旅行・地域

2022/02/01

府中市郷土の森博物館3

(2より続き)

1_20220201214901

万葉歌碑。
「赤駒を 山野にはかし 捕り可にて 多摩の横山 か志ゆか遣らむ」。山野に放し飼いをしてあった赤駒を、捕えることが出来なくて、多摩の横山を歩いて行かせることになってしまった。と、防人として出立する夫を思いやる気持ちを歌った歌とのこと。

2_20220201214901

庚申塔。天和元年(1681)造立。

3_20220201214901

こちらも。左から享保9年(1724)、元文4年(1739)、元文3年(1738)造立。

4_20220201214901

馬頭観音。嘉永3年(1850)造立。

ちょっと楽しみにしていたまいまいず井戸。
羽村で見たのは立派だった。

5_20220201214901

でここのだけど、羽村のとそっくりさんだけど(実際羽村のを参考に再現したらしい)規模は小さいですね。

6_20220201214901

旧府中郵便取扱所の脇にあったポスト。ちょっと変な色?

7_20220201214901

明治初年に府中で最初の郵便取扱所になった矢島家住宅である。

8_20220201214901

角柱型のポストがあったんですね。

9_20220201214901
お隣は旧府中町役場。大正10年完成。

10_20220201214901

洋風建築と和風建築が入り交じっている。

11_20220201215101

2階にあった通気口は孔雀のデザインだ。

12_20220201215101
島田薬舗(旧島田家住宅)。

13_20220201215101

水虫専門薬のポンポリン???

14_20220201215101

今年初のお雛様。ちょっと早いような??

15_20220201215101

旧田中家住宅。府中宿の大店で明治天皇鷹狩りの折には休憩所や宿泊所となったという。

16_20220201215101

その前にあったのが明治天皇府中行在所の石柱。

17_20220201215101
ずいぶんと奥行きがある。

18_20220201215101

奥に見えていたのは、明治天皇が休まれた間だったんですね。

19_20220201215101

最後に梅の盆栽を見る。

20_20220201215101

出たところにこの日2つめの郷土カルタの碑があった。
隣の観光物産館に寄り帰る。

21_20220201215201

おみやげは、日本酒こうづるのカップ酒、うめジャム、梅ようかん。

郷土の森、季節ごとに行ってみたいなあと思いました。

(完)

 

2022/01/31

府中市郷土の森博物館2

(1より続き)

1_20220131184501

マンホールはやはり?梅の花。

2_20220131184501

ロウバイの小径が見えてきた。全体的な見頃は過ぎたと書いてあったのだけど、まだ結構咲いていそうだ。

3_20220131184501

小径に入ってみると見頃のロウバイも意外とある。

4_20220131184501

マンゲツロウバイ。

5_20220131184501

ソシンロウバイ。

6_20220131184501
ロウバイ。

小径の西側はもう枯れ始めていたけれど、十分見応えがありました。

梅園に戻る。

7_20220131184501

8_20220131184501

八重寒紅。

9_20220131184501

10_20220131184501

しだれ梅が少し咲き始めている。
白加賀枝垂という品種。

11_20220131184701

12_20220131184701
続いて玉牡丹。
確かに牡丹っぽい。
梅はまだまだだったけれど、4種類見られたのでよし。

13_20220131184701

水仙も少しだけ咲いていた。

14_20220131184701

庚申塔。正徳3年(1713)造立。
いろいろなところから集められているんですね。

15_20220131184701

旧越智家住宅(ハケの下の農家)。江戸後期の稲作農家だそう。

16_20220131184701

石橋供養塔。享保19年(1734)造立。
文字は読めず。こうした供養塔にも三猿がいるんですかね?

17_20220131184701

水車小屋。

18_20220131184701
旧河内家住宅(ハケ上の農家)。江戸後期の人見街道沿いの畑作農家。

19_20220131184701

養蚕が盛んだった明治後期の姿に復元してある。

20_20220131184701
ここでハケ上団子と梅こぶ茶で休憩。
この日はそれほど寒くなかったので、外でもOKだ。
香ばしく焼けたお醤油の団子でおいしい。飛騨高山直送だそうだ。


(3へ続く)

2022/01/30

府中市郷土の森博物館1

金曜日。
午前中だけテレワークをし、午後は有休をとって郷土の森博物館に行くことに。

府中本町で降り、歩いて向かう。
このあたり、遊歩道や緑道が整備されていていいですね。

1_20220130182701

電車ごっこという像があった。
下河原線の跡地なんですね。

2_20220130182601

先を進むと、三千人塚なるものがあった。
分倍河原の合戦で亡くなった3千人の戦死者を埋葬したところという伝承があったが、学術調査によると江戸時代に建てられたものだそう。
エノキは樹高13.8メートル、幹周は2.5メートル。

3_20220130182601

ここにある板碑は孝元元年(1256)のもの。
何が書いてあるかは読めない。

4_20220130182601

武蔵府中郷土かるためぐりの標識もあった。
これをめぐるのもおもしろそうだ。

20分ほどで郷土の森に到着。

5_20220130182601

けやき並木を進む。
ぽかぽかと暖かい。

6_20220130182601

このあたりはあじさいがたくさん植えられている。その季節は素敵でしょうね。

7_20220130182601

ハケ下の流れ、水が澄んでいる。

今日の重大な?ミッションは福寿草を見つけること。
事前にHPで3カ所咲いていることを見ていたので、全部見つけなければと!

8_20220130182601

早速、平右衛門広場で発見。

9_20220130182601

あ、あそこにも!と思ったらたんぽぽでした(笑)こんなに早く咲いているんですね。

10_20220130182601

こちらが川崎平右衛門の像。
この地の名主として新田開発や多摩川の治水に取り組んだ人物。小金井の桜を植えたのもこの人だったんですね。
その後、幕府の代官として岐阜の治水事業や石見銀山の採鉱事業を行ったという。知らなかったな。

11_20220130182801

お地蔵様。寛文10年(1670)造立。

12_20220130182801

平右衛門広場にも梅の木があり、ほんの少しだけ咲き始めている。

13_20220130182801
唐梅という種類だ。

梅園へ。

まず、梅をそっちのけで福寿草探し(笑)。

14_20220130182801

早速見つかった。

梅園はまだまだ寂しい限りだが、それでも早咲きの梅がちょっとだけ咲いている。

15_20220130182801

16_20220130182801

八重寒紅(野梅系・八重)。

17_20220130182801

北村西望作の彫刻があった。
「無限」である。題名の意味は???

18_20220130182801

19_20220130182801

こちらは白い梅、八重野梅(野梅系・八重)。

20_20220130182801

21_20220130183101

そして、三カ所目の福寿草発見!コンプリートしました。

(2へ続く)

2021/09/21

羽村・福生ウォーキング3

(2より続き)

おなかいっぱいになり出発。
最後の目的地、石川酒造のショップの閉店時間が3時なので間に合うかどうか・・・

1_20210919182101

八高線、青梅線、五日市線の線路を立て続けに渡るのだが、八高線と青梅線の間に水喰土公園がある。
みずくらいどとは、江戸時代、玉川上水の堀を掘っても掘っても厚い砂利層が水を吸込んだことによる。おもしろいネーミングだ。
今度五日市街道を歩く際に通るだろうから、そのときもうちょっと散策してみようと思う。

2_20210919182101

ここになんだかゆるキャラが・・・と思ったら、たっけー☆☆だそう。
福生七夕まつりのイメージキャラクターとして誕生した竹飾りの妖精で、のちに市の公式キャラクターとなったらしい・・・
あくまで☆☆がつくんですねぇ。

3_20210919182101

福生院(奥多摩新四国霊場八十八カ所89番・・・って88までじゃないのか!)をちらりと見学。

4_20210919182101

洗心童子がいいね!

先に進む。

5_20210919182101

伝・地頭井戸。江戸時代から昭和30年代まで使われていたようだ。

熊川神社到着。

6_20210919182101

大国主命(おおくにぬしのみこと/大黒天)と市杵島姫(いちきしまひめ/弁財天)を祭神とし、後に五福神を合祀したことから福生七福神とも呼ばれる神社で、本殿は市内最古の木造建築だそうだ。

ちゃんと七福神もあって・・・ここだけで七福神巡りできるって便利!

7_20210919182101

布袋。

8_20210919182201

毘沙門天。

9_20210919182101

福禄寿。

10_20210919182101

弁財天。

11_20210919182501

寿老人。

12_20210919182501

大黒天。

13_20210919182501

恵比寿。

14_20210919182501

なかなかに楽しい神社だった。

ここから酒造まではあとちょっと。十分間に合うことがわかってホッとする。

熊川分水が続いているが、とても水がきれい。

15_20210919182501

ちょうどキンモクセイも満開だ。

16_20210919182501

そして、石川酒造に到着。ふー間に合った!

17_20210919182501

無事欲しかったひやおろしを買う。
300㎖とはいえ4本背負うと結構重いが、なんのその!

18_20210919182501

この酒造にも熊川分水が流れているんですね。
いいお水で作られるおいしいお酒!
石川酒造は熊川村の名主であった石川家の十三代目当主の石川和吉が文久3年(1863)に創業、十四代目千代蔵は熊川分水の整備に大きく貢献したそうである。

19_20210919182501

夫婦ケヤキ。樹齢400年を超える大きなけやきだ。

これにて予定していたところはクリア、拝島駅へと向かう。

20_20210919182501

この日はじめてのマンホール発見。昭島市のマンホールだが、アキシマクジラが描かれている。
このクジラ、アキシマエンシスでレプリカが見られるようだ。

駅に到着するとちょうど青梅特快が出るところで飛び乗る。
あっという間に地元駅到着。

21_20210919182701

白玉クリームあんみつを食べ帰宅。

22_20210919182701

おみやげはもちろん?日本酒。

約26400歩。
なかなかバラエティに富んだウォーキングでした。

(完)

 

2021/09/20

羽村・福生ウォーキング2

(1より続き)

1_20210919181401

博物館自体はモダンな建物だ。
写真は撮ってもよいが、ネットへのUPは不可ということで残念ながら載せることはできないのだが・・・

屋内の常設展示は、縄文土器や石器、板碑、まいまいず井戸の模型もあった。玉川上水に関する展示、養蚕に関する展示なども。
一番興味深かったのは中里介山に関する展示だろうか。
中里介山といえば『大菩薩峠』の作者という以外の知識がなく、羽村の生まれということもはじめて知ったのだった。うーん、やっぱり『大菩薩峠』を読むのは大変そうだ(笑)

外の展示がまたすばらしい。

赤門があったが、中里介山の大菩薩峠記念館の正門だったもの。
元々は、現所沢市の徳川幕府に仕えていた眼科医鈴木家の門だったが、介山が譲り受けたのだそう。江戸時代中頃のものだそうだ。

国師弟重要有形民族文化財の旧下田家住宅もある。
スタッフの方に説明していただいたのだが、やはり単に見るより説明を聞いた方がいろいろとわかっていいですね。

茅葺き屋根が立派で30年ごとに葺き替えるそうだけど、工事費が2300万!国の文化財なので半分は国が、あとは都と市が半々で費用を負担するそうだ。
休館日以外はいろりで火を焚いているそうで、天井はいぶされて黒々。
農家兼荒物屋さんだったそうで、いろいろな道具も残されている。
お風呂の仕組みもおもしろい!
いやはや立派な家でした。

さて出発。
また橋を渡り、玉川上水沿い歩いていく。

2_20210919181401

羽村導水ポンプ所。
水は青緑だったのだが・・・

3_20210919181401

このポンプ所を通ったあとは、澄んだ水に!

しばらく歩いて新堀橋到着。
玉川上水のなかでも多摩川に接近していた場所では、多摩川の増水によって土手が崩壊する被害によく見舞われたため、開削から約90年後の元文5年(1740)、多摩川から40mほど東に離れたこのあたりに新たな水路が作られたそうだ。

4_20210919181401

この橋からの眺めは新東京百景に選ばれている。
確かにきれいだな~

5_20210919181401

6_20210919181401

7_20210919181401

カルガモさんがちょうど泳いできた。
上流に向かって必死に泳いでくるのだが、その後向きを変えると、流れにのってあっという間に流されていく。遊んでいるのかな?

多摩川緑地福生加美上水公園にて少々休憩。おやつを食べる。

8_20210919181401

このあたりも彼岸花が満開だが、ピンクがかったのもあるんですね。

9_20210919181401

10_20210919181401

玉川上水からちょっと離れ向かったのは田村酒造場。
立派な蔵だな~
文政5年(1822)創業の蔵元だ。

11_20210919181901

もちろん、お目当ては嘉泉。
この名の由来は、敷地内の井戸に酒造りに適した湧き水があって、喜びを表現したことによるという。

本醸造をゲット、先に進む。

12_20210919181601

清岩院。福生十景に選ばれている禅寺である。

13_20210919181601

庚申塔など。

14_20210919181601

この庚申塔は元禄12年(1699)のもので、福生市最古のものだそうだ。

15_20210919181601

お庭がとても素敵。

16_20210919181601

東京名湧水57選にも選ばれている。

福生駅横の踏切を渡り、国道16号に向かう。

突き当たるとそこは横田基地。

17_20210919181601

16号沿いはアメリカンなお店が続く。

18_20210919181601

お昼はPizza&イタリアンレストラン NICOLAにて。

19_20210919181601

まずはノンアルコールビール!
のどが渇いて、向こうに座った人たちが飲んでいるのを見て、注文しちゃいました~

20_20210919181601

そして、ピザは、ニコラミックスピザと生ハムと野菜のピザ。
生ハムと野菜のピザ盛り盛り!!ビジュアルにビックリだったけれど、おいしい。

(3へ続く)

2021/09/19

羽村・福生ウォーキング1

夏の間は暑くてウォーキングも難しいけれど、そろそろ気温も下がってきたことだし、ウォーキング再開。
ただし、まだまだ緊急事態宣言下なので、近場を歩くことにした。
散歩の達人を参考に、羽村~福生を歩くコースである。

仕事に行く時とほぼ同じ時間に出発、青梅行きの電車に乗り、約30分ほどで羽村駅に到着。9時半前に歩き始める。

はじめの目的地は駅近くのまいまいず井戸である。

1_20210919180901

五ノ井神社の境内にある。

まいまいず井戸のまいまいとはカタツムリのこと。井戸がカタツムリの殻に似ていることからこう呼ばれる。
地層が、砂礫層の上に火山灰層があるため地表面から地下水脈までが深く、いったん粘土層まで掘り下げ、そこから井戸を掘った。地層が脆くて地下水脈まで垂直に掘っていくのが難しかったが故にこのような形になったらしい。

こちらの井戸は鎌倉時代のものとされていて、とても立派(もちろん修復されている)。直径16マートル、深さ4メートルとのことだ。

2_20210919180901

3_20210919180901

らせん状の小径を降りていくことができる。

4_20210919180901

彼岸花が満開だ。

駅を東口から西口へと移動、次に向かうのは禅林寺。

5_20210919180901

お寺坂を下る途中に馬の水飲み場跡があった。
坂の下に住む農家の人たちが、坂の上にある畑に行く際、荷物を運ぶのに馬の力を借りたので、途中に水飲み場を作ったのだという。

さらに坂を下ろうとしたら、中里介山の墓の標識があり、お寺より先に墓地に行くことにする。

6_20210919180901

ここもまた彼岸花が満開。ボロボロのアゲハがとまっていた。

7_20210919180901

ありました!中里介山のお墓。
五輪塔の前に、大菩薩峠から運ばれたという石が積み重ねられている。
『大菩薩峠』を読む日はくるだろうか・・・
大菩薩峠に行って見たい気はする・・・

8_20210919180901

この墓地は崖上にあって、眺めがよい。
少し雲はかかっているが、山並みも見える。

お寺に下って行く階段を発見。

9_20210919180901

下って行くと、石仏が。
萩が咲いている。

10_20210919180901

本堂。

11_20210919181101

六地蔵。

12_20210919181101

山門は文久2年(1862)のものだそう。

13_20210919181101

多摩川沿いにでて少し歩くと、玉川水神社がある。
玉川上水の守護神だ。

14_20210919181101

隣に幕府が設置した上水管理を行う役所=陣屋が置かれたが、現在は茅葺き屋根の陣屋門が残るのみである。

15_20210919181101

16_20210919181101

羽村堰に出た。
水が豊富だ。

17_20210919181101

牛枠。
水の勢いを弱め堤防が壊れるのを防ぐ川倉の一種である。
木材を組み立て、川床の玉石を詰めた蛇籠で固定している。

18_20210919181101

玉川兄弟の像。
多摩川の水を玉川上水に取り入れるために堰を築いた玉川兄弟。上水はここから四谷大木戸まで約43キロ続く。
そういえば、甲州街道歩きの際、四谷大木戸で碑の写真を撮ったっけ。

19_20210919181101
羽村堰下橋を渡り、向こう岸へ。次の目的地は羽村市郷土博物館である。

20_20210919181101
21_20210919181201
水辺は涼しくてよい。

(2へ続く)

2021/08/04

高明山~馬頭刈山3

(2より続き)

分岐まできて、帰りは軍道コースを歩くことにしたのだが・・・
往きの道以上に荒れていて、崩れ落ちているところもあり、また結構急な下りなので、よりいっそう慎重に降りる。

1_20210804230201
倒木をまたいで通るところもあったり・・・

2_20210804230201

一王子社の石碑。
一王子とは??熊野権現の五所王子の第一位、若一王子と関係あるんだろうか?

3_20210804230201

何カ所か、崩落したところに掛けられた木橋を通ってようやく林道に出た。
いやはや、下りもなかなかに大変だった・・・

4_20210804230201

やがて林道も舗装路となった。

6_20210804230201

集落も見えてきた。

舗装路になってからも坂は急で、つま先が痛くなる。

7_20210804230201

高明神社到着。

8_20210804230201
室町後期に勧請された高明神社、山の上の社殿が老朽化したため、平成3年この場所に遷座したとのことである。

9_20210804230201

馬頭観音。

やがて車道へと出て、駐車場まで歩く。
うーん、やっぱり下に降りてくると暑いですね・・・

10_20210804230201

養沢川は涼しげだけど・・・

11_20210804230401

振り返ると馬頭刈山が見えた。

ゴール!

12_20210804230401
十里木ランドの入り口になぜかモアイ。

13_20210804230401

川遊びの人たち、結構いますね。

14_20210804230401

瀬音の湯へ車で移動。

15_20210804230401

暑かったので、ソフトクリームでクールダウン。
足湯は人が結構いたのであきらめる。

5時半前帰宅。

16_20210804230401

おみやげは、瀬音の湯で買った、喜正の本醸造生とくんせいチーズ。

約20700歩。
ドライバーさん、ありがとう!

(完)

 

 

 

 

2021/08/03

高明山~馬頭刈山2

(1より続き)

1_20210803005601

さらに登って、ようやく軍道コースとの分岐にきた。

2_20210803005701

このあたりもヒグラシがたくさんいる。

3_20210803005601

高明神社の鳥居。
元々は光明山の光明神社とされていたが、どうやら明治9年の地租改正の際、高と誤記されそれが定着してしまったらしい。道標には今も光明山と書かれている。

4_20210803005601

山神社・稲荷社の祠。

5_20210803005601

團子木社とはいったい??

6_20210803005701
階段を上っていく。

7_20210803005601
次の鳥居が見えてきたが、ここに上がる階段は足場がよろしくない。

8_20210803005601
上がりきるとそこは高明神社跡だった。

9_20210803005601

ベンチで少々休憩し、少し登っていくと高明山山頂だった。798メートル。

さああとひとふんばり。

10_20210803005601
パックリ割れてしまっている木。

11_20210803010001

向こうが見える。

12_20210803010001
枝はまるで、天狗の腰掛けみたいだ。

13_20210803010001

向こうの山がうっすら見える。
本来ならば富士山が見えるはず??

14_20210803010001

関東の富士見百景に選ばれているらしいのだが・・・
木が生い茂っていると見えにくいのかも?

このあと、山頂までガレ場の連続で登るのが大変(帰りが危ぶまれる・・・)。

15_20210803010001
ようやく、11時20分馬頭刈山山頂に到着。884メートル。
そんな高さの山ではないが登るのは結構ハードだった。

16_20210803010001

山頂でお昼ご飯。

さすがに鶴脚山まで足を伸ばすのはムリなので、ここから引き返す。
前日の雨(かもっと前の雨か)ですべるので、慎重に降りていく。

17_20210803010001

行きに撮影しそびれた大杉神社の碑。

18_20210803010001

往きより天気がよくなり、遠くまで見渡せる。


(3へ続く)

2021/08/02

高明山~馬頭刈山1

先日、三頭山に行った際、双子のような山が見えて何という山だろうと思ったら、一つは馬頭刈山だということがわかった。
そこで、今度登ってみよう!と計画。
前日少々雨が降り、当日も雨の可能性は若干あったが、出かけることにした。

6時半出発。
8時前に秩父多摩国立公園十里木駐車場に到着。
駐車場から見える十里木ランドにはすでに結構な人がいるのが見える。

バイオトイレを使用し、出発。

直前まで迷っていたが、瀬音の湯にある登山口から登り、軍道の方へと降りることにした。

駐車場から瀬音の湯へ移動。

1_20210802180801

南秋川にかかる橋、石舟橋が見える。

2_20210802180801

橋を渡る。

3_20210802180801

秋川渓谷、涼しげ。

4_20210802180801

ミニ滝。

5_20210802180801

瀬音の湯は、まだ開いておらず、ひっそりとしている。

登山口がちょっとわかりづらいが、駐車場の入り口に山道発見。
8時15分前登山開始。
登山口には標識が欲しいなあ。

6_20210802180801

この道でいいのかちょい不安だったが、道標があって、道が正しいことがわかりほっ。

7_20210802180801

いきなりやせ尾根を登って行く。

8_20210802180801

祠もある。

やがて開けたところに出たが、そこが長岳(326メートル)の山頂だったようだ。山頂のプレートに気づかず通り過ぎてしまったのだが・・・

9_20210802180801

吊り橋を渡る。

10_20210802180801
下はてっきり川かと思いきや、道路なのである。

この登山道、草がボウボウに生えているし、蜘蛛の巣ははっているし(はらうのは先を歩いている同居人氏の仕事!)、あまり人が歩いてないんでしょうかね。

11_20210802181001

そして、結構な急登が続く。

12_20210802181001

道標も壊れかかっていたりする。

13_20210802181001

倒木もあり、この下をくぐる。

14_20210802181001
ベンチが見えたので少々休憩。

16_20210802181201

ヒグラシの大合唱の中進む。
ヒグラシは夕方に鳴くものと思っていたけれど・・・森の中はちょっと暗いからなのか、気温のせいなのか・・・
ともかく、すごい数のヒグラシである。
途中ツクツクボウシもいたし、山を下りてきたらアブラゼミやミンミンゼミもいた。そして、エゾゼミも鳴いていたけれど(アブラゼミより大きな声)、圧倒的にヒグラシ。

(2へ続く)

2021/07/28

三頭山2

(1より続き)

1_20210727001901

曲がってしまった木。

2_20210727001901
避難小屋は、今は緊急時しか使用しないようにとのことだった。

ムシカリ峠に戻り、山頂を目指す。

3_20210727001901

10時半前、三頭山西峰到着。1524.5メートル。
ここまでそれほど人に会ったわけではなかったが、意外と人がいてびっくり!
富士山は・・・残念みえませんでした・・・

4_20210727001901

中央峰をめざす途中でベンチとテーブルがあったので、まだ11時前ではあったが昼食とする。蜂が寄ってきてちょい恐い。

5_20210727001901
そこからすぐのところに中央峰。1531メートル。

6_20210727001901
続いて東峰。1537.5メートル。11時8分。

7_20210727001901

ここからはぐいぐいと降りていく。
かなりの急下降なので慎重に・・・

8_20210727001901

大岳が見える。

9_20210727001901

右の猫耳みたいな山は馬頭仮山と鶴脚山かな?

10_20210727001901

ブナの路の続きということで、ブナの森なのだが、途中、杉が植えられているところもあり、これはちょうどブナと杉が切り替わる箇所だ。

11_20210727002101

さらに急な道を降りていき、ようやく鞘口峠到着。

12_20210727002101

その先で少々休憩。ゴールまではあとちょっと!

13_20210727002101

森林館まで降りてきた。

14_20210727002101

ギンバイソウ。あじさいの仲間なんですね。

1時少しすぎに駐車場到着。
天気がもってよかったなあ。

15_20210727002101

帰りにまたまた秋川ファーマーズセンターに寄り、暑かったので(山の上は涼しかったが、下界は暑いこと・・・)東京牛乳ソフトを食べる。

16_20210727002101

お酒(特別純米千代鶴)とモロッコいんげんを買って帰宅。
約17700歩。

奥多摩三山の残り一つ、御前山も登ろう!

(完)

 

より以前の記事一覧

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon