグルに乗ろうとバスターミナルに着くと、すでに人がいっぱい。さすが、みんなよく知ってる(笑)。

一日乗車券を購入、ぎゅうぎゅうのバスに乗り込む。
車内放送が武将バージョンで笑う。

9時半に名古屋駅を出発し、9時55分前に名古屋城到着。
観光バスがたくさん止まっていて混んでいそうな予感・・・

メーグルの一日乗車券を提示すると入場料が100円引きの400円に。
各所で割引きがあるので、この乗車券はお得だ。

2
入場するとちょうど菊展をやっていた。

3
必勝カヤの木。推定樹齢600年。

4
ついついマンホールがあると撮ってしまう(笑)。
真ん中に名古屋城。まわりは名古屋港、宮の渡し、名古屋テレビ塔、東山動物園、名古屋国際会議場のようだ。

5
西北隅櫓。
ちょうど今は内部を公開中なので入ってみる。
3階は人数制限があり、しばし待ってから上がる。

6
天守は残念ながら今は閉館中。

7
かわりといってはなんだが、本丸御殿が今年6月より全面公開されている。
この復元プロジェクトはすごいですねぇ。豪華!
思わず写真をパチパチ撮ってしまう。

襖絵、障壁画、どれも素晴らしい。

8

9
虎など。。

10

11
花鳥画。

12
風俗画。

13
山水画。

14

15
欄間の彫刻、飾り金具もゴージャス。

これは見応えありますね。

16_2
本丸御殿を出て、東南隅櫓を見て(こちらは中には入らず)、二の丸公園を散策。
紅葉がきれい。

お城の見学終了。
今年できたという金シャチ横丁でお昼を食べることにする。

入ったのは、山本屋総本家。

17
食べたのはもちろん!味噌煮込みうどん(玉子入り)。
玉子をうっかりつぶしてしまい、黄身がちょっと出てしまった・・・
今年は、味噌煮込みうどんを何回も食べたなあ。

バスの時間までまだ少しあったのでお土産屋さんをのぞき、バス亭に行ってみると、まだ早いと思ったのに、たくさん並んでいるではないですか!
やっぱりメーグルはいつも混んでるんですね・・・

12時52分のバスに乗る。15分弱で徳川園に到着。
徳川園と徳川美術館のチケットを購入(セット割+メーグルの割引きもあり)。

まずは徳川園へ。

18

19
ここもまた紅葉がはじまっており、美しい。意外に広い庭だ。

20
桜も咲いていた。子福桜という品種らしい。

21
滝もある。

続いて徳川美術館へ。順路の途中で蓬左文庫も見学することができるのだが、思ったより広く、充実。
ちょうど企画展示として源氏物語の世界をやっており、国宝の「源氏物語絵巻」を見ることができたのがうれしい。

3時13分のバスに乗る。やっと座れた!と思ったが、次の目的地、文化のみち二葉館バス亭まではたった7分!

文化のみちと言われるこの地区(白壁地区)は、戦火を免れた近代建築や武家屋敷跡などがたくさんある場所。

22
まずは、文化のみち二葉館に入ってみる。
ここは日本の女優第一号、川上貞奴の屋敷を移築復元したもの。赤い瓦葺きの屋根がかわいらしい。

中に入ってみると、豪華なお屋敷ですねぇ。

23

24
ステンドグラスがとっても素敵。

続いて豊田佐助(佐吉の弟)邸を見学しようと行ってみたけれど、残念!3時半で終わりだったので、カトリック主税町教会へ。

25
名古屋最古の教会堂で、白壁地区で唯一現存する明治建築だそう。

26

27
最後に、名古屋市市政資料館へ。
赤煉瓦の建物で、大正時代に建設された日本最古の控訴院で、国の重要文化財。

これにて観光終了。
市役所駅から地下鉄に乗り、途中乗り換えて名古屋駅まで。

元々6時過ぎののぞみの指定をとっていたのだが、5時過ぎののぞみに変更。
おみやげを買い(金鯱ういろう)、乗り込む。

東京駅着は7時少し前。
地元には8時前に到着し、庄やで乾杯!

なかなか充実した一日でした!
(完)

2018/08/15

東山道武蔵路

台風がくるかもしれないという予報があった日は予備日として、何も予定を入れなかった。結局、思ったより早く台風は過ぎ去って、出かけられたのだけど、家でゆっくりも悪くはない・・・
ということで、近所をちょっとだけお散歩。

古代の官道であった東山道武蔵路の遺構を見に行った。

西国分寺駅の南東にかつてあった中央鉄道学園が売却され、公園・住宅等が建設されるにあたっての発掘調査で、400メートルにわたるこの道路の遺構が発見され、結局地下1メートルくらいのところに埋没保存されることとなった。

1808151

1808152
そして、発掘された側溝の位置及び形状をアスファルトの上に黄色で表示している。

1808153
レプリカもある。

20年近く前、発掘調査してるなと思って見ていたのだけど、こういうのがあるとは今まで知らなかった。
市立歴史公園にも東山道武蔵路跡があるらしいから、今度行ってみよう。

2018/08/09

高崎ドライブ

元々、高崎へのドライブは水曜日に行くことを予定していた。
ところが、台風がくるかも?ということで前倒しにして月曜に行くことに。

6時半起床。7時出発。
まずはコンビニに寄り朝ご飯と飲み物調達。ささっと食事を済ませる。

関越自動車道に入る前は若干の渋滞があったものの、高速は渋滞なし。
高坂サービスエリアで少々休憩し、最初の目的地、上毛野はにわの里公園に到着したのは10時過ぎ。

1
まずは、かみつけの里博物館に入ってみる。入場料200円。
入口から埴輪感満載でわくわくする。

このあたりは1500年前の榛名山大噴火によって地中深く埋没していたが、新幹線を通すにあたっての調査で発掘されたらしい。

2
その模型や、埴輪を展示しておりなかなかに興味深い。

3

4

5
埴輪、なんかユーモラスで好きなんですね。

続いて、保渡田古墳群の3つの古墳をめぐってみることにする。

6
まずは、博物館の裏手にある二子山古墳。
発掘前の古墳の形状をできるだけ変えずに整備している。
この古墳が一番早く造られており、一番大きい。

7
中島が4基あるけれど、これは何のためのものか・・・
祭祀の場所だとかいくつかの説があるようだが・・・

8
続いて通りを渡り、八幡塚古墳へ。
この古墳は当時のとおり再現されている。周囲に石が積まれ埴輪が飾られている。

9
人物もあれば、動物もあり・・・

10
このお相撲さんみたいなのはなんだ??
と思ったらやはり力士のようだ。

11
中には石棺もおかれていた。

もう一つの薬師塚古墳が見つからない・・・

12
でもどうもお寺があるあたりが古墳みたいな形だなと思ったら、完全な形では残っていないが、やはり西光寺のあるところがこの古墳で、上には舟形石棺があった。
13

さてそろそろお昼。
出かけると、早くお昼にしないと難民になることが多いのだが、わりと近くのイオンモールに群馬の鶏めしのお店があることがわかり、向かう。

上州御用鳥めし本舗登利平である。

Photo
竹にするか松にするか迷ったが、胸肉ともも肉と両方入っている上州御用鳥めし松重を注文。
これで正解。やっぱりもも肉の方がおいしいんだなあ。

さて、午後向かうのは、高崎洞窟観音である。
高崎の観音様といえば、白衣大観音だけれど、わりと近場にこんな観音もあったとは・・・

呉服商として財をなした山田徳蔵が大正8年着工、50年にわたって人力で洞窟を彫り、観音霊場を完成させたというもの。
中は20℃くらいで大変涼しい。

33体もの観音像があり、表情は様々。

14

15

16

17

18
如意輪、十一面、馬頭、千手、聖観音、龍頭、白衣、瀧見、延命、岩戸などなど。
中は暗いのでうまく写らなかったのが残念だ。

洞窟から出て、徳明園という庭園も見てまわる。

19

20
回遊式の庭園で、ここにもいろいろな石造物があったりする。

21

22
つつじや紅葉の季節はきっとキレイでしょう。

山徳記念館(風刺漫画の展示)もささっと見て出発、しんとうワイナリーへと向かう。

ドライバーである同居人は試飲できないので、代表してワタクシが(笑)。
全種試飲させてもらったけれど、やはり購入したのは、赤(ベリーA)と白(甲州)だった。

外に出ると空が暗くなっていて、少しポツポツと降り始めた。

近くのお土産屋さんに到着したときは、かなり降り出していたのだが、買い物をしているうちにあっという間に豪雨(雷雨)に・・・

完全に降り込められてしまい、なかなか脱出できない。
しかし、ずっといるわけにも行かないので、エイヤと外に出たが、車までのほんの数メートルの距離で、結構ぬれてしまった。

徐行運転で発進したが、あまりに雨が強く前が見えない・・・
次第に雨は小降りになったが、天気予報あたったな~

道の駅よしおか温泉(温泉施設は結構繁盛している模様)でおみやげを買い足し、観光終了、高速に乗る。

上里サービスエリアで休憩&おみやげタイムをとり、順調に進む。
高速を降りたあと、少々渋滞したが、味の民芸で夕食をとり、帰宅は10時前。

ドライバーさん、お疲れ様でした~

今回の戦利品。
23


2018/08/05

岐阜日帰り旅行

夏休み1日目。

今年の夏休みはどこに行こうと考えていたところ、岐阜県美術館が改修工事のため11月から1年間休館、休み前の見納めとしてコレクションから選りすぐった作品を展示すると聞き、行くことにした。

5日前に新幹線の切符をとっていたのだが、なんとこの日は岐阜は38度だか39度だかになる予報。一瞬ひるんだが、もう切符はとってしまったし、トレドに行った時は42度だったしなあと、予定通り行くことになった。
もちろん、いろいろな暑さ対策グッズを持って!

5時40分起床。6時10分に家を出て、東京駅には7時頃着。
パン屋さんで朝ご飯を買い、飲み物も買って新幹線に乗り込む。
早速食べ始めていると、7時30分新幹線は動き始めた。

よいお天気ではあるが、残念ながら富士山はまったく見えない。
夏ってホントに見える確率が低いなあ。

時々ウトウトしているうちに、9時10分名古屋に到着。
東海道本線に乗り換え、西岐阜駅着は9時40分過ぎ。乗り越し精算をして、駅の外に出ると、バスがいた!

岐阜県美術館までは歩いても15分くらい。
いつもならばこれくらい平気で歩くのだけど、すでに暑くあまり歩かない方がよいと思い、おとなしくバスに乗っていくことにした。数分で美術館前に到着。
1

まだ開館までには数分あったので、岐阜駅を通るバスのバス停と時刻表を調べてから入場。

展覧会はなかなかに充実していて大満足。
後日感想をUP予定。

さて、12時少し前のバスを逃すと50分くらいなさそうで大丈夫かなと思っていたけれど、ちょうどいい具合に見終えて、屋外の展示作品も見てからバス停に向かう。

かなり気温が上がってきていて、バスを待つのもしんどい。
ベンチに座ろうとしたら、おしりが熱いのなんの!

12時過ぎには岐阜駅到着。
金華山へ行くバスのバス停を確認して、南口に行こうとすると・・・

2
金ぴかの信長像が!
キンキラキンすぎないか?
目立つことは間違いないけれど(笑)

目指すのは鰻やさんだったが、ちょうど中山道沿い。
せっかくだから加納宿をちょっと歩いてみることにした。

3
脇本陣跡、皇女和宮御仮泊所跡の碑(本陣跡)、中山道加納宿当分本陣跡を通りすぎた先に、ようやくお目当ての二文字屋が出現。

4
間口はあまり広くないが奥が長く、席数は結構ありそうだ。
待つことなく通され、うな丼(梅)を注文。
結構早く出てきた。7月中旬から8月いっぱいまでうな重、白焼き等はお休みらしい。うな重は1時間もかかるらしいから仕方ないんでしょうね、混む時期は。

5
もちろん、関西風のうなぎで皮ぱりぱり、しっかりした鰻。
元々中部~関西では粉山椒をかける習慣はなかったらしいが、置いてはあったのでかけてみる。うーん、やっぱり山椒をかけて食べる習慣がある身としてはほしいですねぇ。
鰻はとてもおいしく大満足。おなかもいっぱいになった。

このお店には左甚五郎が彫った欄間(うさぎ)があるらしいのだけど、これは見られないのかな?

6
外に同じがらのモニュメント?があった。

が、体は涼しくならないまま出発。
向かいにある道標を見て、とりあえず東番所跡まで行ってみることに。

7
ところが加納城大手門跡のところで道を間違えてしまい(マップ持ってなかったから・・・枡形になってたし)、だいぶ行き過ぎて修正。

8
このあたりは、中山道であるとともに御鮨街道と書いてあったので、帰ってから調べたところ、美濃国奉行が家康、秀忠に鮎鮨を献上する際、岐阜町から加納問屋場を経て、一宮、江戸へと送られた道のうち、岐阜から熱田を結ぶ尾張街道のこと(別名、鮎鮨街道とも言う)だそうだ。

東番所跡、中山道の道標、高札場跡などを撮影し、最後に加納天満宮に寄ってみた。

9
本殿には舞台を通っていく。
金華山の神輿が立派だった。

10
マンホールは鮎と鵜ですね。らしい!

駅へと向かう。
駅近くにサカエパンというパンやさんがあり、アイスクリームパンに激しく惹かれたのだが、鰻でおなかがいっぱいで残念ながら食べられず・・・

少し街道を歩いただけなのに、暑くてちょっとヤバい感じになっていたので、岐阜駅ビル?ショッピング・飲食店街で涼むことに。

持っていた麦茶はぬるいを通り越して熱くなっていて、さすがに飲み干し、1階のおしゃれ系スーパーで新しい飲み物を購入。ホントは凍った飲み物がほしかったのだけど、なくて・・・
が、駅を出る前にのぞいたベルマートにはあったのだ。残念。仕方なく?コカコーラのミニボトルを買ってバス乗り場へ。

おや?もうきてる。
ということで小走りでバスに乗り込む。

コーラはあっという間に飲み干してしまい、15分近く乗っただろうか。
金華山最寄りのバス停に到着。

11
ふー外は暑いなと思ってふと見上げると、な、なんと!
只今の気温40℃と出ている。なんか気温知った途端、暑さば倍増したような?

12
ちっちゃく見えるお城を撮影し、公園へ。

一瞬、信長の居館の入口(冠木門が)を見て、ロープウェイ乗り場に。

3時のロープウェイに乗った。

13
中からきれいな三重塔が見える。
大正時代に建立されたものだが、川合玉堂がこの場所を選定したという。

上に到着したところで、ふとリス村の看板が目に入った。
お城より早くしまってしまう、ということでまずこちらに。

入口で手袋を貸してもらい、餌をのっけてもらう。
暑いのであまり食べないかもしれませんと言われたのだが、確かにぐだーっとなっているリスが多い。

14
それでも一匹のリスが駆け寄ってきて、ワタクシの手をしっかりつかんで、むしゃむしゃと食べ始め・・・ほとんど1匹が食べ尽くしてしまったのだった。

そして、お城に向かったのだが、ここからはそれなりに距離があり、上り坂。汗が流れ出る。

15
冠木門を通り、切通を見て、ぐんぐん登る。

16
だんだん景色が見えてくる。

汗だくになりながらお城到着。近くでみると意外と金ぴか(笑)。
資料展示室を見ながら一番上へ。

17

18
いやー眺めが素晴らしいですね。
伊吹山に長良川、木曽川、揖斐川の3つの川、遠くに名古屋、伊勢湾もうっすら見える。

そして、風が通り抜け少し涼しい。ほっとする。

四方の景色を堪能したところで下に降り、近くにある岐阜城資料館にも行ってみた。昔の武器庫、食料庫を隅櫓城郭造に復元したものらしい。

見学終了、ロープウェイの駅まで下っていくが、どうにも暑くて、往きから目をつけていた休憩所の自販機でアイスを購入。
暑い時、アイスを食べるとクールダウンするものだが、さすがにこの気温ではあまり涼しくならず・・・

最近できたという美しいトイレ(洗面所から外の景色が見える)に寄って4時45分のロープウェイに乗って下へ。おみやげを買う。、

19
公園内の板垣退助像を撮影し、終了。
バス停に向かう途中、名和昆虫博物館があって、ここも行ってみたかったけれどな~
また、別の機会に行こう。

わりとすぐにバスはきて駅へと向かう。
名鉄で名古屋まで出ることも考えたが、やはりJRの方が早そうということでJRの駅まで戻る。

するとラッキー、すぐに電車がきて飛び乗り名古屋へと向かった。さすがに疲れて、うつらうつら・・・

6時少し前に名古屋駅に到着、とりあえず外に出る。
岐阜とは関係ないが、先月東海道を歩いた際、暑くて四日市の笹井屋のなが餅を買うことができなかったので、是非買いたいと思い、エスカのお土産やさんに売っているとの情報があったので行ってみた。
いくつかお店をまわってようやく発見!これまた買いそびれていた桑名の蛤の時雨煮も発見、購入する。

夕食はエスカのきしめんよしだにて。

まずは生ビールで乾杯!おいしいのなんの!

メニューが豊富で悩んだのだが、あつかったので冷たいきしめんを注文。

同居人はかき揚げおろし、ワタクシはチャレンジャーにちらしである。

20
ちらしというとおすしを連想するが、大きな玉子焼や椎茸の甘煮がのっているところはおすしっぽい。その他、かきあげ、かぼちゃの天ぷら、わかめ、きゅうり、人参、レタスがのっていて結構ボリューミー。ごま酢のたれがかかっていてさっぱりいただける。何より、麺がおいしいんですね。
また食べたいなあ。

まだ多少時間があったので、駅のおみやげやさんを見る。
と、なんだ~キオスクにもなが餅があったじゃないの!苦労して探さなくてもよかったのだった・・・

というところでそろそろ時間。
ホームの売店で水を買い、新幹線に乗り込む。8時3分発。

暑さで疲れ、半分以上は寝ているうちに東京到着。
中央線が人身事故やらなんやら遅れて帰宅は11時頃だった。

今回の戦利品。
21

2018/01/07

掛川ドライブ

今年のお正月はどこかドライブでも行くかとなり、それなら是非掛川に行きたい!と強く主張。
9月末、東海道歩きで掛川に行った際、掛川城に掛川花鳥園のチラシが置いてあり、ここに行ってみたいと思っていたのだ。昔行った富士花鳥園も楽しかったし。

当日は5時半起きで6時出発。コンビニで朝食用のパンを買う。

ところどころダラダラしている箇所はあったものの、まずまず順調に東名のインターに到着、海老名サービスエリアにて一回目の休憩。
ここに寄ると最近は必ずカルビーショップでスナック菓子を買うことにしているのだが、今回は、東京近郊限定発売の江戸じゃが焼きのりしょうゆ味を購入した。
朝食第2弾として餃子ドッグを食べ出発。ちらりと富士山が見えて、この日はきれいに見えそうな予感がした。まだまだ寒い。

1
続いて、富士川サービスエリアにて休憩。思った通りキレイに富士山が見える。雪は少なめでしたが。

2
車も順調に進むし、富士山をさらに撮影しようということで、由比のパーキングエリアにとまる。見えますね。
でも手前の山が邪魔をするので、やはり薩埵峠から見るのがベスト。この日は雲ひとつなく見えただろうなあ。展望台にたくさん人がいるのが見えた。
さらに日本平パーキングエリアにもよってみたけれど、家がたくさんあってほんのちょっとしか見えず。残念。

その先も順調で、掛川のインターで高速を降り、ほどなく掛川花鳥園に到着。10時すぎだった。
あんまり人はいないのではと思っていたのだけれど、車は結構とまっている。人気スポットなのかも?
入場しても結構な人がいてびっくり。

3
まず、世界のフクロウ展示を見る。
寝ている子が多かったけれど、首がぐるっとまわったりしてびっくりしたり。
白フクロウがかわいいですねぇ。ハリー・ポッターを思い出す。
4

見終わったところで、10時半から屋外でバードショーがあるとのアナウンスがあり、慌てて駆けつける。温室をぐるぐるまわって、なかなか外にたどり着けなかったが、ギリギリショーには間に合った。

5
まずはワシミミズクが登場。翼を広げると結構大きい。
次にハリスホーク。飛ぶの早い!お客さんの頭上をひゅんひゅん飛んでいく・・・
6
そして、ヘビクイワシ。名前がキック君というのだけど、その名の通り、へびを猛烈な勢いでキックして倒すのだ。もちろん、ショーのへびはおもちゃ。キックすると餌がもらえることを知っているのでがんばるキック君(笑)。
通常はこれでショーは終わりらしいけれど、正月限定で、シロフクロウのハリー君登場!ハリー君って(笑)。優雅なハリー君。きれいなフクロウだなあ。

そのまま外にいる鳥たちを見たかったところだけれど、すっかり体が冷えてしまい、いったん温室に入ることに。

そこはちょうどオオハシとトキの水辺という部屋。

7
オオハシ、やっぱり大きいなくちばし。
クラハシコウ、エボシドリ、いろいろなトキなど知らない鳥がたくさん。一番たくさんいたのはタカシギだろうか。
8

そして、ハシビロコウの部屋へ。
シャボテン公園でハシビロコウのビル君を見て以来、ハシビロコウの大ファンなのでこれも楽しみにしていた一つ。名前はふたばさん。
9
温室の中にいるから活動的?かと思いきや、やっぱり動かないなあ(笑)。
身繕い中だったのだけど、途中でとまっちゃったり、また突然動きだしたり。うーん、やっぱりいい味だしてます!

たくさん写真を撮ったあと、エボシドリとヘラサギの広場へ。
確かにへらだ!

10
ここにもインコ類をはじめとしていろんな鳥がいたけれど、チャミミチュウハシ(オオハシよりちょい小さめ)に一目惚れ。餌(りんご)を買ってやってみました。見せるとぴょいっと腕にのってきて、意外にもくちばしは怖くはないのでした。

オニオオバスの池はあまり成長していなかったけれど、熱帯魚もいるし、葉の上に鳥ものったりしてましたね。

隣のインコの睡蓮プールのコーナーでは、ああうるさい(笑)。インコがけたたましく・・・
インコがあまりにずうずうしいので餌やりは自粛。

その次の部屋にはまたまたフクロウ。ガラスごしじゃなくて生で見られるフクロウ。

11
ウサギフクロウがかわいかったな~
12
ワライカワセミもいて、けたたましく鳴いてくれないかなと期待したのだけれど、残念。ちっちゃくケケケと鳴いただけでした・・・

13_17
なんかもう一回くらい餌をやりたいなあと思ったところがおしどりの池。
お約束通り?餌をさしだすと、手をばくっと噛む鴨たち。
はじめて見た鴨がアカハシコガモとクビワコガモ。せっかくなのではじめましての鴨に餌をやってみた。

14
対岸にはペンギンもいたけれど、ほぼ全員寝ていて、泳いでいるのは一羽のみ。

15
そろそろ暖まったところで、また屋外エリアへ。
エミューである。富士花鳥園では餌をやったのでこちらでも思ったのだが・・・
繁殖期はあまり食べないということであきらめる。距離が近い、近い。おとなしいんですけれどね。

白鳥の池で白鳥やら鴨やら雁やらを見て終了。
お土産やを物色していたら、そこにもフクロウが。
いや~、フクロウ充実してますね。
おすすめです!

さて1時近く。
昼食は、静岡のハンバーグファミレスさわやかに是非ともいきたいと思っていたので、すぐ近くのお店に行ったものの・・・
店員さんに笑顔で2時間待ちですがお待ちになりますか?と言われて大ショック。
いくらなんでも待てないので、掛川市内のもう一店舗に行ってみたものの、そこでも1時間半待ち。絶望。かねてから超人気のお店と聞いていたけれど、これほど混んでいるとは・・・

しかしこの時間だと、もう結構お店は閉まっており(2時近く)どうするか悩んで、結局道の駅掛川に行ってみることに。ここも東海道歩きで寄ったところだ(おでんを食べた)。

16
なんとか席を確保。掛川名物のとろろを食べることにして、自然薯つけとろろをオーダー。
さすが!とろろおいしいですね。お茶も掛川茶で甘みがあったおいしい。

あれこれとおみやげを買い(藤枝~磐田まで)出発。

17
次の目的地はもちやという和菓子やさん。
ここは東海道を歩いた際、定休日でよれなかったお店。
十返舎一九も買ったという、振袖餅2種を購入した(翌日食べたが、甘さ控えめの上品なあんこを包んだ餅菓子でおいしかった)。

この時点で3時。
もう一カ所行きたかった御前崎の灯台に入れるか微妙な時間になってしまった・・・
すべてはさわやかのせい(笑)。

ひやひやしつつ到着。
いやしかし、下の駐車場から結構登るのだ。

18
ということで、必死に階段を上がり、最後はかなり息切れしたものの、なんとか閉館(4時)10分前に入場。これまた必死に上がって景色を堪能することができた。富士山も見えたけれど、雲がかかってしまっていた。
それよりも日の入り間近の海が光ってとてもきれいだった。
19

さて、これにて観光終了。
最後に道の駅・風のマルシェ御前埼に寄る。
是非とも亀まんじゅうを買いたくて。
大きいサイズの亀さんもいたけれど、食べるの大変そうだったのでミニサイズを購入。

相良牧之原インターから高速に入って、牧之原サービスエリアでおみやげを買い足す。
どうやら渋滞があるらしいことがわかったので、富士川サービスエリアで小腹を満たすためのお菓子を買い、さあ渋滞突入・・・
確かに渋滞はあったけれども、思ったほどでなく(進むうちにだいぶ解消した)、海老名で最後の休憩をし、無事高速を出る。

昼にハンバーグを食べられなかった恨み?で、ビックボーイにて夕食。
ワタクシはまるっと焼きトマトのチーズinハンバーグ、同居人はジャンボビッグボーイハンバーグをいただく。

実家におみやげを届けて帰宅は11時前。

今回もドライバーさん、お疲れ様でした!

今回の戦利品。
20


2017/08/16

山梨ドライブ

夏休み5日目のお出かけは山梨。
連日のドライブでちとキツいが(ドライバーさんが)、台風でうまい具合に1日おきにドライブの日程が組めなかったし、山の日はきっと激混みで(実際渋滞は凄すぎた・・・)出かけるのはムリ・・・
ということでこの日程になった次第。

やはり6時すぎに起床、7時前に出発して、まずはコンビニで朝食、というのは変わらず。

中央道に入り、順調に進んで談合坂サービスエリアにて休憩。
なんか人だかりがしてるなあと思ったら、ツバメの子供が4羽並んでいた。だいぶ大きい。
1_2

大月ICで高速を降り、国道20号線で猿橋へ向かう。
そもそも、このドライブ、猿橋を見に行きたいと思っての計画。去年だったか美の巨人たちでもこの橋のことをやっていたし、広重の六十余州名所図会の1枚や甲陽猿橋之図などを見て、実際に見てみたい!と思ったのだった。

9時過ぎには駐車場に到着。
駐車場からは橋まではすぐで・・・
いや~実際見てみてもおもしろい構造の橋ですね。
橋脚を使わず、張り出した四層のはね木で支えられている橋。現在の橋は昭和59年に再現されたもの。
なんでも、猿がつながりあって向こう岸に渡る姿から、この構造を思いついたとか。それで猿橋!
2_23_2

近くで撮影したあと、展望台に行ってみたが、うーん、よく見えず。木が大きくなりすぎちゃったんでしょうか。構図としては広重の画みたいなんだけど。

戻って実際に猿橋を渡り、新猿橋も渡ってそこから猿橋を撮影。

4_2
反対側には不思議な橋が?
近づいてみると水が流れている。
何かと思ったら、八ツ沢発電所の第一号水路橋なのだった。上流の駒橋発電所で使用した水を有効利用するために作られた水路だそう。今も使われてるんですね。

というところで第一の目的だった猿橋は終了。
近くに関場の石仏群なるものがあるようだったので、キョロキョロしながら車を走らせたがどこだかわからず・・・残念。どうやら、昔工事で出てきた石仏を集めたところだったらしいのだが。

とりあえずそのまま国道20号線を進み、笹子トンネルで山を越える。
手前に笹一酒造があったが、何度か寄ったことがあるのでパス。

トンネルを出るとすぐにあったのが道の駅甲斐大和。
いろいろな種類のブドウを売っていたが、ここで買うのは早いのでパス。
そこで見た地図を見て閃いた!昼食前に、武田信玄の菩提寺、塩山にある恵林寺に行ってみることに。

ブドウ畑や桃園が並ぶ通りを通り抜け、到着。
駐車場は裏の方にあったので、正面からではなく裏から入ることになってしまった。

早速、中を見学することに。
一人300円で、なんと券売機なのだった。
チケットを入れて、パンフをもらう。うーん、これならわざわざ券売機にしなくてもいいような?

本堂はとても立派。

6_2
さらに進むとうぐいす廊下がある。静かに歩いてもキュッキュという音がするうぐいす張り。その先にあるのが明王殿で、真っ赤な不動明王がいらっしゃる。ここは撮影禁止。
その奥に武田信玄公の墓所があるがここも撮影禁止。まわりには家臣の墓が約70も並ぶ。
その近くの柳沢吉保公夫妻の墓所も撮影禁止だった。

5_27_3
枯山水式の方丈庭園も趣があったが、恵林寺庭園の綺麗なこと!紅葉の季節も素敵でしょうね。
鯉は睨んでて怖かったけれど(笑)。

外に出て、順序は逆だが、開山堂、三門(信長によって火を放たれ、百人以上の僧侶が亡くなった場所)、四脚門(赤門)、黒門と見ていく。
89

そろそろお昼。
ということで、塩山駅近くのうなぎと川魚のお店、あし川に向かう。
何もここでうなぎじゃなくても・・・と思わなくもなかったが、今年はうなぎを食べそびれてしまったので、まいいかと。

10
頼んだのは、うな重(上)。
うなぎはふっくら、甘味の少なめなたれだが、おいしい~

おなか一杯になったところで、ぶどうの丘へ向かう。
山梨にきたら、ワインを買わねば!
たくさんの選択肢があって、かなり迷う。見れば見るほど迷う(笑)。
ようやく選んでお買い上げ。

いつもここに来るのは寒い時期が多く気付いていなかったのだが、まわりはフルーツ農園がいくつもある。
ということで、販売所に寄って、試食しておいしかったので、黄金桃を買う。大きな黄色い桃である。白桃とはちょっと味が違うんですね。

続いて向かったのは、桔梗屋(本社)。
アウトレットでお買い物しようと思って行ったのだが、そうか!この日は平日。工場見学ができる!いつも行くのは休日なのでやってなかったのだ。

14
工場見学は結構好きなので、やってるとついつい見てしまう。
餅がねられ、整形され、蜜が入れられ、きなこも入れられ、最後に包む。
この包む行程は人力で、いやー早い早い。あっという間に包まれていく。
包装体験も人数限定で出来るらしい。

アウトレットショップは、残念ながらもう主立った商品は売れてしまっていたので、フツーに売店であれこれおみやげを買う。

最後に寄ったのは一宮浅間神社。
桔梗屋への道の途中に大きな鳥居があって気になったので。

11
お詣りしたあと、祓門をくぐり、十二支石像にお参り。
今年の干支と自分の干支にお参りせよということだったが、なんか漫画チックで(笑)。

12
富士石もあった(この日はまったく富士山は見えなかった・・・)。
残念ながらもう季節は終わっちゃったので見られなかったけれど、夫婦梅というのもあるそう。双子のような梅がなるらしい。

うろうろとしているうちに蚊に刺されてしまい、ちょっとテンションが下がる・・・
ということで観光終わり。

勝沼のインターから中央道に入ると、どうやら渋滞しているらしい。
談合坂サービスエリアで最後のおみやげを買って、合流すると、いきなり渋滞がはじまっていた。
とはいっても、そうたいしたことはなくて、その後は順調に行き、7時半頃、夢屋に到着。ワタクシは野菜と三元豚の蒸ししゃぶ御飯セット、同居人は夢庵御膳をいただく。
8時半帰宅。

またまたドライバーさん、お疲れ様でした!

この日の戦利品。
13

より以前の記事一覧

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon