旅行・地域

2024/03/07

山手線一周(第7回) 大塚駅~田端駅5

(4より続き)

1_20240307010901

次に向かったのは旧古河庭園。
古河洋館と洋風庭園はジョサイア・コンドル、日本庭園は小川治兵衛の設計。
ここもまた通行できない箇所があり、また池の水を抜いていてあまりないとのこと・・・

2_20240307010901

展望台からの眺め。

3_20240307010901

洋館(大谷美術館)。この日は開館日ではなかったので見られず。

4_20240307010901

黒ボク石積。富士山の溶岩を石垣状に積んである。

5_20240307010901

ボタン。

今回、池の水が少なくなっていてちょっと残念だったのだが、灯籠にいろいろな種類があることを知ることができなのは収穫。

6_20240307010901

奥の院型。大きな灯籠。わりとよく見るかも。

7_20240307010901

泰平型。どっしりしているのが特徴。

8_20240307010901

このこも巻きはそてつ??

9_20240307010901

うーん、確かに池に水ないですねぇ。それでも少しあるところにはちゃんとカルガモが。

10_20240307010901

雪吊り、美しい。
橋は六義園にあったのと同じような、筋違い。

11_20240307011101

濡鷺型灯籠。霧雨の中に一本足で立つサギの姿・・・に見えなくもないか。

12_20240307011101

十五層塔。

13_20240307011101

春日型灯籠。もっとも多い形式で、六尺が標準とか。奈良の春日大社の神獣、鹿と鳥居を組み合わせた図柄だそう。

14_20240307011101

梅はさすがにそろそろ終わり。

15_20240307011101

雪見型灯籠は、水辺によく見られるとのこと。確かに、今までいろいろなお庭の池で見ましたね。

16_20240307011101

崩石積。石と石がかみ合って崩れそうで崩れないのだそうだ。

17_20240307011101
大滝。滝壺まで8メートル(全長20メートル)。

この日の寄り道は終了。もう一駅歩くことにする。

18_20240307011101

途中、桃が咲き始めていた。

19_20240307011101

田端駅4時頃到着。
東京駅経由で帰る。

地元の肉バル(前週にもきたのだけど)にて乾杯。

20_20240307011101

おまかせ三点盛り(一品サービス)。
地野菜サラダ、たことセロリのマリネ、生ハムのルッコラロール、スモークチーズ。
牛すじのトマト煮込み、ローストビーフ。
ワインはフランスのメルロー、アルゼンチンのマルベック。

帰宅は7時半。

21_20240307011401

おみやげの巣鴨の塩大福。

約25500歩。
次はどこまで行けるのか・・・

(完)

 

 

2024/03/06

山手線一周(第7回) 大塚駅~田端駅4

(3より続き)

1_20240306193001
次に向かったのはほど近い東洋文庫ミュージアムである。六義園の半券があると割引になる。

オリエントホールからスタート。

2_20240306193001

「アジアの教会をめぐる旅」の展示と、広開土王碑文拓本、江戸大絵図の巨大な原寸大レプリカ。

2階に上がったところにあるのが、是非一度は見てみたかったモリソン書庫。

3_20240306193001

こういう書庫を見るの大好きなのだ。

4_20240306193001

ずっと見ていられるなあ。

5_20240306193001

漂白の画家ジョージ・チネリーの風景画の紹介。

6_20240306193001

亡くなるまでの27年間、マカオで暮らしたとのことでマカオや広州・香港を結ぶ三角地帯珠江の風景や人々の暮らしを多く描いた。

7_20240306193001

モリソン手書きの蔵書カード、蔵書票があったが、几帳面ですね。

8_20240306193001

東方見聞録。

9_20240306193001

東方旅行記。
こんな人たちがいるわけない・・・

10_20240306193001

回顧の路を通って、ディスカバリールームに向かう。
現在の企画展示は【キリスト教交流史-宣教師のみた日本、アジア-】。

11_20240306193101

この城は?
安土城だそう・・・

12_20240306193101

伊達政宗によってヨーロッパに使節団として派遣された支倉常長。

13_20240306193101

殉教に関する書物は痛ましい・・・

14_20240306193101

庭(シーボルト・ガルテン)に展示されている彫刻は藝大生が造ったものらしい。
また訪れたいミュージアムですね。

15_20240306193101

駒込駅通過。

(5へ続く)

2024/03/05

山手線一周(第7回) 大塚駅~田端駅3

(2より続き)

1_20240305101201
巣鴨駅。ようやく一駅進んだ。
最初の頃より寄り道が多くなって、進み方がのろくなっているがまあいっか。

2_20240305101201

六義園に向かう途中で福音館書店の本社があった。
大草原の小さな家シリーズは大好きで何度も読んだものだ。

3_20240305101201

ぐりとぐらも大好き!
この時計欲しいなあ。

六義園の塀のところまでやってきたが、入口はちょうど対角線の向こうということで、ぐるっと歩いたのだが、なんと広いこと!
行けども行けども塀が続いている・・・

ようやく入口にたどりついて、このあと行く旧古河庭園とのコンピチケット(縁結びチケット)を購入。

4_20240305101201

内庭大門より庭園へ。
六義園は綱吉の時代、柳沢吉保によって造られ、明治になって岩崎家のものとなったが、昭和13年東京市に寄付され一般公開されることとなった。

5_20240305101301

しだれ桜。咲いた時は見事でしょうね。多いときは一日三万人以上が訪れるとか・・・

6_20240305101201

今年初の福寿草。

7_20240305101201

池が見えてきた。
園内は、和歌の浦の景勝、和歌に詠まれた名称、中国古典の景観が八十八景として映し出される。

8_20240305101201

パノラマで撮ってみた写真。

9_20240305101201

妹山と背山。妹背山のある島が今も和歌山の和歌の浦に残っており、また紀ノ川流域の吉野にも妹山と背山は実在する。

10_20240305101201

千鳥橋から見る滝見茶屋と滝。

11_20240305101401

吹上浜(和歌山の吹上にちなむ)の吹上松。大きくて全部入らない。

12_20240305101401

吹上茶屋で休憩。

13_20240305101401

抹茶と生菓子のセット。
生菓子はうぐいすと寒椿で、ワタクシは寒椿の方をいただいた。

14_20240305101401

つぐみ発見!

茶屋の向こうは現在補修工事を行っていて通行止めのため、ぐるりと一周はできず、元に戻って、妹山・背山のある中の島の方に向かう。

15_20240305101401

島に行くための田鶴橋は通行止めで残念ながら島には行くことはできない。

16_20240305101401

渡月橋。2枚の大岩がつながっていてまっすぐには行けない橋。

17_20240305101401

紀川と言われる池。紀の川の見立てだそうだ。

18s

出汐湊からの景色(ここからは一切ビルが見えない)を見て終了。

(4へ続く)

2024/03/04

山手線一周(第7回) 大塚駅~田端駅2

(1より続き)

慈眼寺の目の前にあるのは染井霊園。ここも巡ってみることにする。
この日はすっかり墓マイラーに!

1_20240304195701

ボケの花が咲いている。

2_20240304195701

若槻礼次郎(昭和初期の政治家。首相にもなった)のお墓。

3_20240304195701

水原秋桜子(俳人)のお墓。

4_20240304195701

二葉亭四迷(本名長谷川辰之助)のお墓。

5_20240304195701

岡倉天心のお墓。おもしろい形だ。

6_20240304195701

高村光雲、光太郎、智恵子のお墓。

7_20240304195701

しだれ梅を見つつお墓見学終了。
巣鴨地蔵通り商店街へと向かう。

和菓子のお店でお昼をと思ったのだけど、なんとお休み!
ということで、方針変更で(他のプランは考えていなかったけれど)、カフェに入る。

8_20240304195701
頼んだのは本日のグラタン。えびグラタンだった。サラダ付き。
これはこれで満足!

巣鴨の定番、とげぬき地蔵(とげぬき地蔵尊髙岩寺)へ。

9_20240304195701

山門。

10_20240304195701

本堂。

11_20240304195801

洗い観音。水をかけて洗ったところが良くなるという・・・

12_20240304195801

小僧稲荷。
住職に可愛がられていたタヌキが住職の亡き後も寺を守り、狼藉者には三ツ目小僧に化けて懲らしめた。関係者が恐れをなしてタヌキを稲荷神として祀ったところ、三ツ目小僧は出なくなったのだそう。

13_20240304195801

お地蔵様たくさん。

14_20240304195801

元祖塩大福のお店みずのにて塩大福を購入。さすがに並ばずに購入できた。

真性寺に寄る。

15_20240304195801

江戸六地蔵の一つがあるのだ。これも大きい!
東海道、甲州街道、日光街道を歩いた際に見ているので4つ目。また中山道を歩く際にも訪れようと思う。

16_20240304195801
17_20240304195801

境内のしだれ梅。

18_20240304195801

芭蕉句碑。
「白露も こぼさぬ萩の うねりかな」

(3へ続く)

2024/03/03

山手線一周(第7回) 大塚駅~田端駅1

3週間ぶりの山手線一周歩き。

1_20240303183501

電車が少々遅れ、大塚駅スタートは10時5分。

2_20240303183501

北口を出るとironowa hiro ba(イロノワ ヒロバ)がある。
オブジェは円を描くモニュメント「光のファンタジー」だそうで、夜にはLEDでカラフルに光るらしい。

3_20240303183501

まず向かうのは本妙寺だが、巣鴨地蔵通り商店街を横切る。

本妙寺の山号は徳栄山。徳川家が栄えるようにとつけられたそうだ。

4_20240303183501

山門は高麗門(正面の二本の本柱の上部を冠木で繋ぎ切妻屋根を架け、内部の控えの上にも小さな切妻屋根を架けた門とのこと)。

5_20240303183501

本堂。

墓地にはいくつか有名人のお墓がある。

6_20240303183501

本因坊歴代のお墓。
家康は囲碁が好きで、京都にいた初代本因坊算砂日海を呼び寄せ、四世から二十一世がここに葬られているそう。

7_20240303183501

森山多吉郎のお墓。
日本最初の通訳でペリー来航のときも通訳をつとめた。

8_20240303183501
江戸後期の剣豪、千葉周作のお墓。

9_20240303183501

遠山の金さんのお墓!遠山金四郎って本名は遠山景元というのですね。金さんというと杉良太郎のイメージだな。

10_20240303183501

江戸時代末期の将棋指し、天野宗歩のお墓。
将棋の駒形だ。

11_20240303183701

明暦の大火(振袖火事)供養塔。
約十万人が亡くなった明暦の大火は、本妙寺の檀家の娘の供養のために燎火に投じた振り袖が舞い上がって本堂の屋根に飛火したことによるものとされており、振袖火事と言われている。
しかし、放火説、火元引き受け説などもあり、実際の火元は不明のようだ。

次にお隣のお寺、慈眼寺に行こうとしたのだが、道がわからず、迷ってようやく到着。すぐそこに見えていたのに笑

12_20240303183701

猫さんがお出迎え。

13_20240303183701

本堂。

墓所へ行ってみる。

14_20240303183701

芥川龍之介のお墓がある。

15_20240303183701

谷崎潤一郎のお墓も。

16_20240303183701

司馬江漢のお墓。
江漢の洋画はなんか不思議だ。

(2へ続く)

2024/02/15

山手線一周(第6回) 目白駅~大塚駅4

(3より続き)

1_20240215193801

カモ形分銅(メソポタミア)。これ、かわいい!

2_20240215193801

三面神浮彫(シリア?)。うーん、これ神様なのか。

3_20240215193801
銅製牛車(トルコ)。死者とともに埋葬したらしい。

4_20240215193801

ナマズのミイラ(エジプト)。そんなものまでミイラにするんですね。

5_20240215193801

鳥形容器(イラン)。お酒を入れていたのかな?

6_20240215193801

魚文壺など(バローチスターン地方)。こういう器ほしい!

7_20240215193801

山羊や豹が描かれたお皿と壺(バローチスターン地方)。豹というより猫のような・・・

8_20240215193801

コブウシ土偶(バローチスターン地方)。この時代コブ牛が愛好されたそう。なんかユーモラスな土偶。

9_20240215193801

ヘラクレス胸像(シリア)。結び目が動物の足であることに注目。

10_20240215193801

モザイク(レバノン)。綺麗。

11_20240215194001

仏伝図浮彫(ガンダーラ)。こういうの好き。

12_20240215194001

石製建築装飾(ガンダーラ)。ギリシア神話の空想動物ドラゴン、ケートス。ショップでこのポストカード売ってました。

それほど大きくはないけれど、思ったより楽しめました。

これにてサンシャインシティは終了。ここからまっすぐ大塚駅に向かえばショートカットできるけれど、忘れかけていたけれど、山手線一周歩きだから、池袋駅を撮影せねば!
ということで向かう。

13_20240215194001

池袋駅。ようやく一駅進んだけど、もう4時10分。
さすがに一駅じゃねえと、もう一駅だけ進むこととする。

14_20240215194001

帝京平成大学キャンパスの前にある六ツ又子育地蔵尊。

15_20240215194001

江戸六地蔵の一つ、巣鴨の真性寺の地蔵の分身と言われているそう。

16_20240215194001

山手線一周と言いながら、山手線をあまり見ていなかったので線路際を歩く。

17_20240215194101

そして、大塚駅到着。4時40分過ぎ。

さ、帰ろう!と思ったら、あちこち人身事故やら、線路への人立ち入りやらで電車が止まったり、遅れたりで、地元駅到着6時10分。

いつものお店で乾杯!
お通しは生湯葉、ホタルイカの酢味噌和え。

18_20240215194001

サワラのお刺身、どんこの煮付け、タラと白子と生ワカメの小鍋。
お酒はサッポロラガービール、日本酒は浅間山純米しぼりたて。

帰宅は8時。
約20900歩

見学が多くて歩数少なし・・・
次回もどこまで行けることやら。

(完)

 

 

2024/02/14

山手線一周(第6回) 目白駅~大塚駅3

(2より続き)

1_20240214194001

レポリヌス・ファシアーダス。なんか編んだ魚みたい。南米の魚のようだけれど、絶対覚えられない・・・

2_20240214194001

トランスルーセントグラスキャットフィッシュ。
スケルトンだ!

3_20240214194001

アカトマトガエル。すごい色!

4_20240214194001

マダラヤドクガエル。
他にもドクガエルが数種。

5_20240214194001

アザラシ。動きが結構速くて写真難しい。

6_20240214194001

ストライプドバーフィッシュ。

7_20240214194001

ミヤコテングハギ。

8_20240214194001

カクレクマノミ。

屋外展示へ。

9_20240214194001

アシカ訓練中!

10_20240214194001

カワウソさんたちはお昼寝中。

11_20240214194201

ペンギンはいつまで見てても飽きないなあ(草原のペンギン)。

12_20240214194201

空飛ぶペンギン(天空のペンギン)。

13_20240214194201

ビルがむこうに見えるのもおもしろい。

14_20240214194201

桃色ペリカン。

やっぱり水族館は楽しいですね。
リニューアルしてから初めてでした。

15_20240214194201

続いて、古代オリエント博物館へ。ここははじめて。
日本最初の古代オリエントをテーマとする博物館として1978年に誕生し、出土品、美術、歴史等の資料を展示している。
古代メソポタミア、エジプト、シリアなど幅広く展示。

16_20240214194201

家形土製品(シリア)。メソポタミアでは神殿や住居跡から家屋を模した土製品が出土されるそう。

17_20240214194201

犬の足跡がついた日干し煉瓦(シリア)。乾かないうちに踏んじゃったのね・・・

18_20240214194201

護符がいろいろあって楽しい。羊はいいけれど、蛇とかもある・・・

19_20240214194201

ハンムラビ法典。もちろんレプリカ。


(4へ続く)

2024/02/13

山手線一周(第6回) 目白駅~大塚駅2

(1より続き)

見学終了、サンシャインシティへと向かって歩く。

到着してまずはお昼にすることに。

ドリア専門店のチーズ&ドリア スイーツというお店だ。
12時前だったが、2組待ち。街道歩きの時は待つお店は時間の関係で難しいが、山手線歩きは特に電車の時間とかゴールがどこかとか考えなくてよいから、待っても全然オッケー。

そして、昼からお酒も飲んじゃう笑

1_20240213013401

頼んだのは、サーモンとアボカドのゴルゴンゾーラクリームドリア、白ワイン。
鍋に火がついた状態で提供されるので、最後まで熱々。ゴルゴンゾーラおいしい。サーモンとアボカドの組み合わせは鉄板ですね。
結構ボリューミーでおなかいっぱいになりました・・・

昼食後はまず、サンシャイン60展望台てんぽうパークへ。
晴れだから富士山見えるかなと期待。
60階まであっという間。226.3メートル。エレベーターでは耳がキーンとなる。

2_20240213013401

まずは富士山の方向へ。
うーん、残念、富士山のところだけ雲がかかっている・・・

3_20240213013401

新宿方面。ペンシルビルとモード学園も見える。手前の高いビルは豊島区役所。

4_20240213013401

スカイツリー。

5_20240213013401

すごい遠くに筑波山。

6_20240213013401
秩父連山も見える。
富士山見えなくて残念だったけれど、景色は楽しめました。

続いてサンシャイン水族館へ。
タカアシガニから展示スタート。

7_20240213013601

チンアナゴにニシキアナゴ。見飽きません。

8_20240213013401

珊瑚の保護活動がおこなれているようで。珊瑚が結構揺れている。

9_20240213013401

いわしの群れ。ついついおいしそうって思っちゃう。

10_20240213013401
うつぼ。怖い顔。

11_20240213013701

ウィーディーシードラゴン。

12_20240213013701

チョウチョウウオなど。

13_20240213013701
これはドクウツボかな。

14_20240213013701

エイとか。色が変わる魚もおもしろい。ダイバーさんに近づくと赤くなって、遠ざかると青くなる。

15_20240213013701

くらげの展示癒やされますね。

16_20240213013701

インドネシアシーネットル。長い。

17_20240213013701

アカクラゲ。

18_20240213013701
大きなヒトデ。

19_20240213013801

バンダコウイカ。とってもユーモラス。

(3へ続く)

2024/02/12

山手線一周(第6回) 目白駅~大塚駅1

先月に続いての山手線歩き。
だんだん寄り道が多くなり、歩数も少なくなるという・・・
まあ急ぐ旅ではないから気楽ですね。

1_20240212173501

目白駅を10時前スタート。まだ寒い。

2_20240212173501

駅前の目白橋からは、池袋方面が見えている。

3_20240212173501

はじめに向かったのは、駅から10分ほどのところにある中村彝アトリエ記念館。

4_20240212173501

彝という字、難しいなあ。これ、本名なのだそう。

5_20240212173501

新宿区の施設で、2013年開館。

中村彝は、中村屋創業者相馬夫妻のはからいで、中村屋裏のアトリエで画業にいそしむも、長女俊子との恋に破れて去り、最終的にこの地にアトリエを建てる。しかし、17歳で発症した肺結核は次第に病状が悪化、断続的に制作をするも37歳で亡くなる。

6_20240212173501

俊子をモデルとした絵、中村屋サロン美術館で前回見ましたね。
デスマスクも見える。

7_20240212173501

なぜか金魚が。林芙美子記念館からきた金魚らしい。
いずれここも、佐伯祐三アトリエ記念館とともに訪れたい。

8_20240212173501

アトリエ。

9_20240212173501

思ったより広い。

他に誰もいなくて、貸し切り状態で、15分ほどのビデオも鑑賞。
国立近代美術館でよく「エロシェンコ氏の像」を見ていたが、レンブラント、ルノワール、セザンヌ、ゴッホなどいろいろな画家の影響を受けた画家だなあと思う。

10_20240212173501

アトリエの外観。

11_20240212173601

庭にはミカン?がなっていた。

駅の反対方向へと向かう。
鬼子母神へ。

12_20240212173601

西参道から入ったところにまずあったのは妙見堂。本堂とどうやらくっついている模様。
北斗七星の化身、妙見大菩薩を祀っているが見ることはできない。

13_20240212173601

鬼子母神像。
鬼の漢字、上のツノがないんですね。そういえば、像にもツノがない。

14_20240212173601

鬼子母神堂。
拝殿、相の間、本殿の3つの建物で構成された権現造り。元禄13年(1700)建立。永禄4年(1561)目白台で掘り出されたという鬼子母神が祀られている。
中は撮影禁止なのだが、絵馬がいろいろとあった。

15_20240212173601

鬼が屋根を支えている。

16_20240212173601

力石もあった。

20_20240212174001

法不動堂の金剛不動尊。

17_20240212173601

武芳稲荷。

18_20240212173601

大公孫樹(おおいちょう)。樹齢約700年。
大きいと写真に収めるのが大変だ。

19_20240212173601

大黒堂の大黒様。
この中ではおせん団子を売っている。

(2へ続く)

2024/01/31

山手線一周(第5回) 新宿駅~目白駅4

(3より続き)

1_20240131005801

新大久保駅。

2_20240131005801

コリアンタウンを散策。
今まで、一回、サミギョプサルのお店にきたことがあるくらいかな。
結構な人だ。

3_20240131005801

イケメン通りを歩いてみる。なんでイケメン通りって言うんでしょう??
雑貨店、飲食店、テイクアウトのお店・・・いろいろだ。
激安スーパー、ソウル市場も楽しい。

ぐるっとまわったところで(特に何も買わず)、高田馬場駅へと向かう。

4_20240131005801

駅のまわり、だいぶ変わったなあ。

5_20240131005801

神田川を渡って進む。

6_20240131005801

最後の目的地、切手の博物館に到着。
ポストがおもしろい。

7_20240131005801

さすが!というべきか、たらようの木が植えられている。

8_20240131005801

切手をくわえた鳥さんがお出迎え。

9_20240131005801

郵便配達の人かな?

10_20240131005801

これは投函できないポスト。

11_20240131010001

現在の展示は、「世界のごちそう」展。
これがなかなか楽しかった。
世界のお料理、スイーツ、ワイン。食べ物を描いた切手ってたくさんあるんですねぇ。食べたことないものがたくさん。
なかには、虫とか、ちょっと食べるのムリってお料理もあったけれど・・・

12_20240131010001

ここから目白駅まではわりとすぐで、4時50分前に駅到着。この日のゴール。

三鷹のスペインバル、ラクエバにて乾杯!

13_20240131010001

14_20240131010001

白ワイン(アルトラス・ロカス)。お通しはサーモンのピンチョス。いわしのマリネ、ピクルス。マッシュルームの陶板焼き。スペインの白パン。赤ワイン(ラス・バンデラス)。北海タコのビルバオ風。

帰宅は7時すぎ。

15_20240131010001

おみやげは新宿御苑のSASAYAIORIの栗パイ。

約26300歩。
これで山手線一周も半分をすぎました。

(完)

 

より以前の記事一覧

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon